賃貸物件をセルフリノベーションしよう―”DIY女子”木村かさねさんの場合[後編]

    賃貸物件をセルフリノベーションしよう―”DIY女子”木村かさねさんの場合[後編]

    LINEで送る
    Pocket

    ※前回の記事はこちら
    賃貸物件をセルフリノベーションしよう―”DIY女子”木村かさねさんの場合[前編]

    愛着のある「鎌倉」がお部屋のイメージ。

    ―お部屋を見渡すと、ブルーやグリーンの塗装が印象的ですね。

    そうですね。好きな色なので、落ち着きます。実家が鎌倉のほうなんですが、鎌倉の山あり海ありの環境をイメージしているところもあるのかも。

    2015-04-04 11.38.53-2

    ?なるほど! 木や貝殻など自然な素材が使われているのも、それが理由なのかもしれないですね。このハンガーラックもすごく良い感じです。

    天井から紐で吊っている見せる収納。流木をつかっておしゃれ感アップ

    天井から紐で吊っている見せる収納。流木をつかっておしゃれ感アップ。

     

    ありがとうございます。以前使っていたラックが壊れてしまって、新しいものを買うのもなぁと、自分で作ってみたんです。海外のブログで見つけたアイディアをヒントに、流木を取り寄せてノコギリで長さを調節しました。

    ― 流木ですか!?

    いろいろな流木を売っているWEBサイトがあるんですよ。あらゆる長さ、形、色合いのものが揃ってます(笑)

    貝殻やヒトデは鎌倉の海をイメージしています。フローリングの隙間に貝殻を並べてみたり。

    ナチュラル素材を使ったかわいいDIYアイディア

    ナチュラル素材を使ったかわいいDIYアイディア。

    トイレの入り口。まるで海にいるようなトイレも印象的!

    トイレの入り口。ドアを開けると…

    海をイメージしたトイレ

    海をイメージした空間に。

     

    ?ブログの他に、参考にした情報源ってありますか?オススメの本などあれば、ぜひ教えていただきたいです。

    本の中のアイディアをそのまま真似したというわけではないのですが、発想や雰囲気に惹かれてよく開いていたのがこの3冊です。

    2015-04-04 11.38.05

    ■「イェンセン家のマンションDIY〜北欧、手づくりの暮らし」(文藝春秋)イェンス イェンセン著
    ■「インテリアペイントで楽しむ、心地いい暮らし」(ピー・エヌ・エヌ新社)太田綾子著
    ■「色を楽しむ、色と暮らす インテリアペイント」(主婦の友社)プラスワン特別編集

    取り付けたばかりの小さな棚。花を飾ってナチュラルなキッチンに

    取り付けたばかりという小さな棚。花を飾ってナチュラルなキッチンに。

     

    あきらめないこと、それが愛着のある部屋をつくる。

    ?ところで、失敗ってなかったんですか?

    いやいや、ありますよ。棚をつけるのに失敗して、壁に穴をあけちゃいましたし(笑)

    あと壁に塗った珪藻土も、実は途中で量が足りなくなってしまって。買い足して塗ったので、よく見ると途中から色が違うんですよ(笑)。買い足した分が黄色っぽくなってしまいました。

    ?そういう時は自分をどう納得させていますか?

    どうなんでしょう…。そもそも、あまり細かいことを気にしない性格なんですよね(笑)。あとでちゃんと棚もつけ直すことができましたし、失敗は成功のもとということです。珪藻土の色が違うのも、それはそれで味だと思って!

    ?これからDIYやリノベをやってみたいと思っている人にアドバイスをお願いします!

    「あきらめないこと」「がまんしないこと」「妥協しないこと」です。

    賃貸のマンションやアパートに住むとして、年間の家賃を考えると約100万円くらい。100万円の買い物だと考えると、かなり思い切った金額ですよね。せっかくそれだけのお金を使うわけですから、自分らしいお部屋に住むことをあきらめてほしくないんです。

    ― このお部屋のリノベーションにかかった費用はどれくらいなんですか?

    総額18万円ぐらいです。白い壁、ビニールの床といったよくある賃貸物件とは異なる選択も、それほどお金をかけることなく叶えられるんだということを、たくさんの人に知って欲しいと思います。

    材料や工具もインターネットで簡単に買えるし、DIYの方法だっていくらでも情報があります。怖がらずに一歩踏み出しさえすれば大丈夫。やってみれば意外とできちゃいますよ。

    不動産屋さんの女性から贈られたというクッション。よく見るとリノベ後の木村さんのお部屋。裏はリノベ前の写真という素敵な贈り物!

    担当してくれた管理会社の女性から贈られたというクッション。よく見るとリノベ後の木村さんのお部屋。裏はリノベ前の写真という素敵な贈り物!

    こちらが裏面

    こちらが裏面

     

    ?ご自身でも、DIYに関するWEBサイトをつくられたそうですね!

    はい、DIY?RECIPE?というサイトです。DIYの魅力を多くの人に知ってもらいたくて、世界のDIYアイディアを紹介しています。

    DIY RECIPE WEBサイト

    木村さんの立ち上げたWEBサイト《DIY RECIPE》。世界のおしゃれなDIY事例を続々更新中。

     

    私自身が経験した悩みでもあるのですが、おしゃれなお部屋のイメージを紹介するWEBサイトはいろいろ見ていたものの、そのお部屋を具体的に作るにはどういう道具が必要で、どんな作業をすればいいのかまでは分からなくて。

    一方で、実際の作業工程を紹介するWEBサイトもあるにはあるんですが、昔ながらの日曜大工っぽい感じが強く、違和感を感じていたんです。

    DIYに興味を持っている女性も少しずつ増えてきていますし、だったら私から情報発信してみようかなと。このサイトをきっかけに、DIYやリノベーションにチャレンジする女性が少しでも増えたら嬉しいですね。

    ― 記事の更新、楽しみにしています。今度はぜひ、DIYの作業風景も取材させてください。今日はありがとうございました!

     

    インタビューを終えて…

    インタビューを通して、木村さんのやさしい笑顔が印象的でした。自分のことを「細かいことは気にしない性格」とおっしゃっていましたが、女性らしい細やかなこだわりが随所に光る素敵な“秘密基地”。リノベーションを手伝ってくれたお友達が、よく遊びに訪れるというのも頷けます。

    「次はトイレの壁紙貼りにチャレンジしたい」という木村さん。“家づくりを楽しむ”という感覚が賃貸物件でも味わえるというのは、とても大きな発見でした。

    2015-04-04 12.05.50-2

    帰り際に、天井の黒板に「eA」もサインさせていただきました!

     

    (おわり)

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket