• twitter
  • facebook
  • rss
おいしい「たい焼き」が毎日食べられる街に住む。

おいしい「たい焼き」が毎日食べられる街に住む。

LINEで送る
Pocket

このお店の近所に住みたい! おいしい全国のたい焼きの名店

日本人が愛する和スイーツ、たい焼き。甘すぎず、食べ応えのあるたい焼きを好きな方は多いのではないでしょうか? どこでも買えそうで、実はそうでもない。どの店の味も同じようで、まったく違う! 極めたら奥が深いたい焼きの世界です。暑い夏でも、たい焼き熱は冷めません!

そんなたい焼き好きなら一度は行きたい名店を、エリアごとにご紹介します。

<関東エリア>

1.「およげ!たいやきくん」のモデルになったたい焼き(東京都・麻布十番)

「浪花屋総本店」

東京都港区麻布十番1-8-14

3922028820_a0b3a02c5c_z
photo by shibainu

たい焼きといえば、真っ先にここが思い浮かびます。麻布十番の「浪花屋総本店」のたい焼きは明治24年創業の老舗の味。8時間かけて炊き込んだあんこがたっぷり詰まっています。焼きたてを食べたい人で行列ができるほど。お土産に買う人もたくさんいます。

「浪花屋総本店」があるのはこんな街

麻布十番には大使館も多く、国際色豊かでスタイリッシュ。一方で古い商店も多く立ち並び、麻布十番商店街は300年以上の歴史を誇ります。モダンさと下町っぽさとが上手く混ざり合った面白い街です。

営業時間:11:00〜19:00

定休日:火、第3水

ウェブサイト:www.azabujuban.or.jp/shop/food/219/

 

2.歌舞伎を見ながら食べたい、紅白餅入りのたい焼き(東京都・銀座)

「めでたい焼き」

東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座内 3F 

歌舞伎座のお土産として有名なのが、このたい焼き。女性の心をつかんでいる理由は餡に入っている紅白もち。幕間に買ってアツアツを食べるのがおすすめですが、超人気商品なので売り切れ必至。買えたらラッキーな幸運のたい焼きです。

「めでたい焼き」のあるのはこんな街

歌舞伎座のある銀座はおしゃれな大人の街。ブティックもカフェもデパートも、昔からずっとそこにある安心感があります。昔ながらの定食屋さんでランチをとって老舗カフェでコーヒーを飲む。散歩を楽しみたい街です。

営業時間:歌舞伎上演時

ウェブサイト:www.kabuki-za.co.jp/miyage/

 

3.小ぶりで上品な味がクセになる「小鯛焼」(東京都・表参道)

「桃林堂 青山表参道本店」

東京都港区北青山3-6-12

104676264_bc709107f5_z
photo by m-louis .®

小ぶりな姿が美しいたい焼きは「おめでたい」の語源通り、ちょっとした贈り物にふさわしい一品。きちんと成形された美しい姿に、丹波大納言の餡が頭からしっぽまでたっぷり入っています。青山店には併設の庭園もあり、ここで食すのもオツ。

「桃林堂」があるのはこんな街

おしゃれでファッショナブルな街、表参道。ブティックやショップが立ち並ぶエリアで、和スイーツの店舗も小洒落たお店が多いです。

営業時間;10:00〜19:00

定休日:1/1〜1/3

ウェブサイト:www.tourindou100.jp

 

4.素材のこだわりがおいしさのヒミツ(東京都調布市)

「江戸一たい焼き 鯛幸房」

東京都調布市国領町2-5-15 コクティーB107

10429834_757643074323663_825404896745909979_n
出典:www.facebook.com/taikoubou.komae

素材にこだわる正統派のたい焼きです。コンデンスミルクなどブレンドにこだわった生地で作るたい焼きは、パリッとした食感で実に美味。ラザニアミートやチーズ、ウインナーが入った軽食系たい焼きもあり、人気商品になっています。夏は冷たいたい焼き「冷たい焼き」も登場。素材は大切に、味は大胆に。新しい試みを忘れないお店の、楽しいたい焼きです。

「鯛幸房」があるのはこんな街

多摩の自然が広がる調布市は、緑豊かなベッドタウン。映画制作会社や撮影所ある映画の街としても有名です。

営業時間:10:30〜19:30

定休日:木、第3水

ウェブサイト:www.taikoubou.info

 

5.行列必至の元祖手焼きたい焼き(東京都・根津)

「根津のたい焼き」

東京都文京区根津1-23-9-104

たい焼きの御三家といわれた日本橋「柳屋」から暖簾分けされた、由緒あるたい焼き屋。一枚一枚を型で焼くのが本当のたい焼きということで、こちらのたい焼きも一枚づつ丁寧に焼き上げられています。たっぷり詰まった自家製餡が嬉しい、本格派です。

「根津のたい焼き」があるのはこんな街

下町情緒に溢れた根津は、たい焼きをほおばりながら散策するのにぴったり。レトロな路地裏をゆったりと味わえる街です。

営業時間:10:30~あんが売り切れるまで (12:30~14:00頃)

定休日:主に火・金(不定休)

<東北エリア>

6.十勝おはぎの名店の『うす皮たい焼き』(北海道札幌市)

「サザエ 宮の森本店」

札幌市中央区宮の森4条1丁目1-35 ほか道内71店舗

4
出典:www.sazae.co.jp

十勝おはぎの名店だけあって、餡がおいしいと評判! 色の白い繊細なたい焼きは全国の百貨店でも買うことができます。おはぎのように、ほどよい塩気が上品なたい焼き。周りにパリパリの羽根がついた焼きたてのたい焼きは、忘れられない味になること間違いなしです。

「サザエ」があるのはこんな街

札幌は北海道の中心地。通年観光客でにぎわうこの街には、美味しいものがたくさん集まります。海の幸が美味しいのももちろんですが、スイーツも和洋ともにとても充実しています。

営業時間:9:00〜19:00

定休日:無休

ウェブ サイト:www.sazae.co.jp

 

 7. 合格、開運、必勝祈願にぴったりな「あげたい」(青森県五所川原市)

「あげたいの店みわや」

青森県五所川原市字上平井町99 

とりあえずこれ。 #あげたい

A photo posted by Saito Mitsuru (@cbmd18) on

いまや五所川原名物と知られる揚げたたい焼き「あげたい」。カラッと揚がっており、外はさくさく、中はしっとりとした餡がクセになる味。「あげたい」の名前から開運、合格祈願などの差し入れとして話題になっています。「あげたい」のほかに、「チョコあげ」「カレーあげ」などもあります。

「あげたいの店みわや」があるのはこんな街

青森県の西部、津軽半島の中南部に位置する五所川原市。りんごの産地としても知られています。市浦地区にある十三湖は、天然のヤマトシジミの宝庫。「黒いダイヤ」と呼ばれるブランドシジミで有名です。毎年8月初旬には20mを超える高さの山車が練り歩く「立佞武多(たちねぷた)」も開催されています。

営業時間:9:30~売切まで

定休日:第1、第3日

<中部・東海エリア>

8.程よく塩気が効いた自家製餡がおいしいたい焼き(愛知県岡崎市)

「平太郎 岡崎店」

愛知県岡崎市井田西町6-4

足を延ばして、平太郎でたいやきとたこやきを購入。5年振りぐらいに食べた。

A photo posted by ATSUKO (@anan7200mac) on

薄皮生地でパリッとした食感のたい焼き。チーズメーカーと開発した餡&チーズ入りたい焼きや、チョコたい焼きなど、斬新なたい焼きが特徴です。オーダーが入ってから揚げる『揚げたい焼き』も人気。たい焼きの固定概念を覆されること間違いありません。東京都の成城学園前にも支店があります。

「平太郎」があるのはこんな街

岡崎市のご当地名産は「八丁味噌」。「八丁味噌アイス」は地元住民のソウルフードといわれています。岡崎城など、徳川家康ゆかりの史跡が多い街です。

営業時間:10:30~19:00

定休日    :火

ウェブサイト:www5e.biglobe.ne.jp/~heitaro/

 

9.地元民に愛される食べ応えのある「定番たい焼き」(岐阜県可児市)

「れいんぼー」

岐阜県可児市虹ヶ丘6-21

11402988_956500354412190_8500266534616693445_n
出典:www.facebook.com/pages/れいんぼー/245794398816126

皮がパリッと香ばしい定番たい焼きと、もちもち感が売りの白いたい焼きの2種類が味わえます。餡の種類も5種類あるので、いろいろな味を試したいときは『プチたい焼き』を、お気に入りの味が決まっているときは、大きめたい焼きを召し上がれ。

「れいんぼー」があるのはこんな街

可児市は、明智光秀ゆかりの歴史がある街。自然豊かな丘陵地が多く、ゴルフファンが集まります。広大な緑にあふれた街です。

営業時間:10:30〜19:00

定休日:月

ウェブサイト:www.reinbow.net

<関西・中国エリア>

10.一丁焼きがおいしい、天然たい焼き(大阪府東大阪市)

「鳴門鯛焼本舗 大蓮店」

大阪府東大阪市大蓮東4-5-2

なぜ「天然」なのかというと、一匹ずつ丁寧に焼く「一丁焼き」という製法で焼き上げるから。独自にブレンドした小麦を、一晩寝かせて熟成させてから焼き上げるこだわりぶりです。職人が手間ひまかけるたい焼き。十勝産小豆だけでなく鳴門金時の餡もあります。

「鳴門鯛焼本舗」があるのはこんな街

東大阪市は、ひとことで言うと職人の街。世界に誇る製品を作っている技術力の高い中小企業がたくさん集まっています。この地を創業地にする全国企業も多いです。

営業時間:11:00〜22:00

ウェブサイト:www.taiyaki.co.jp

 

11.地元のおいしい水、卵を使って焼き上げるたい焼き(広島県・安芸太田町)

「鯛焼屋よしお」

広島県山県郡安芸太田町加計3538-4

11219074_936898059665666_1186593189563952654_n
出典:www.facebook.com/pages/鯛焼屋よしお/457406307614846

「よしおのたい焼き」は、昭和45年から地元の人々に愛されてきた老舗のたい焼。国産素材にこだわり、卵にも水にも地元の新鮮なものを使用しています。

「鯛焼屋よしお」があるのはこんな街

安芸太田町は、美しい棚田で有名です。「日本の棚田100選」にも選ばれました。のどかな田園風景が郷愁を誘う街です。

営業時間:9:00〜18:00

定休日:水(祭日の時は営業し、翌日木が休み)

ウェブサイト:www.taiyakiya.com

<九州・沖縄エリア>

12.博多っ子に人気の老舗たい焼き屋(福岡県福岡市)

「鯛宝楽 野間総本店」

福岡県福岡市南区野間1-5-2

博多で45年以上の歴史を持つ、博多っ子に人気のたい焼き屋。長年店舗で使用している鋳物合金の釜でたい焼きを焼くと、味に深みが増すのだとか。薄くてカリッとした皮とぎっしり詰まった餡のバランスが抜群です。

「鯛宝楽 野間総本店」があるのはこんな街

コンパクトな都市として移住者が増えている福岡市。博多といえば、全国的に「食の宝庫」としても知られていますね。東京や大阪などに比べると物価が安く、交通の便も◎。

営業時間:10:00〜20:00

定休日:無休

ウェブサイト:www.taihouraku.com

 

13.老舗ぜんざい専門店で食べる、あつあつのたい焼き(沖縄県那覇市)

「千日」

沖縄県那覇市久米1-7-14

沖縄では数少ないたい焼きが買える店のひとつ。シッポまでかりかりの生地と甘さ控えめの餡が絶妙です。大粒の金時豆を黒糖でやわらかく煮て、その上にふわふわのかき氷をかけた沖縄ならではの「ぜんざい」も絶品。昔ながらの懐かしい店内は、いつも混み合っています。

「千日」があるのはこんな街

日本の南の楽園、沖縄県。那覇市は県庁所在地であり、沖縄最大の繁華街、国際通りもあります。観光の要であり、多くの店が集まり、一年を通してにぎやかな街です。琉球王朝の王城、世界遺産の首里城、識名園、やちむん通り、第一牧志公設市場などもあり、那覇市内だけでも十分観光を楽しめます。

営業時間:11:30~20:00 、[冬期] 11:30~19:00

定休日:月

おわりに

なじみ深いたい焼きは、老舗の味あり、ご当地の味あり、季節の味あり、街の数だけそのバリエーションがあるようです。家の近所や旅先にも隠れた名店があるかも……? たい焼きの名店を探してみるのも楽しそうですね。

 

LINEで送る
Pocket