39個のボックスをつないで、壁一面の本棚に!? 3人家族のリノベ事例。

    39個のボックスをつないで、壁一面の本棚に!? 3人家族のリノベ事例。

    LINEで送る
    Pocket

    「楽しい」がつまった、リビング。

    ご夫婦と小さなお子さまの3人家族が購入したのは、大阪にある築30年オーバー・4LDKの中古マンション。このお部屋を、2LDK+ウォークイン・クローゼット+納戸にフルリノベーションしました。

    ?※矢印をスライドすると、ビフォー・アフターが切り替わります。

    何と言っても、目を引くのがリビング。39個のボックスをつないだ、壁一面の収納です。

    renovation-box-bookshelf-after02

    縦横に整列させるのではなく、ランダムに組み合わせた遊び心のあるつくり。本棚として、家族の思い出の品を飾る棚として、魅せる収納として。楽しく使える、オリジナルのアイテムです。

    壁は白く、またフローリングはナラの無垢材を使用し、家具はラワン材を用いたものに統一。カラフルに彩られた遊び心あふれる空間になっています。

    将来の改築も視野に入れた、子ども部屋。

    小さなお子さまのいるこちらのご家族、子供部屋にもこだわりが。リビングとつなげた間取りとすることで、家事をしながらでもお子さまの様子がわかるようになっています。

    renovation-box-bookshelf-after03

    お子さまが大きくなったら、間仕切り壁を追加して、プライベートな空間にすることも可能。ライフステージの変化を見据えたアイデアです。

    自転車も余裕で置ける、広々玄関。

    広々とした玄関もポイントの一つ。玄関の隣にスペースを設け、趣味の自転車を室内に設置できるようになりました。

    renovation-box-bookshelf-after04

    シューズラックも大きめに。扉はなく、横一面に靴を並べられる“見せる収納”になっています。

    renovation-box-bookshelf-after05

    反対に“隠す収納”として機能しているのが、玄関を上がってすぐのウォークインクローゼット。部屋数を減らす形で間取りを見直したことで、大容量の収納を実現できました。

    壁の色と内窓で、家中すべてがオープンな雰囲気に。

    renovation-box-bookshelf-after06

    トイレやパウダールームにもこだわりが。一面だけポップな色をつけアクセントにすることで、より楽しさあふれる空間に仕上がりました。ご夫婦の寝室など、間取りの関係で窓がないお部屋もあるのですが、そこにもすべて内窓を設置。どこにいても風の通る、気持ちのいいお住まいになりました。

    物件データ

    renovation-box-bookshelf-dr

    • 面積:86.8?
    • 間取り:4LDK → 2LDK+ウォークインクローゼット+納戸
    • 構造:マンションSRC造
    • 場所:大阪府吹田市
    • 家族構成:30代ご夫婦+お子様一人

    ギャラリー

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket