• twitter
  • facebook
  • rss
「リノベーション」と「リフォーム」の違い、あなたは知ってますか?

「リノベーション」と「リフォーム」の違い、あなたは知ってますか?

LINEで送る
Pocket

リフォームとリノベーションって何が違うの?

リフォームとリノベーション。どちらも“古くなった住まいに手を加えること”なのですが、この二つの言葉には、一体どんな違いがあるのでしょうか?

今回は、「リフォーム」と「リノベーション」の“言葉の成り立ち”に注目して、それぞれどのような行為を意味するのか、まとめてみました。

(※ちなみに冒頭の写真は、リフォーム工事・リノベーション工事どちらでしょう?答えは記事の最後で)

明確な定義のない、リフォーム・リノベーション。

まず最初にお伝えしておきたいのが、実は、リフォーム・リノベーションともにそれぞれ国で定められた明確な定義がない、ということ。メディアやリフォーム会社・リノベーション会社が、それぞれの解釈で使い分けているのが現状です。

ちなみに主要なリノベーション企業が加盟している「一般社団法人 リノベーション住宅推進協議会」では、以下のように分類されています。

リフォーム
原状回復のための修繕・営繕、不具合箇所への部分的な対処。

リノベーション
機能、価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した、包括的な改修。

これだけでは、少々分かりにくいかもしれませんね。リフォーム・リノベーション、それぞれの言葉の“成り立ち”に注目してみると2つの違いがよりクリアに見えてきます。

リフォームは「元に戻す」、リノベーションは「作り変える」。

リフォームという言葉を分解すると「Re + Form」。「形を元に戻す」という意味になります。

一方、リノベーションは「Re + Innovation」。 Innovationを和訳すると、「革新」「刷新」「一新」といった意味です。

この言葉の意味を建築に当てはめて考えると、次のようにまとめることができます。

リフォーム
古くなった住まいを、新築当時の姿に戻す行為。

リノベーション
古くなった住まいを、いちから創り直してそもそもの価値を高める行為。

マイナスの状態だった古い住まいを“ゼロ”に戻すのがリフォームだとすると、リノベーションは機能性やデザインといったさまざまな側面において、“プラスα”で価値を高めること。

例えば築30年のマンションでは、間取りも内装デザインも、いまの時代のライフスタイルに最適な形とは言えません。また住む人によっても、最適な間取り・デザインはそれぞれ異なるもの。古くなった住まいをキレイにするというだけでなく、いまそこに住む人の暮らしにあわせた形へといちから創りかえることがリノベーションだと言えるでしょう。

 

……さて、冒頭の写真ですが、こちらは築35年のマンションの「リノベーション工事」の様子です。このようにお部屋を一度スケルトン(建物の構造そのものの状態)にした上で、新たなお部屋へと作り変えていくというのもリノベーションならではの工程と言えますね。

 

LINEで送る
Pocket