お部屋づくりの参考に! 押さえておくべきライフスタイル系洋雑誌10選。

    お部屋づくりの参考に! 押さえておくべきライフスタイル系洋雑誌10選。

    LINEで送る
    Pocket

    必見!おしゃれなライフスタイル洋雑誌が続々上陸!

    紙質、インクの匂い、絶妙な印刷色……。洋雑誌にはワクワクする要素がたくさん詰め込まれています。ひと昔前、これらの雑誌は、海外か洋書専門店・大型書店の専門フロアまで行かなくては手に入れることができなかったからなのかもしれません。

    今では、ネットはもちろん、洋雑誌を一角で販売する書店も増えました。なかでも2011年7月、アメリカ・ポートランドで創刊した「KINFOLK(キンフォーク)」を知って、洋雑誌のおもしろさに目覚めた人も多いかもしれません。創刊当時のバックナンバーは今でもプレミア価格がつくほどの人気で、2013年には日本版も登場しました。

    「KINFOLK」をはじめ、その国の最先端の情報を発信するライフスタイル誌には、お部屋づくりのアイディアをたくさん見つけることができます。さらに、読み終わった雑誌は置いておくだけで、おしゃれなインテリア小物としても使えます。

    今回はたくさんある中から、今、絶対に押さえておきたいライフスタイル系洋雑誌を10誌に厳選してご紹介します。探していたアイディアを見つけることができるかもしれません。

    ライフスタイル誌の風雲児からはまだ目が離せない!

    「KINFOLK(キンフォーク)」(アメリカ)

    出典:www.facebook.com/kinfolkmag
    出典:www.facebook.com/kinfolkmag

    出典:www.facebook.com/kinfolkmag
    出典:www.facebook.com/kinfolkmag

    言わずと知れたポートランド生まれの人気雑誌。「スモール・ギャザリング(小さな集まり)」をコンセプトにライフスタイルを提案しています。編集長のネイサン・ウイリアムスが25歳の時に、妻のケイティや親しい友人たち数名で始めた雑誌。テーブルコーディネートやおしゃれな人々の暮らしは参考になりそうです。英語版は30カ国以上で販売され、日本語版のほか、韓国語版、ロシア語版も発行しています。ちなみに日本では「ありのままの、美しいくらし」というコンセプトのもと、「KINFOLK」の世界観を体現する衣類や雑貨を扱う「Ouur by KINFOLK」も展開されています。

    オフィシャルサイト:http://www.kinfolk.com

     

    女性目線の日常を切り取った新鮮なリトルプレス。

    「3191 Quarterly(3191クォータリー)」(アメリカ)

    出典www.facebook.com/3191MilesApart
    出典:www.facebook.com/3191MilesApart

    出典www.facebook.com/3191MilesApart
    出典:www.facebook.com/3191MilesApart

    マリアとステファニーという女性ふたりのブログ「3191」から発展したアメリカ・ポートランド発のリトルプレス。ふたりはオレゴン州とメイン州の3191マイル離れた場所に住んでいた友達同士なのだそう。朝起きて、周りのものを写真に撮りメールで送り合うという「3191」ブログが人気となり、2010年に「3191 Quarterly」を発行しました。比較的身近で生活感がありながら、洗練されたおしゃれなビジュアルが特徴。彼女たちの日常を垣間見れるので、マネできるポイントも多く見つけられそうです。残念ながら16号をもって休刊し、今後は原点のウェブサイトに専念するのだとか。

    オフィシャルサイト:http://3191milesapart.com

     

    ポーランド発、美しいビジュアルで“食”を表現。

    「SMAK(スマック)」(ポーランド)

    出典www.facebook.com/smakmagazynwokolstolu
    出典:www.facebook.com/smakmagazynwokolstolu

    出典www.facebook.com/smakmagazynwokolstolu
    出典:www.facebook.com/smakmagazynwokolstolu

    ヨーロッパの東に位置するポーランド発、“食”がキーワードのライフスタイル誌。創刊は2011年で、ジャーナリスト・フォトグラファー・脚本家の4人が立ち上げました。食を通して、文化・アート・デザインなどを発信しています。写真の美しさが際立つ雑誌で、大胆に見開きに配するなど、見どころ満載。全編ポーランド語なので、読解するのは難しいですが、きれいなビジュアルを見ているだけで十分に楽しめます。

    オフィシャルサイト:http://magazynsmak.pl

     

    エコ&エシカルをテーマにライフスタイルを切り取る。

    「Peppermint Magazine(ペパーミント・マガジン)」(オーストラリア)

    出典:www.facebook.com/peppermintmag
    出典:www.facebook.com/peppermintmag

    出典:www.facebook.com/peppermintmag
    出典:www.facebook.com/peppermintmag

    オーストラリア発のエコやエシカルをカバーした、グリーンファッション&ライフスタイル誌。日本でも最近話題に上がることが多いキーワード「エシカル(倫理的な、道徳的な)」を2008年の創刊時からテーマとして掲げています。エコ&グリーンを通して、ファッション、ライフスタイル、カルチャー、アートなどを紹介するとともに、ソーシャルや環境問題などの記事を掲載することも。個性的なスタイルを大切にし、手芸やDIYも紹介しています。エコやエシカルを取り入れるには、最良のガイドになりそうです。

    ?オフィシャルサイト:http://peppermintmag.com

     

    正統派エコライフスタイルながらかっこいい!

    「PURE GREEN MAGAZINE(ピュア・グリーン・マガジン)」(カナダ)

    出典:www.facebook.com/puregreenmag
    出典:www.facebook.com/puregreenmag

    出典:www.facebook.com/puregreenmag
    出典:www.facebook.com/puregreenmag

    カナダ・オンタリオでセリーヌ・マッケイによって創刊された人気エコライフスタイル誌。1冊を通して、毎日の生活の中にグリーンスタイルやエコロジー、DIYなどを取り入れることを提案しています。田舎でなくても、サステナブルな自給自足生活を送ることができる方法を紹介しているのもうれしいところ。フランスで「Green attitude」という姉妹誌が新創刊されたばかり。

    オフィシャルサイト:http://www.puregreenmag.com

     

    おしゃれでナチュラルな北欧シーンを垣間見れる1冊。

    「Oak-THE NORDIC JOURNAL(オーク-ザ・ノルディック・ジャーナル)」(デンマーク)

    出典:www.facebook.com/oakthenordicjournal
    出典:www.facebook.com/oakthenordicjournal

    出典:www.facebook.com/oakthenordicjournal
    出典:www.facebook.com/oakthenordicjournal

    2014年にデンマークで創刊された、北欧の美しい自然と人々の暮らしを紹介するライフスタイル誌。デンマークのヘルシーな食、最新のインテリア、北欧デザイン・ファブリック、豊かな自然、アートなどさまざまな記事を読むことができます。「KINFOLK」の影響を感じられる写真とデザインも美しい。北欧の文化やデザインなどに興味があれば、必読の1冊です。表記はすべて英語。

    オフィシャルサイト:http://oakthenordicjournal.com

     

    誠実な物作りが写真から伝わる、ドイツの人気雑誌。

    「THE Weekender(ザ・ウィークエンダー)」(ドイツ)

    出典:www.the-weekender.com
    出典:www.the-weekender.com

    出典:www.the-weekender.com
    出典:www.the-weekender.com

    ドイツ・ベルリン生まれの「週末のライフスタイル」を提案する雑誌。若手クリエイターたちがこぞって集まるベルリンでもとても人気の高い雑誌なのだとか。毎号、トラベル・物作り・インテリアをカバーしています。いかにも毎日の暮らしの中にいるような人々の普通の姿を捉える写真やクラシカルなデザイン・書体が魅力的。「our favorite shop」の偏愛的ショップ紹介もファンが多いそう。写真の空気感が今っぽい雰囲気で、今後も注目したい雑誌です。表記はすべてドイツ語。

    オフィシャルサイト:http://www.the-weekender.com

     

    モダンな余白が印象的な、旅に出たくなる1冊。

    「CEREAL(シリアル)」(イギリス)

    出典:www.facebook.com/cerealmag
    出典:www.facebook.com/cerealmag

    出典:www.facebook.com/cerealmag
    出典:www.facebook.com/cerealmag

    2012年にイギリス・ブリストルで創刊された食と旅、本をテーマとしたライフスタイル誌。白を基調としたシンプルながら美しいミニマル・デザインが特徴です。同時期に創刊した「KINFOLK」と比べられることが多いのですが、全体的には「KINFOLK」より都会的でモダンな印象。毎号さまざまな都市を紹介し、食関連のトピックスも豊富です。美しい写真が雑誌というより、写真集に近い心地よさです。

    オフィシャルサイト:http://readcereal.com

     

    独自の視点からひとつのテーマを探る新しさ。

    「AVEC(アヴェック)」(韓国)

    出典:www.facebook.com/AVECMAGAZINE
    出典:www.facebook.com/AVECMAGAZINE

    出典:www.facebook.com/AVECMAGAZINE
    出典:www.facebook.com/AVECMAGAZINE

    2012年に創刊された韓国・ソウル発のカルチャー&ライフスタイル誌。年に2回(春夏・秋冬号)発行しています。各号ごとにひとつのテーマを決めて、そのテーマについて独自の視点で掘り下げています。テーマは、アート・ファッション・写真・カルチャーで切り取り、オリジナリティ溢れるセンスが光ります。そのほか、最新のアーティスト・クリエイターへのインタビューなども掲載。今後、より人気が出てきてもおかしくない雑誌。

    オフィシャルサイト:http://www.avecmagazine.kr

     

    異国の文化を知ることで新たな発見が生まれる。

    「The CARTON(ザ・カートン)」(レバノン共和国)

    出典:www.facebook.com/thecartonmagazine
    出典:www.facebook.com/thecartonmagazine

    出典:www.facebook.com/thecartonmagazine
    出典:www.facebook.com/thecartonmagazine

    西アジア・中東に位置する、レバノン・ベイルート発という、とてもめずらしい雑誌。テーマは“食”。今まで知ることができなかった、最新の中近東の食文化をこの雑誌を通して知ることができます。NYで話題となり、今では日本でも一部書店で手に入れることができます。色鮮やかな写真・イラストを組み合わせた誌面デザインが斬新で、美しい印象。異国情緒を感じられる雑誌です。年4回発行。

    オフィシャルサイト:http://www.artandthensome.com

    まずは、気になる一冊を手にとってみて。

    いかがでしたか? たくさんの洋雑誌のなかから10誌に絞ってご紹介しました。実際に雑誌を手に取って、1枚でもお気に入りの写真を見つけられたら、それは素敵な出会いだと思います。暮らし方の新たな視点やアイディアをどんどん増やして、自分のお部屋をより理想的な空間に近づけていきたいですね。

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket