• twitter
  • facebook
  • rss
窓のない空間を、どう明るくするか…。リノベならではの解決策とは。

窓のない空間を、どう明るくするか…。リノベならではの解決策とは。

LINEで送る
Pocket

3世代が居心地良く暮らせる、光と開放感あふれる住まいづくり。

こちらは3世代、4人家族でお住まいのマンション。ダイニングキッチンと他の部屋に振り分けられ、ほの暗い印象だった元の間取りを一新。明るく使い勝手の良い、3LDK+ウォークインクローゼットに生まれ変わりました。

間取り図

まずはお子さまのお部屋とお母さまのお部屋、ご夫婦の寝室をしっかりと確保。「窓のないお部屋にも光を取り入れること」&「開放感のある空間づくり」を課題としたプランニングをおこなっています。

壁+窓のアイディアは、採光面のみならずコミュニケーションにも◎。

明るさ充分のLDK

LDKでは、昭和レトロな板壁をすべて取り払い、壁と天井をホワイトで統一。たっぷりの光がオープンキッチンまで届く、明るさと開放感に満ちた空間になりました。

大きなガラス窓を設けた子ども部屋

窓のないお子さまのお部屋については、LDK側に大きなガラス窓、南側の壁の上部にスリット窓をあしらい、採光面をクリアしました。こども部屋とLDKにいる家族がお互いを感じられるようになっていることもポイントです。

アクセントウォールで、雰囲気のあるコーナーづくり。

玄関から続く廊下にはタイル壁をチョイス

ところどころにアクセントウォールで雰囲気を出しているのも、お住まいのポイントと言えるでしょう。たとえば玄関では、落ち着いた質感のタイル壁を採用。ここでは、反対側の壁にミラーを取り付け、空間に奥行きをプラスしているのも見逃せません。

トイレには古材風の壁紙を

お手洗いにはナチュラルなミックスウッド調のクロスが貼られて、こちらは可愛らしい雰囲気。

ご夫婦の寝室はマニッシュな印象に

ご夫婦の寝室では、壁の一面をコンクリートに。フィギュアコレクションが映える、マニッシュなインテリアに一役買っています。

このように、今回のリノベーションでは、3世代のご家族それぞれの居心地の良さを追求。お互いの個性や趣味をバランス良く取り入れた、素敵なお住まいに仕上がりました。

物件データ

リノベーション前の間取り

リノベーション後の間取り

  • 築年数(完工時):築40年
  • 面積:68.18㎡
  • 間取り:3LDK → 3LDK+ウォークインクローゼット
  • 構造:RC構造
  • 場所:東京都大田区
  • 家族構成:30代ご夫婦+お子さま+お母さま

ギャラリー

 

LINEで送る
Pocket