• twitter
  • facebook
  • rss
賃貸住宅の住み替え!最も重視したい費用とは?

賃貸住宅の住み替え!最も重視したい費用とは?

LINEで送る
Pocket

賃貸住宅の住み替え!最も重視したい費用とは?

賃貸住宅が住み替えで気になるのは「費用」です。家賃はもちろん敷金・礼金、引っ越し費用などなにかとお金がかかってくるのが現実です。今回は、賃貸住宅の住み替えをするときに最も重視したい費用はどれかについて、全国の男女100人を対象にアンケートを実施しました。

21-4

【質問】 賃貸物件の住み替えの費用で重視するのはどのようなポイントですか? 【回答数】 家賃:76 初期費用:15 引越し費用:5 新居のインテリア関連:4

8割近くの人は家賃を重視!毎月発生するからこそ重視したい費用

「家賃」と答えた人が最も多い結果になりました。

・家賃は毎月払うものなので生活の負担にならないか一番重要視します。(20代/女性/専業主婦)

・収入に見合った金額で部屋を探すから。 部屋を探すときはまずは家賃で探し始める。(30代/女性/パート・アルバイト)

・短期的には初期費用も引越費用も大事だけど、長期的に住むなら家賃が大事だと思う。(30代/男性/個人事業主)

家賃は毎月発生する固定費用です。そのため、お部屋探しの段階から、家賃が支払えるかどうかを考慮することが重要ですよね。住み替えのためにはまとまったお金が掛かりますが、その後の生活を考えた場合、収入に見合った物件選びが大きなポイントと言えます。また、不動産会社への仲介手数料や敷金・礼金は月々の家賃金額をベースに反映されるので、家賃の安い賃貸住宅を選ぶと初期費用も安く抑えられますね。

一時的とはいえ、初期費用や引越し費用も気になるポイント!

アンケートの結果、次いで「初期費用」、「引越し費用」と続きました。

・初期費用が一番かかるし、無いところもあるのでその差は大きく見逃してはいけないとこと思うから。(30代/男性/パート・アルバイト)

・引越し費用が用意できないと、まずは引っ越しする準備もできないので。(20代/女性/正社員)

・引っ越した際は極力、家具の買い替えは控えてコストを節約するようにしています。(40代/男性/正社員)

敷金や礼金などが含まれる初期費用の具体的な金額は、物件によって異なります。そのため、同じような条件の賃貸物件が2つ以上出てきた時の比較ポイントになるかもしれません。「引越し費用」を選んだ人からは、「新居が決まっても引越し費用がないと動けない」との意見も寄せられています。引越しを機にカーテンなどを新調する場合もありますが、これまで使ってきた家具類を有効活用する前提で引っ越しを考える人もいるようです。また、「初期費用」や「引っ越し費用」などは一時的な出費であるため優先順位が下がる傾向にありますが、金額は決して安いものではありません。冷静な判断力が求められそうです。

月々の返済金額がネック。住宅購入という選択肢も!

アンケートの結果、賃貸物件の住み替え費用で重視したいのは「家賃」と答えた人が最も多く、回答者の8割近くになることがわかりました。賃貸住宅に住み続けるために、月々の家賃支払いは不可欠です。そのため、新たな賃貸住宅に引っ越すときは、生活費へのしわ寄せを抑えることも大切ではないでしょうか。一方、住宅を購入するときには「住宅ローン」を借りる方法が一般的です。月々の返済金額コントロールによって、賃貸の家賃よりも安く抑えることも可能です。賃貸だけでなく、住宅購入という選択肢も検討の土俵に上げてもいいかもしれません。賃貸にしても購入にしても、じっくり検討することをおすすめします。

LINEで送る
Pocket