• twitter
  • facebook
  • rss
秋はお掃除の季節。日本伝統の掃除道具を揃えよう。

秋はお掃除の季節。日本伝統の掃除道具を揃えよう。

LINEで送る
Pocket

スポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋……秋といえば、暑い夏にはあまりできなかったお掃除にもぴったりの季節です。年末の大掃除までに少しずつ掃除をしておけば、いつもきれいなお部屋を保つことができますね。

日本には、昔から愛されてきた掃除道具があります。ひとつひとつ職人の手で作られた、普遍的な美しさが魅力な民芸品です。さらに日本の家や気候を考えて作られているので使いやすさは抜群。メンテナンスができるものもあり、少し値は張りますが一生モノと言えるでしょう。

いつもだったら少し面倒なお掃除も、日本製の道具を手に入れて楽しみましょう!

置いてあるだけで美しい、日本の掃除道具を手に入れよう。

日本の職人が手仕事で作る掃除道具。使いやすくて長持ちする人気の逸品をご紹介します。職人の数が減りつつあることもあって、すぐに売り切れてしまうものも。気に入ったものを見つけたら、ぜひ早めに手に入れてしまいましょう。

 

江戸箒

PR00100430993
出典:www.edohouki.com/shop

職人頭が国産の地草から最高級のものを選び、たっぷりと編み上げた江戸箒。地草は、茨城県つくば市の加薗さんが育てたものなのだとか。柔らかな地草は天然のアクを含んでいるので、畳などを掃くとそのアクが天然のワックスに。畳、フローリング、カーペット、絨毯、どれでも使いやすいのが特徴です。

価格:白木屋傳兵衛   江戸手箒・地草・特上 17,280円
ウェブサイト:www.edohouki.com

 

棕櫚箒

img68040218
出典:www.realjapanstore.com/fs/rjps/0042cl0018f/

1880年創業の棕櫚のスペシャリスト、山本勝之助商店の棕櫚箒。棕櫚の繊維に含まれた油分で、掃除をすればするほど、畳や床にツヤを出してくれます。見た目のかわいさで、壁にかけておいてもインテリアの一部としてなじみます。手入れ次第で20年は持つのだそう。

価格:山本勝之助商店 11玉長柄箒 11,880円
ウェブサイト:www.realjapanstore.com/fs/rjps/c/0000000174

 

ちりとり

PR00101444241
出典:www.edohouki.com/shop/

竹で外枠を作り、厚紙を貼り合わせて、柿渋を塗った紙製のちりとり。職人による手作りで、柿渋の色むらも味わいがあります。プラスチック製と違って静電気が起きづらいので、ゴミをスムーズに取って捨てることができます。

価格:白木屋傳兵衛  はりみ  大 1,512円、小 1,296円
ウェブサイト:www.edohouki.com

 

棕櫚たわし

IMG_2482
出典:www.cotogoto.jp/category/170.html

職人によって手作りされた棕櫚のたわし。握りやすい大きさで、鍋やまな板を洗ったり、窓のサッシやお風呂場などの汚れ落としにも。柔軟性があり、磨いても傷をつけません。

価格:松野屋  棕櫚棒たわし S 972円、M 1,080円
ウェブサイト:www.matsunoya.jp

 

ブリキのバケツ

6_5
出典:www.rakuten.co.jp/obaketsu

1923年創業のトタン(亜鉛メッキ鋼鈑)バケツの製造メーカー。自社工場でひとつひとつ手作りされています。サビに強く長持ちして、価格もリーズナブル。素材に不燃物を使っていないので、すべてをリサイクルできます。

価格:渡辺金属工業株式会社  オバケツ6.5(4.5L)1,706円
ウェブサイト:www.obaketsu.com

 

羽ハタキ

e0105239_19304062
出典:matsunoya1.exblog.jp/22639156

ダチョウの羽をつかった羽ばたき。柔らかいので、なでるように優しく使えば、照明や家具などのホコリを落とすことができます。

価格:松野屋  ダチョウ羽ばたき 5,832円
ウェブサイト:www.matsunoya.jp

 

モップ

e0105239_1146631
出典:matsunoya1.exblog.jp/22836512

学生時代を思い出すような懐かしい雰囲気の日本製のモップ。柄が長いので、腰に負担がかからず使いやすい。

価格:松野屋  モップ 1,944円
ウェブサイト:www.matsunoya.jp

 

洗濯板

2175-01-7
出典:www.zutto.co.jp/brand/brand_detail/5

水に強い高知県産のサクラの一枚板で作られた土佐龍の洗濯板。試行錯誤の末に生み出された洗濯板の凸凹波型が洗濯物の汚れをきれいに落としてくれます。洗濯機では落ちづらいエリとソデの汚れ、靴下などの洗濯にぴったり。

価格:土佐龍  サクラの洗濯板   S 1,296円、M 1,944円
ウェブサイト:www.tosaryu.com

 

手ぬぐい

07261548_51f21ba25dcf7
出典:www.anbo.jp

幅約35センチ、長さ約90センチの日本手ぬぐい。掃除の時にマスクのように巻いて喉をホコリから守ったり、頭にか ぶったり、さまざまな使い方ができます。古くなったらハタキにして、最後は雑巾に。昔ながらの知恵が詰まったアイテムです。

価格:染の安坊  手ぬぐい  各1,458円
ウェブサイト:www.anbo.jp

 

日本の民芸に再注目。ひとつずつ揃えて、お掃除を楽しく。

掃除機で済ませてしまいがちなお部屋のお掃除ですが、ひとはきひとはき、ていねいに静かにお掃除するのも心休まるものです。日本の職人によって作られたアイテムはまだまだたくさんあります。これらの伝統を絶やさないためにも、使ってみて、その良さを再認識することはとても大切なこと。

値が張るものもありますが、長い目で見て、良いものをお求めになることをオススメします。ぜひ一度、手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

LINEで送る
Pocket