• twitter
  • facebook
  • rss
30年暮らした家を新しく―リノベーションから始まる、50代女性のセカンドライフ。

30年暮らした家を新しく―リノベーションから始まる、50代女性のセカンドライフ。

LINEで送る
Pocket

ライフステージの変化によって、理想的な住まいの形は変わるもの。一昨年まで教師としてお勤めだったという名古屋にお住まいのこちらの女性も、2人の子どもを育て上げ、現在は一人暮らし。50代からの新たなチャレンジに向けてご自宅をリノベーションされました。

今回は、こちらの女性のリノベーションストーリーをご紹介します。

キッチンでの横顔

結婚当時から30年暮らした家を、リノベーションで再生。

― ご自宅をリノベーションすることにしたきっかけは?

早くに主人を亡くし、2人の子どもと暮らしてきたのですが、息子は東京で就職し、娘も近々結婚。一人暮らしをするようになり、間取りや内装、キッチンなどに求めるものが変わってきたため、思いきってリノベーションすることにしました。

― 別の家に引っ越すという選択肢はありませんでしたか?

この家は、結婚の際の新居として20代の頃に購入したものなんです。3回ほどリフォームをして、30年以上、住み続けてきました。

お買い物や交通の便がよく、眺望にも満足していますし、マンション内でのご近所づきあいも良好。何より娘と息子にとっては、ここが“実家”なんですよね。もちろん「新築も良いな」という憧れはありましたが、長年暮らしたこの家を離れようとは思えませんでした。

気軽に友人を招くことができる空間

―リノベーションのことは、もともとご存知だったんですか?

いえ、住まいについていろいろと調べる中で知りました。子どもたちが家を離れ、いよいよ自分の今後の人生を本格的に考えるようになり、まずは“住む場所”を決めようと思ったんですね。それで住宅に関する本をいくつか読むうちに、「なるほど、リノベーションという方法があるんだ」と。

自慢の手料理で、ゲストをもてなせるお家に。

renovation-second-life-03

― リノベーションのコンセプトは?

“友人たちが気軽に集まれる空間”にしたいと考えました。

― 一番こだわったポイントはどこでしょう?

間取りでしょうか。特に、キッチンにはこだわりました。遊びに来てくれた友人たちと、料理をしながらお話できるキッチンが夢だったので。

― そうそう、料理がご趣味なんですよね。「野菜ソムリエ」や「オリーブオイルソムリエ」といった資格もお持ちだとか。

いずれは、自宅でお料理教室やイベントができるといいな……と密かに計画しています。実はこのアイディアは、リノベーション会社のスタッフさんからいただいたものなんです。「お料理教室が開けるような、キッチンを中心に据えたお部屋」というご提案をいただき、一気にリノベーションのイメージが湧いてきたのを覚えています。

renovation-second-life-04

リノベーションで変わった、日々の暮らし。

― 実際にリノベーションをしてみて、日々の暮らしに何か変化はありましたか?

まず大きく変わったのが、インテリア。リノベーションするタイミングにあわせて、思い切ってアンティークの食器棚を買ったんです。

renovation-second-life-05

― アンティーク!素敵ですね。

昔から興味はあったのですが、大きなものにはなかなか手が出せず……。でも今回、せっかくの機会だからと思い切りました(笑)。

もともとはキッチンの壁に使う板材のカラーを赤にする予定だったのですが、この食器棚とケンカしないよう、白に変更しました。好みの家具にあわせてお部屋や内装をデザインしていくのは初めての経験でしたが、すごく楽しかったです。

― 他にはいかがでしょう?

そうですね、「スリッパを履かない生活になった」というのは大きいかも。

― どういうことですか?

フローリングを無垢材にしたんです。以前もフローリング貼りだったんですが、足下がとても冷たくて。今回、無垢のフローリングにしたことで足ざわりがとても良くなったのはもちろん、床の厚みが増したからなのか、冷気が伝わりにくくなったように感じます。スリッパのない生活は快適ですよ(笑)。

renovation-second-life-06

“住み慣れた新居”での時間を、一日でも長く楽しめるように。

― 最近は、ご自宅で過ごす時間をどう楽しんでいますか?

自由な時間がたっぷりあるので、読書や料理をして過ごすことが多いです。お料理教室やイベントをどう実現していくか、これからの計画を考える時間も楽しいですね。

renovation-second-life-07

今回のリノベーションでは、お部屋の間取りや内装だけでなく、私自身のライフスタイルまで大きく変えることができたように感じています。住み慣れた場所が新しく生まれ変わったことで、毎日が本当に心地よくて。ふとした瞬間に、「健康でありたい」「長生きしたい」と意識することが増えました。この健康への意識が、“お料理教室の夢を叶えたい”という意欲にもつながっている気がします。

― これから、このお家でどんな思い出を作っていきたいですか?まずは、お料理教室を実際に形にするところからでしょうか。

そうですね。どうやって形にしていくか、焦らず一歩ずつ準備していきたいと思っています。そしていろんな人が気軽に集まれるような場所、“また来たい”と心から思ってもらえるような場所に育てていきたいですね。

renovation-second-life-08

物件・リノベーション詳細

  • 設計・デザイン:リノベる。
  • リノベーション費用:973万円
  • 面積:63.7㎡
  • 間取り:2LDK → 2LDK
  • 構造:RC造
  • 場所:愛知県名古屋市
  • 家族構成:女性単身+愛猫1匹

renovation-second-life-09 renovation-second-life-10 renovation-second-life-11 renovation-second-life-12 renovation-second-life-13 renovation-second-life-14 renovation-second-life-15

 

▼こちらのお部屋の間取り図やデザイン詳細は、リノベる。のWEBサイトで紹介しています。
メゾネットを活かした自分らしい生活の出来る家 (リノベる。WEBサイト)

 

LINEで送る
Pocket