• twitter
  • facebook
  • rss
後悔したくない!住宅購入で重要視すべきこととは?

後悔したくない!住宅購入で重要視すべきこととは?

LINEで送る
Pocket

住宅購入は、一生のうちで最も高い買い物だと言われます。もし失敗してしまったら、後悔先に立たず。住まいは人生の豊かさにも直結するもの。どうせなら価格も品質も納得のできる家に住みたいものですよね。今回のアンケートでは、住宅購入で後悔しないために「どんなことに気を付けるべきか?」という問いについて調査しました。ぜひ購入時の参考にしてみてください。

2

【質問】
あなたが住宅購入の際に後悔しないよう、最も重要視することを教えてください。


【回答数】
立地条件:39
耐震性:25
品質や保証内容:17
価格:14
省エネ性能:5

住宅そのものよりも大事!? 立地条件が一番多い結果に

アンケートの結果、立地条件が最も多い回答となりました。

日当たりや周りの環境は、心豊かに暮らしていく上でとても重要だと考えるから。(40代/女性/専業主婦)
住宅本体はなんとかしようと思えば困難でもできるが、立地条件だけは変えることができないので。(40代/男性/無職)
いろんな場所に住んだ経験から一番生活に影響すると思えたのが立地だからです。治安が悪い場所や交通の便が悪い場所に住むとストレスが貯まります。(30代/女性/専業主婦)

周りの住環境や生活施設の充実度などを重視する声が多く見られました。リフォームやリノベーションをすれば、住宅本体は購入後にも変更が可能ですが、こうした立地に関する条件は変えがたいものでもあります。住宅をいざ買ってしまった後では引越しをすることも難しいでしょうから、立地条件は住宅購入に欠かせない要素であるようです。

やっぱり怖い! 地震に強い住まいが肝心

立地条件に次いで、耐震性を重視するという回答も多く見られます。

いつくるか分らない大地震を考えると、耐震性は欠かせないものだと思う。(40代/男性/公務員)
有事の時に家が残ると精神的に安心する。そんな時に家が壊れてしまったから後悔してもしきれないと思う。(20代/女性/公務員)
地震が起きる日本では、耐震性が弱いと安心して生活ができないです。(30代/男性/会社員)
東日本大震災の影響で耐震性を最も重視します。価格も大事ですが安全を優先したと思います。(30代/男性/自由業・フリーランス)

海外に比べて日本はとても地震の多い国。とりわけ先の大震災の印象は人々の心に大きく刻まれており、そのため住宅を購入する際も耐震性にこだわりたいという人が多くなっているようです。地震に強い住まいであれば、家を地震から守れるだけでなく、精神的にも安心して暮らすことができるのかもしれません。

欠陥住宅はイヤ! 家の品質も捨てがたい

住宅の品質や保証内容を重要視するという回答も少なくありませんでした。立地条件と耐震性に次いで、三番目に多い回答です。

住宅購入の際に後悔しないように最も重視する事は品質や保証内容。建売住宅は特に住んで居るうちに見えない欠陥が後で出てくる場合があるのでこれは必要。(60代/男性/契約派遣社員)
一生に一度の買い物であり、人生で一番大きな買い物であるため。(30代/男性/公務員)
欠陥住宅だったら取り返しがつきません。それが一番不安だからです。(40代/女性/無職)
何かあったときに、きちんと対応してくれる住宅会社かどうかを見極めた方が良いです。年月が経つと必ずくたびれてくる場所があるものです。(30代/女性/専業主婦)

購入した住宅が欠陥住宅だった、なんてことになったら嫌ですよね。一生に一度の大きな買い物だからこそ、住宅の具合や品質にはこだわりたいもの。また、建物は時が経てばどうしても劣化してしまうものですが、住宅保証やアフターサービスが充実している住宅会社なら、購入後も安心して暮らしていけます。

やっぱり見逃せない! 住宅の価格や省エネ性能

アンケートでは少数派となりましたが、住宅の価格を重視するという回答も少なからず見受けられました。

予算があるので当然それを超えるものは買えません。その後の生活があるので価格は最重要です。(40代/男性/会社員)
なるべく割安で購入できるようにしました。 毎月のローン支払い額が低額であれば、その分レジャー費や教育費、家具の費用などに回せると思ったので。(20代/女性/会社員)
将来的にも省エネ化はかなり進むと思いますし、将来のためにも少しでもコストが落せたらと思います。(30代/女性/専業主婦)

価格にこだわりたいという人は、購入後のゆとりある生活を維持したいと考える傾向にあるようです。住宅価格は購入後の生活にも大きな影響を与えるため、できるだけ安く抑えておきたいというのが心情なのかもしれません。また省エネ化を重視するという回答もありましたが、その理由としては生活コストの削減が目的であるようです。このことから言っても、やはりお金や費用の問題は住宅の購入において解決しなければならない問題なのでしょう。

後悔しない住宅購入のために、私たちができること

住宅は他の買い物と違って、購入後に返品することができないものです。また、大きな買い物でもあるだけに、失敗したときの後悔も他の買い物に比べて大きいのかもしれません。アンケートでは、耐震性や省エネなら購入後にリフォームが可能だからこそ、立地条件が最も重要だと感じたという回答も見られました。住宅購入はかけがえのきかないものなので、それだけ後悔しないための慎重な判断が肝心であるようです。

アンケート実施概要

■調査地域:全国
■調査対象:【結婚】既婚
■調査期間:2016年05月13日~2016年05月27日
■有効回答数:100サンプル

すべての回答者の声

Q:あなたが住宅購入の際に後悔しないように、最も重要視する要素を教えてください。

【価格】

  • 不動産の価格です。自分が投資するわけですから、金額に見合う物件がどうか慎重に見極めます。(60代/男性/無職)
  • 出来れば条件をいろいろのんでもらいたいけど、金額が一番重要です(20代/女性/パートアルバイト)
  • いろいろと重要視する事柄はいっぱいありますが、其の中でも価格は一生の問題になるので選びました。(40代/男性/自営業(個人事業主))
  • 予算があるので当然それを超えるものは買えません。その後の生活があるので価格は最重要です。(40代/男性/会社員)
  • 無理をして買って、ローンの返済で生活が大変にならないように。(20代/女性/専業主婦)
  • 何と言っても価格です。今の収入ならこれくらいのローン組んでも返せていけるでしょ、というような安易な考えは持たないように気を付けたいです。住宅ローン難民なんて言葉も耳にしますし、人生何が起こるかわからないですよね。価格は大事です。(30代/女性/その他専門職)
  • なるべく割安で購入できるようにしました。 毎月のローン支払い額が低額であれば、その分レジャー費や教育費、家具の費用などに回せると思ったので。(20代/女性/会社員)
  • 住宅は大きい買い物なので安くても質がおちない物件を購入したい。(30代/男性/パートアルバイト)
  • あとあと支払いが厳しくなって生活に支障がでることだけは避けたいので、絶対に大丈夫な範囲で購入できるかどうかが最重要です。(40代/男性/会社員)
  • お金がないので。住宅購入の際に後悔しないように、最も重要視する要素はこれ。(40代/男性/会社員)
  • 耐震性や省エネの性能などは殆んど信用していないので価格さえ安ければ騙されたとは思わないで済む。(40代/男性/無職)
  • 住宅購入の際に後悔しないように、最も重要視する要素は、財政的にもコスパです。(40代/男性/会社員)
  • ローン返済出来ずに売って出て行った人を何人も見ていて、とても苦しそうでした。 同じような状況には絶対に陥りたく無いとおもってます。(30代/女性/専業主婦)
  • 住宅ローンのために働き続けるような生活だけはしたくないので、ゆとりを持って生活するため住宅の購入費用はできるだけ抑えたいと思っている。(30代/男性/会社員)

【耐震性】

  • 東日本大震災の影響で耐震性を最も重視します。価格も大事ですが安全を優先したと思います。(30代/男性/自由業・フリーランス)
  • 有事の時に家が残ると精神的に安心する。そんな時に家が壊れてしまったから後悔してもしきれないと思う。(20代/女性/公務員)
  • 直近、九州の地震での家屋被害をテレビを通じてたくさん目にしたので、やはりこれです。(40代/女性/専業主婦)
  • 地震での被害がないように耐久性はあったほうがいいと思うのでこれです。(40代/女性/パートアルバイト)
  • 日本はどこにいても地震の危険性がありますので、耐震性には配慮すべきです。(40代/女性/自由業・フリーランス)
  • 最近ではどこに住んでいても地震などがいつおこるわからないので耐震にすぐれたものにしたいです(40代/女性/パートアルバイト)
  • 耐震性に不安のある住宅では、地震大国である日本では暮らしていけないので。(40代/女性/専業主婦)
  • 熊本地震が起こってから、日本中で安全なところはない気がするので、耐震性を一番重視したいです。(50代/女性/自由業・フリーランス)
  • 耐震性に関しては建設時にしか全体の補強を行うのは無理なので。購入時にきちんと対応しておきたい部分です。(30代/男性/自由業・フリーランス)
  • 地震が多い国土なので、大きな地震が来ても、倒壊しない家屋であれば、寝床路が確保できるからです。(40代/男性/公務員)
  • 大地震が来る確率が高い地域に住んでいるからそうであって、また、そうなったところで復興の再建築を歳をとってからできないだろうと考えると、さいしょからお金をかけてでも倒れない家、耐震性に優れた家を求めたのも必然性があったと思う。(50代/男性/会社員)
  • 最近は地震が多いので、作りの強さなどが一番心配なので、重要視します。(20代/女性/専業主婦)
  • 自信が増えているなかで耐震性が重視される傾向になってきているから。(20代/女性/学生)
  • 最近色々な地域で地震が増えているのでこれはかかせないと思います。(30代/女性/専業主婦)
  • 地震が起きる日本では、耐震性が弱いと安心して生活ができないです。(30代/男性/会社員)
  • 日本は地震が多く、大きな被害が出ているのを見ると、やはり耐震性を重視したいから。(50代/女性/専業主婦)
  • 日本は地震が多く、大きな被害を目にすると、耐震性の重要性がわかるから。(50代/女性/専業主婦)
  • 地震が多い世の中なのでやはり耐震があったほうが安心が出来ます。(30代/女性/専業主婦)
  • 高層マンションなどの影響で手抜き工事が騒がれています。一生に1度の買いもになるかもしれませんから、地震などの災害のリスクを考えれば多少価格が高くとも耐震性を重視したい。(40代/男性/自営業(個人事業主))
  • いつくるか分らない大地震を考えると、耐震性は欠かせないものだと思う。(40代/男性/公務員)
  • 地震が起きたときに、家屋倒壊の被害が最小限であるほど良い。耐震性が高いほど、安心できる。(40代/女性/専業主婦)
  • これだけ自然災害が多いと耐震性に重点をおかざるえないと思います。(30代/男性/自営業(個人事業主))
  • 地震が起きた時が心配だからです。耐震性は、命に関わる問題なので。(40代/女性/パートアルバイト)
  • もちろん耐震性の設計です。最近は熊本地震がありましたので、特にそう思います。(20代/女性/専業主婦)
  • ここ数年各地で大地震が起きており、私が暮らす地域でも南海地震が心配されているので、特に耐震性は気になるところです。(40代/女性/専業主婦)

【省エネ性能】

  • ずっと住むことになる家ですので、月々の料金を安く済ませたいからです。(30代/男性/自営業(個人事業主))
  • 日当たり、近隣環境など、お金では工夫できないことを重要視してください。(30代/男性/無職)
  • どれだけ省エネになるのかを理解したほうがすむときに楽になりそうです。(20代/女性/専業主婦)
  • ずっと住むことになる家ですので、月々の料金を安く済ませたいからです。(30代/男性/自営業(個人事業主))
  • 将来的にも省エネ化はかなり進むと思いますし、将来のためにも少しでもコストが落せたらと思います。(30代/女性/専業主婦)

【立地条件】

  • 長年住むことになるので、どれも重要視したいですが、一番は立地です。住む場所は重要です。(40代/女性/専業主婦)
  • どんなに価格が安くても耐震をしても、立地が微妙なところだと後に損をするようなきがするからです。(20代/女性/無職)
  • 長く住むので、通勤・通学や買い物に便利なところを重視したい。(40代/女性/会社員)
  • どれも大事だと思いますが、子どもの治安や妻の実家のサポートなどを優先にして、通勤はその次に場所を絞りこみました。結果、それで良かったと思っています。(30代/男性/会社員)
  • 子供を育てる事を考えると、治安の良い場所など、安全面での立地を考えます。(20代/女性/パートアルバイト)
  • 良い家であってもアクセスが悪かったり、環境が悪かったりすると住み始めてから後悔すると思うから。(50代/女性/専業主婦)
  • いろんな場所に住んだ経験から一番生活に影響すると思えたのが立地だからです。治安が悪い場所や交通の便が悪い場所に住むとストレスが貯まります。(30代/女性/専業主婦)
  • 日当たりや周りの環境は、心豊かに暮らしていく上でとても重要だと考えるから。(40代/女性/専業主婦)
  • 賃貸と違って購入後はずっと住む家なので、住みやすい場所が大事だと思う。(20代/女性/パートアルバイト)
  • こどもが居るので、通うことになる小学校や幼稚園の規模や地域の雰囲気など。高校などの将来的なことも考えて液絵のアクセス。(40代/女性/専業主婦)
  • そこに永住するつもりて買う物なので、やはり立地条件ですね。 大きな地震がくれば仕方ない。 お金はなんとかなる。 品質は業者が手を抜いていてもわからないし。 省エネは標準になるでしょう。 消去法ではあるが、自分である程度選べる部分でもあるし立地条件ですね。(20代/男性/会社員)
  • 周辺地域の環境です。 買い物のしやすさ、子どもの通う学校の評判、隣人さん。 購入と言うことは、一生住むつもりなので周りとの関わりを1番に考えたいです。(20代/女性/専業主婦)
  • 建物は建替えやリフォームが可能ですが、立地や環境は変えられないから。(50代/女性/パートアルバイト)
  • やはりこれはかなり、重要なポイントになるとおもいますね・・・。(40代/女性/パートアルバイト)
  • 何十年後かに売ることも考えていますので、地価が高く、これから先も値段が下がらないであろう土地にしたいと思います。(30代/女性/専業主婦)
  • 他の項目は実際長年住んでみないと何とも言えないから。土地付きの物件だと、立地さえよければ万が一のことがあっても、売ったり建て直したりしてなんとかなりそう。(30代/女性/自営業(個人事業主))
  • 死ぬまでそこに住むわけではないので、流通性の高い物件を選びます。(40代/男性/会社員)
  • 耐震性や省エネ性能などは、リフォームが可能だけど、立地だけは一生自分ではどうにもできないから。(30代/女性/専業主婦)
  • 近所に店や病院もなく田んぼしかないような所は生活する上で苦労しそうだからです。(30代/女性/専業主婦)
  • 自分にとって環境の良いと思える場所がどうかまずそれが一番です。(50代/女性/自営業(個人事業主))
  • 住宅本体はなんとかしようと思えば困難でもできるが、立地条件だけは変えることができないので。(40代/男性/無職)
  • 100%安全な所はないと思うがハザードマップ等々を参考にして、なるべく安心な所に建てたい(40代/男性/自営業(個人事業主))
  • 子育てするのに良好な環境が重要。多少無理してでも学区の良さを最優先する。(40代/男性/会社員)
  • 立地条件が一番大事なので立地条件は譲れない。駅から近いとかも大事。(30代/女性/専業主婦)
  • 地震の時に被害が大きくなるので、活断層の上に立っていないこと。津波の危険のある海沿いでないこと。凶悪事件や不幸に巻き込まれる可能性のある三角地・T字路などの凶立地でないこと。(40代/女性/専業主婦)
  • 価格などは今の問題ですが、立地条件など変わるかもしれない点を重要視して決めます。(20代/女性/会社員)
  • 住宅を購入する場合、賃貸と違って簡単には引っ越しが出来なくなるので、家の場所はとても重要になってくると思います。(20代/女性/専業主婦)
  • 地域住民のクラス、ランク。静かな環境で暮らしたい。品のあるぐるーぷでないと無理。(40代/男性/公務員)
  • 住みやすさに直結して一番重要なのが、立地ではないかと思っています。(40代/男性/その他専門職)
  • 南側の物件かどうかが重要。多少高くても日の当たる家でほかほかの布団で眠ったり花のある暮らしで快適に暮らしたい。駅から近いことも大事です。(40代/女性/専業主婦)
  • 最近、震災が多く、津波や地震の影響が少ない立地を考えたいと思っているから。(20代/女性/専業主婦)
  • まずここを最初に選んで購入するし、地震など自然災害が多い今、重視しないといけないところだと思うから。(20代/女性/専業主婦)
  • 立地条件も含めてですが、こちらの希望することが予算内でちゃんと実現できるかどうか、が重要ですね。(50代/男性/専業主夫)
  • 駅、商店や病院が近いなど便利な場所であることを重用ししているので、立地条件が一番大事です。(50代/女性/専業主婦)
  • 住宅の購入なんて、一生に一度だと思っているから、やはり住宅の場所は大事だと思うから。(40代/女性/専業主婦)
  • 平日、休日、日中、夜間と周辺を歩いてみる 駅から実際に歩いてみる 周りに物件を見る(将来の開発などを予測)(20代/女性/専業主婦)
  • 立っている場所です、変な人はいないか、ゴミ屋敷がないかなどが大切です。(40代/女性/パートアルバイト)
  • 一番安定して注目すべきところかなと思いますので、長い目で見ると外せません。(40代/女性/パートアルバイト)
  • いい家を建てても、立地条件が悪ければ過ごしにくいと思うのでとても大事です。(20代/女性/パートアルバイト)

【品質や保証内容】

  • 上記すべてを重視するが、なかでも品質保証と補償が大事。立地条件や耐震性は日本列島に住んでいる限り、あてにはならない。(40代/男性/会社員)
  • 日本は地震が多い場所なので、品質と保証内容は最重要視したい。(30代/男性/会社員)
  • 口コミなどの評判で信頼できる会社が立てている物件かどうかということも大きな買い物だから大事(40代/女性/専業主婦)
  • その理由は、先ずこれから住む家の中身まで調べて、安全な生活をしたい。これから生活苦労しない様にも、考えて記入します。(30代/女性/パートアルバイト)
  • 当然長持ちしてもらわなければならないし、何か問題があれば対応してもらわなければならないため。(40代/男性/自営業(個人事業主))
  • 住宅購入の際に後悔しないように最も重視する事は品質や保証内容。建売住宅は特に住んで居るうちに見えない欠陥が後で出てくる場合があるのでこれは必要。(60代/男性/契約派遣社員)
  • 何十年も住み続ける予定だから、良い品質のもので、アフターケアもしっかりしたものがいい。(40代/女性/専業主婦)
  • 特に興味なく、今のところ必要性がないためであると考えてるので。(40代/男性/会社員)
  • 一生に一度の買い物であり、人生で一番大きな買い物であるため。(30代/男性/公務員)
  • 住宅は一番長く使用するものなので、品質と保証内容だけはしっかりさせておきたい(30代/女性/専業主婦)
  • 住宅の品質が悪いと、何年かした後に劣化が進んで、場合によっては欠陥なども出ているかもしれないので。価格が安すぎる物件は、品質に不安があり、耐震性や省エネは品質に含まれると思うからです。立地条件も大切ですが、多少駅からの利便性が悪くても、品質のよい家に住みたいです。(40代/男性/会社員)
  • 全体の品質ですね。新築でも欠陥住宅も現実には多いですし。雨漏りなどの保障や、期間・期限なども大切です。(50代/女性/専業主婦)
  • 品質が一番重要です。第三者機関の証明が一番有用であると思います。(50代/男性/公務員)
  • 品質や保証がしっかりしていないと、どんなに良い家でも後悔することになると思うから。(20代/女性/専業主婦)
  • 何かあったときに、きちんと対応してくれる住宅会社かどうかを見極めた方が良いです。年月が経つと必ずくたびれてくる場所があるものです。(30代/女性/専業主婦)
  • 耐震性や省エネは、その時の自然環境によっては、人の手でどうにかなるものではないが、ヒトの手に負えるレベルでの家の品質や保証は絶対に安心感を生むと思うので。(40代/女性/契約派遣社員)
  • 欠陥住宅だったら取り返しがつきません。それが一番不安だからです。(40代/女性/無職)

 

LINEで送る
Pocket