• twitter
  • facebook
  • rss
にゃんこと一緒に暮らしたい!ねこのいる毎日。

にゃんこと一緒に暮らしたい!ねこのいる毎日。

LINEで送る
Pocket

ねこは居心地のよい場所をみつける天才

ねこは家の中で一番気持ちよくて居心地のよい場所を知っています。日当たりがよく、ぽかぽかあたたかな場所。体がフィットする場所。家族みんなが見える場所。筆者の家にもねこが1匹いますが、いつもベストポジションを陣取っています。

その日やその時の気分によって、ねこたちの心地よい場所は変わります。そんな自由さがねこの魅力のひとつだと思います。

ねこの語源は、「寝子」という説もあります。そのぐらい1日の大半は寝ています。かわいい寝顔は見ているだけで、こちらまで気持ちよくなってしまいます。

 460288977_c2acaede27_z
photo by Ella Mullins

いつまでも見ていたくなる穏やかな寝顔ですね!天気のいい休日はいっしょにお昼寝したくなります。

 400966356_000dd10aaf_z
photo by Eva Prokop

ねこは窓辺が大好き。外の様子や空を飛ぶ鳥たちを見ているようです。うちのねこもそうですが、新聞紙の上に座っていることが多い気がします。なぜでしょう。

 8592490672_3cf5007e9f_z
photo by Colby Stopa

ソファの上はねこの特等席。あまりに気持ちよさそうで、飼い主がソファに座れない……なんてことも。

 223244341_040433b600_z
photo by April Killingsworth

洗面所やお風呂もお気に入りの場所。蛇口から出る水が大好き。水が蛇口から出る様子がキラキラ見えて不思議なのでしょうか?

 14437681194_f22fb2fd29_z
photo by Bart Everson

パソコンや家電の温かさが気持ちいいのでしょう。こんなにかわいい姿で眠られたら、仕事になりません!

ねこと暮らすことで、人間にとっても家の中で日当たりがよかったり、風が通ったり、眺めがよかったり、一番いい場所を知ることができます。いい場所を知ることで、模様替えなど家を見直す機会になるかもしれません。

ねこは大切な家族の一員です。家族が待つ家に早く帰って、いっしょに過ごす楽しさを思い出させてくれます。

そんなかわいいねことの暮らしについてご紹介したいと思います。

バッグ、袋、箱…ねこはとにかく狭いところが大好き

ねこが思わず入ってしまうのが、ダンボール箱やバッグ、袋。さらに家具の隙間や引き出しの中など狭いところも大好きです。

これは野生の頃の名残で、獲物を狙うために身を隠したり、外敵から身を守ったりする習性なのだとか。体にフィットして心地よく、安心していられるようです。

そのまま眠ってしまうこともしばしば。

 2013-06-29 19.10.05

飼い主のバッグが気になって、気がつくといつの間にか中に入ってしまっています。いたずらっ子な表情もかわいいですね。

 6529256931_5a4c72b383_z
photo by frankieleon

どんなに小さな箱でもとりあえず入ってみます。ちょっと小さすぎて落ち着かないことも。

 imasia_11715645_M

トンネルのような長い箱もねこにとっては楽しい空間。

 11365663324_51ebc76a7b_z
photo by Brian Fagan

このフィット感がたまらない! でも、しばらくすると飽きて出てきます。

3833286282_11cf7f8a93_z
photo by Ângela Antunes

引き出しの開けっ放しは要注意! 普段入れない引き出しの中は、ねこにとってドキドキして楽しい冒険の場所です。

 4228991559_3aeb550fc5_z
photo by James Whitesmith

この包まれる感じが誰にも邪魔されなくて落ち着くんです。なんとなくわかる気がしませんか?

9522671397_a2f0fdbbc6_z
photo by Everett

袋が小さすぎて、入りきれず無念……

 5425548286_0010bd18e3_z
photo by Andrey

ジャストサイズ?!

 377247724_5402458d78_z
photo by Windell Oskay

体に何かが触れていると安心。猫を飼ったら一人になれる場所を作ってあげましょう。

 

にゃんこと暮らす住まいの工夫とは

ねこはパーソナルスペースを大切にする動物です。飼い主にベタベタする時もあれば、そっけない態度の時もあります。どんな時もねこの気分を大切にしてあげましょう。

それでは、ねこといっしょに暮らすのに大切ポイントは何でしょうか?

  • 日当たりのいい窓辺に落ち着ける空間をつくってあげましょう。
  • キャットタワーなど高く登れる場所があればよろこびます。
  • 一人になれる場所も大切。ダンボールに穴を空けて置いておいてもいいでしょう。

 525187113_63cc16fcd3_b
photo by Stephen Hanafin

ねこ専用ドア。お外に出しているねこには必須アイテムですね。

871682727_f6cddb7e03_z
photo by rashida s. mar b.

棚の一つをねこ専用に。どこにいるかわかりますか? ちょうどいい広さが大切なポイントです。

 imasia_14257727_M

ハンモックでお昼寝。飼い主も欲しくなります。

 imasia_14257729_M

おしゃれなキャットステップにハンモック。猫にとっても最高の環境です。

6033923707_587e024c1f_z
photo by Erik Burton

キャットタワーをDIY。楽しい遊び場兼お昼寝スペースができました。

 10769172143_b5eef84a8a_z
photo by Shannon

こちらもねこのパーソナルスペースをDIY。おもちゃもついて、ねこもよろこんでいますね。

 

「おかえり」と言ってくれるよろこび。

ねこも帰宅すると犬のように玄関までお出迎えしてくれることがあります。飼い主が大好きで、帰ってくるのを待っていたのかも、なんてうれしい気持ちになってしまいます。

 8576200210_a869fbc597_z
photo by Gerry Dincher

外を眺めるのも日課のひとつ。何をそんなに真剣に見ているのか気になります。

 15324467815_5f773f112f_z
photo by Kelly Sikkema

視線を感じるとその先にかわいい顔がのぞいていることも。こんなおちゃめな姿、愛おしいですね。

16535907961_c33251cf01_z
photo by brownpau

帰りが遅くなると怒られます。ねこなりに文句があるのかもしれません。

 

ねこから生き方を学ぼう

自由で一人が好きで、たまに寂しがり屋で甘えん坊で、自己主張もしっかり。そんなねこの姿を見ていると、こんな生き方をしてみたいと思ってしまいます。柔軟な考え方でさらりと身をかわす、お気に入りの場所で過ごす、そんなねこ的な生き方をしてみるのもいいかもしれません。

860318136_1cee5ebfa4_z
photo by monkeywing

お腹を見せて、安心してお昼寝。リラックスできる家である証拠ですね。

13893715355_f2fac61cbb_z
photo by Steve Garner

ふわふわしてお気に入りの場所。これをマネして部屋にリラックスできるソファを置いてみるとか?

 8392656658_6f161212e2_z
photo by Daniel Carlbom

いま、何を考えているのか考えながら静かに向かい合うのも楽しい時間です。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何にでも好奇心を持つ。そこを学ぶのもありです!

 4824411109_9124f1d397_z
photo by Pete

いっしょにいるだけで毎日が楽しくて豊かになる。ねこは心が通じ合う最高のパートナーです。

 

LINEで送る
Pocket