リノベーションで生まれた自宅兼エステサロン。居住空間と仕事場をどう切り分けた?

    リノベーションで生まれた自宅兼エステサロン。居住空間と仕事場をどう切り分けた?

    LINEで送る
    Pocket

    エステサロンと住居の心地良い共存を目指して。

    横浜の高級住宅街の丘の上に建つこちらのマンション。 親子お二人が愛犬と暮らす素敵なお住まいでありながら、エステサロンを開業していらっしゃるという2つの顔を持っています。 そのため、「癒しの空間をどのように実現するか」が課題に。エステサロンのお客様に生活感を見せないよう、様々な工夫が凝らされたリノベーションとなりました。

    エステサロンのサインボード

    ちなみにリノベーション前のお部屋がこちら。

    リノベーション前のお部屋

    一般的な間取り・内装の、古くなったマンションの一室は、どのように生まれ変わったのでしょうか?

    明確な導線づくりで、生活感を見せない配慮を。

    玄関を開けた廊下の先には、アーチ型の入り口が印象的なエステルームが。

    アーチ状の入り口

    手前には洗面スペース・お手洗いがあり、玄関とエステルームをつなぐ一角でお客様の導線が全て完結するようにレイアウトされています。

    お手洗いと洗面スペース

    エステルームとリビングを隔てるクローゼットは天井との間にあえてスペースを設けて、通風と空間に広がりを持たせる効果をプラス。 清潔感あふれる白とブラウンを基調に、癒しのグリーンが散りばめられた明るく居心地のいいエステルームが誕生しました。

    エステルーム

    廊下の真ん中に作り付けられたクローゼットは、お客様に見せたくない洗濯機などがすっぽりと収まるように設計されたもの。プライベートスペースとの間仕切りとしても機能しています。 壁で仕切らないことで、光や風を通すのはもちろん面積以上に広さを感じることのできる、リノベーションのキーポイントとなっています。

    玄関からの導線

    回遊性に優れたレイアウトで、暮らしやすさもアップ。

    アンティーク調の家具

    一方プライベートスペースはというと、アンティーク調の家具が随所にさりげなく置かれたフェミニンなインテリア。

    花柄のカーペット

    リビングの花柄の壁紙をはじめ、カーペットやレースのクッションなどのファブリックや小物に至るまで、こだわりを感じられる上質空間となっています。

    カウンターキッチン

    カウンターキッチンは先にご紹介した洗濯機が収められたクローゼットと一体化し、高い回遊性を実現。閉塞感を見事になくした、導線と効率の良いレイアウトのお手本です。

    物件データ

    ▼リノベーション前
    ?リノベーション前の間取り図

    ▼リノベーション後
    リノベーション後の間取り図

    • 面積:56.85?
    • 間取り:2LDK → 2LDK
    • 構造:RC
    • 場所:神奈川県横浜市
    • 家族構成:親子+愛犬

    ギャラリー?

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket