• twitter
  • facebook
  • rss
一人暮らしのデザイナー女子が、築31年のマンションをリノベーションしたら?

一人暮らしのデザイナー女子が、築31年のマンションをリノベーションしたら?

LINEで送る
Pocket

48㎡の限られた空間を活かす、ワンルームの間取り。

築31年、3DKのマンションをお求めになったのは、アパレル関係のデザイナーとして活躍されている女性。こちらのお部屋を、一人暮らしにあったワンルームの空間にリノベーションされました。元のお部屋がこちら。

 renovation-designer-01

 

リビング、キッチン、ベッドルームの各スペースを完全にセパレートすることなく、“つながり”のある空間を創出。中央付近に位置する部屋を横切る2つの白い構造壁は、アーチ型に抜かれています。このアーチがアクセントとなり、お部屋全体がどこか柔らかな印象です。

renovation-designer-02

 

レイアウトの工夫で、たっぷり余裕のあるクローゼットを実現。

とはいえ、ワンルームといえば気になるのが使い勝手。一見すると生活感のない空間ですが、そもそも「収納スペース」はどこにあるのでしょう…?実はベッドスペースの向かいに大型のクローゼットが配置されています。

 renovation-designer-03

 

白いフレームで取り囲み、周囲をカーテンで覆うことが可能。すっきりした印象を与えるとともに、プライベート部分を隠せる利点もあります。さらにキッチンとベッドルームの間に、パントリーも設置。これで、ごちゃごちゃしがちなキッチン周りもすっきりです。

こだわりのヘリンボーン床、グリーンに塗った壁がアクセントに。

細かな部分にも目を向けると、リノベーションをとことん楽しまれた様子がうかがえます。例えば、リビングからエントランスまで続くフローリング。こちらは“寄木細工”のように木材をV字型に組んで模様付けした、「ヘリンボーン」の寄木フローリングになっています。

renovation-designer-04

 

またリビングの壁を、一面のみ鮮やかなグリーンで塗装。洗面台も、グリーンのタイル張りがアクセントに。インテリアにも、さりげなく同じグリーンが取り入れられています。このあたりのセンス、ぜひ参考にしたいところですね。

renovation-designer-05

 

物件データ

 renovation-designer-dr

 

  • 面積:48.00㎡
  • 間取り:3DK → ワンルーム
  • 構造:マンション RC構造
  • 場所:東京都
  • 家族構成:シングル

ギャラリー

 

LINEで送る
Pocket