• twitter
  • facebook
  • rss
快適な2人暮らしにぴったりな“間取り”とは?

快適な2人暮らしにぴったりな“間取り”とは?

LINEで送る
Pocket

この春、同棲や結婚、ルームシェアなどで2人暮らしをスタートしようとお考えの方も多いのではないでしょうか。実際に住むと考えたら、最も重要になると言えるのが間取りですよね。狭すぎたら窮屈な上にストレスも溜まって辛そうですし、逆に広すぎてもあまり使わない部屋が出てきてしまいそうです。

そこで、快適な2人暮らしをするためにぴったりな間取りについて、100名に聞いてみました。

enquete-futari-madori-graph

【質問】

2人暮らしに最適な間取りとは?

【回答数】

  • ワンルーム:3
  • 1DK:9
  • 1LDK:16
  • 2LDK:58
  • 3LDK:14

共同生活とプライベートの両立に!? 2LDK派が約6割!

過半数になる約6割の方が、2人暮らしには2LDKがぴったりだと考えているようです。中でも、プライベートな空間が欲しいという意見が目立っていました。

  • ちょっとお互いのプライバシーが守られて、でも、一緒にいられる空間ということで。
  • 一部屋は物置に近くなりますが、ベッドルームとリビング、物置部屋でちょうど良い感じです。喧嘩しても物置部屋に逃げ込めます。
  • 現実には2DK止まりだと思いますが、理想を言えば、リビングもあったほうがというところで。一人になれる空間があると、例え共働きでも、互いのストレスをコントロールしやすくなります。
  • お互いの部屋があることがプライバシーも保てて、2人暮らしに最適だと思います。

プライベートを大切にしたいという意見では、それぞれに自分の部屋が欲しいという理由が多いようです。ただ、一部の方は1部屋を物置にすると回答しており、同じ2LDKでも部屋の使い方には違いがあることが伺えました。喧嘩になったとしても、自室、もしくは空いている部屋に閉じこもることができるようにと考えている方も少なくないようですね。
それぞれが自分の空間を持つことのできる2LDKは、共同生活とプライベートの両立を図るのに、最もバランスが取れているのかもしれません。

LDK空間はやっぱり欲しい? 問題なのは・・・

2番目に多かった意見が、約2割で1LDKでしたが、ほぼ同数で3LDKと答えた方も少なくないようです。一方、1DKとワンルームは少数派という結果になりました。

  • 2LDKと迷いましたが、たくさん部屋があると、それだけ掃除が大変になりますし、賃貸の場合、家賃も増えます。リビングがあれば、二人のうちどちらかはリビングにいれば、別々に過ごすこともできるので、1LDKでよいかなと思います。
  • 物置・寝室・書斎は、最低限必要。一人になれる部屋は、重要だと思う。
  • 寝室とリビングダイニングがあれば充分だから。お互いの個室を作ると、2人で過ごす時間が減ると思う。
  • 彼氏との二人暮らしだったら、断然ワンルーム!!お互いの生活リズムを知って、合わせていくのが楽しい。

1LDKも、2LDKの意見と同じように、プライベートな空間のことを重要視しているようです。ただ、他の意見としては、家賃を心配したり、掃除が大変だという声が複数挙がっています。

3LDKについては自分達の部屋以外に、書斎などのスペースを確保しておきたいことが伺えました。一方、1DKやワンルームと答えた方は、同棲を前提として、できるだけ2人で過ごしたいという気持ちが強いようです。

1LDK以下のものに関しては、基本的に家賃や掃除の問題が、結果に大きく影響していると考えられますが、部屋の割り振りや使い方などの影響も強いのかもしれません。

2LDKが理想的!? でも、家賃や掃除を考えるなら・・・

100名に意見を伺った結果、2人暮らしとして最も理想的であると考えられる間取りは、2LDKであることがわかりました。プライベートな空間をしっかりと確保でき、共同生活との両立を図れることがはっきりしましたね。ただ、書斎が欲しかったり、逆に狭いスペースで常に2人で一緒に居たいという場合は、意見が分かれてくるようです。

総合的にみても、家賃や掃除の面を視野に入れた意見が多く見られました。実際に2人で住むとなったら、間取りの大きさだけではなく、“暮らし方”についても具体的に考えると良さそうです。

 

アンケート実施概要

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2015年1月22日~2月5日
■有効回答数:100サンプル

 

LINEで送る
Pocket