• twitter
  • facebook
  • rss
赤羽―ドラマでも話題、ディープなお店が立ち並ぶこの街に住みたい。

赤羽―ドラマでも話題、ディープなお店が立ち並ぶこの街に住みたい。

LINEで送る
Pocket

赤羽は池袋から埼京線で8分、西日暮里から11分、東京の北区にある街です。この赤羽が今、密かに注目を集めていることをご存知でしょうか?

現在テレビ東京系で放送中のTVドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」の原作にもなっているマンガ、「東京都北区赤羽」がその原動力です。作者の清野とおる氏自身の体験をもとに赤羽の怪しい魅力を放つディープスポットを数多く紹介。地元ではONE PIECEよりも売れているマンガです!

さあ、そんな知る人ぞ知る赤羽にはどんなお店があるのでしょうか?

ナイトレストラン・マカロニ
(東京都北区赤羽西4-31-16)

a_13021533_M
※写真はイメージです

ドラマにも登場するナイトレストラン・マカロニ。マンガで紹介されています。

のれんにはなぜかトンカツの文字が。店のおやじさんがとにかくしゃべり好きでなぜか自転車を持ち上げるのが得意という突っ込みどころ満載なお店です。

料理はもちろん美味しく、特にオムライスがオススメ!

食べログサイト:http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13078121/

タイ料理居酒屋 ワニダ2
(東京都北区赤羽1-16-4)

imasia_7403259_M
※写真はイメージです

名物店主のワニダさんの気分次第で、オープンやクローズの時間が変わるこの店。以前は赤羽一番街商店街に1号店があったのですが現在はこちらの店舗に移転しています。移転前からワニダさんの強烈なキャラクターで知られています。

マンガやドラマにも登場する強烈なキャラクターで原作者の清野氏からは「赤羽の核弾頭」と呼ばれています。

食べログサイト:http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13175068/

赤羽霊園
(東京都北区赤羽1-35-8)

a_3385028_M
※写真はイメージです

赤羽霊園はその名の通りお化け屋敷をモチーフにしている居酒屋。食事中に落ちてくるガイコツや生首などの仕掛けは、まさにお化け屋敷そのもの。仕掛けが動くタイミングはマスターの気分によるそうです。

料理も目玉の親父など妖怪にちなんだものが多く、一度足を運んでみたいですね!

食べログサイト:http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13076930/

やきとん米山
(東京都北区赤羽1-64-7)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
※写真はイメージです

やきとんの名店、米山。夫妻で切り盛りをしています。客の注文を取りまとめてから焼きに入るため、若干料理が提供されるまでに待ち時間があるかもしれません。焼きあがった串は、お客さんがバケツリレー形式で運びます。

不便な部分もありますが、味は間違いないです!

食べログサイト:http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13046148/

喜多屋
(東京都北区赤羽南1-8-1)

i_11555603_M
※写真はイメージです

朝から開いている立ち飲み居酒屋の喜多屋。赤羽に多くあるせんべろ居酒屋の一つです。せんべろとは「千円でベロベロになれる」お店のことです。

喜多屋名物の串焼きで飲む一杯は最高です!喜多屋をスタートに、今回ご紹介する赤羽名物の居酒屋をはしごしてはいかがでしょうか?

食べログサイト:http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13055579/

キャバレーハリウッド
(東京都北区赤羽1-4-4)

Curtain from the theater with a spotlight as background
※写真はイメージです

みのもんたさんの行きつけとしても知られるキャバレーハリウッド。キャバレスクショー
というスタイルのショーステージが行われています。出演者にはテレビに出ているような方も!初めての方向けの「見学コース」はお一人様5,900円からです。

オフィシャルサイト:http://www.hollywood.ne.jp/

丸健水産
(東京都北区赤羽1-22-8)

imasia_9156461_M
※写真はイメージです

地元の練り物屋さんが営んでいる立ち飲みおでん屋。作りたての練り物を味わうことができます。10時からやっているので昼から飲みたい時も活用できます。

だし割が隠れた名物。途中まで飲んだ丸カップにおでんの出汁を加え、お好みで七味を入れると・・・クセになります。ぜひ一度飲んでおきたい味です。

食べログサイト:http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13008755/

立飲みいこい 本店
(東京都北区赤羽1-3-8)


出典: www.sunh.biz

立ち飲み天国の赤羽。その中の一つであるいこい。いこいも喜多屋同様にせんべろの店で、千円でも十分に楽しむことができます。

赤羽の空気感に慣れてきたら、今回ご紹介している米山や丸健水産と合わせて、酒飲みツアーなんてやったら楽しいですね!

オフィシャルサイト:http://www.sunh.biz

鯉とうなぎのまるます家 総本店
(東京都北区赤羽1-17-7)

imasia_1485738_M
※写真はイメージです

地元で知らない人がいないまるます家。朝9時から営業しており、うなぎと鯉で有名です。

酒は一人3杯までと決められていることもあり、静かに飲むことができるのが特徴。
だだし1リットルの「ジャンボ酎ハイ」も1杯としてカウントされるので3杯でも十分満足できそうです。

食べログサイト:http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13003778/

赤羽トロ函
(東京都北区赤羽1-17-7)

a_11641409_M
※写真はイメージです

最後にご紹介するのは海鮮居酒屋のトロ函。名物浜焼きを中心に、豪快な料理が盛りだくさん。いくら、うに、ホタテなどを堪能することができます。

食べログサイト:http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13041447/

 

いかがでしたでしょうか。人情あふれる飲み屋の多い街、赤羽なら、きっと賑やかであたたかい暮らしが実現できるのではないでしょうか?

 

LINEで送る
Pocket