壁を塗るか、塗らないか…。リノベーション後も続く、家づくりの楽しみ。

    壁を塗るか、塗らないか…。リノベーション後も続く、家づくりの楽しみ。

    LINEで送る
    Pocket

    フルスケルトンからのリノベーションで、雰囲気のあるヴィンテージルームが完成。

    あと数日遅ければ不動産会社によるリフォームが行われていたという物件を、運良く手に入れたのが、ヴィンテージテイストが好みだというご夫婦。もともとバブリーな雰囲気だったお部屋を、フルリノベーションされました。

    ▼リノベーション前
    リビング(リノベーション前)
    キッチン(リノベーション前)

    ▼リノベーション後
    リビング(リノベーション後)

    間取りは「広いLDKと寝室、将来の子供部屋となる予備室」というご希望のもと、2LDK+ウォークインクローゼットに決定。コンクリートの壁をあえて塗装しないようにするなど、素材感を全面に出した空間へと仕上げています。

    予備スペースを設けて、未来のライフスタイルの変化にも対応。

    予備室

    予備室はLDKの一角に。将来的に区切られた部屋にできるよう、下がり壁を設置したのがポイントです。黒で塗装した下がり壁はお部屋のアクセントにもなっていますね。必要な時はカーテンで仕切ることもできる予備スペースがあることで、ゆとりのあるLDKとなりました。

    キッチン

    キッチンは壁付けになっていたものを、対面式のカウンターキッチンに変更。大容量のパントリーも備え付けたことで空間もスッキリしています。

    ベッドルーム

    寝室はウォークインクローゼットとまとめて1カ所に。入り口を引き戸にしたことで空間の有効利用も実現しました。

    デザインに加え、コスト面でもメリハリをつけたリノベーション。

    ランプ

    ところどころにヴィンテージ感を出すため、古材や工業用の照明、足場板などを用いる一方、建具は既製品とするなどコストを抑える工夫も随所に。

    ヴィンテージ感のある素材使い

    メリハリをつけたリノベーションとなっていることもポイントと言えるでしょう。

    あえて塗装しないコンクリート壁

    無塗装のコンクリート壁も実はコストを抑える、という目的あってのこと。お引き渡し後にDIYを予定されていましたが、お部屋の雰囲気を見て今のところはこのままがいい、という結論になったのだとか。今後、壁を塗るか塗らないか…。考える楽しみもある素敵なお住まいが完成しました。

    物件データ

    ▼リノベーション前
    間取り図(リノベーション前)

    ▼リノベーション後
    間取り図(リノベーション後)

    • 面積:59.4?
    • 間取り:3LDK → 2LDK + ウォークインクローゼット
    • 構造:RC造
    • 場所:東京都江東区
    • 家族構成:ご夫婦

    ギャラリー

     

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket