あなたにとって、理想の「書斎」とは? 住まいのアンケート結果発表!

    あなたにとって、理想の「書斎」とは? 住まいのアンケート結果発表!

    LINEで送る
    Pocket

    家は、住む人のこだわりがつまった場所。そんなお家の中でも書斎となると、さらに個性あふれるこだわりの空間に仕上がっていることも多いのではないでしょうか。みんなの書斎のこだわりポイント、ちょっと知りたくありませんか?

    というわけで、今回は100名の方に「自宅の“書斎”でこだわっているポイント、またはこだわりたいポイント」についてアンケートをとってみました。これから自分の書斎を持ちたい方、今ある書斎をもっと自分らしい空間にしたい方、必見です!

    こだわりは千差万別?個性的な書斎の数々!

    部屋の広さ、防音性、机や本棚の配置、そのほか日当たり、部屋の向きだけでなく、椅子へのこだわりや本の並べ方まで、書斎のこだわりポイントは本当に様々です。

    “少し狭めで、本棚と机くらいのスペースの方が落ち着く。椅子は必ず座り心地のよいものが良い” (20代/女性/会社員)

    “防音で清潔で一日過ごしていても全く飽きないようなつくり。トイレも完備” (30代/女性/契約派遣社員)

    “まず、日当たりが程よく、あまり広くなく4畳半くらいの広さがよく、本棚はスライド式がいいです” (40代/女性/専業主婦)

    “陽の光があたって明るい部屋であること。陽の光があたると明るい気持ちになれるし、作業もはかどる気がするから” (20代/女性/学生)

    “家の音があまり響かず、本棚と机が入ってあまり広くないことがポイントです。広いと気が散るので、ちょっと狭いくらいが丁度よいと思います” (30代/女性/専業主婦)

    “書斎は立ち上がらなくても良いようになるべく小さなスペースにしました。パソコンと書棚があれば十分なので” (40代/男性/会社員)

    “イスは、バランスボールや普通なイスなど色々なイスを準備しています” (40代/男性/契約派遣社員)

    “照明、本棚、机、椅子。家具には気を使ってオシャレに統一感をだす” (20代/女性/専業主婦)

    書斎は、おうちの中で最も落ち着ける場所!?

    アンケートを見ると書斎へのこだわりは一見ばらばらに見えますが、ただ一つ多くの回答に共通しているのが、書斎を“家の中で最も落ち着ける場所”にしたいという強い希望。ただ単にスペースがあれば良いのではなく、部屋の広さ、明るさ(照明・日当たり)、本棚の配置や形状、そのほかパソコン等の機器、机や椅子、防音性なども含む静けさなど、たくさんの要素が重要なことがうかがわれました。その一つひとつを自分好みに揃えてこそ、自分にとって最高の書斎が完成するということなのかもしれません。さあ!あなたも、こだわりの書斎を作ってみてはいかがでしょうか。

    書斎

    ?

    その他の回答コメントを見る

    Q.自宅の“書斎”でこだわっているポイント、またはこだわりたいポイントを教えてください。

    • 本が好きなので本を置けるスペースを多めに作ってあることです。 (40代/女性/パートアルバイト)
    • 必要以上にものを置かない。一番物の少ない部屋にすると気分の切り替えや雰囲気づくりに役立つ。 (20代/女性/パートアルバイト)
    • 本のジャンルごとにまとめて置いてあり、量もそれほど多くないのですっきりとした感じで気に入っています。 (30代/女性/無職)
    • 大きな窓があること。本棚に本がたくさん並んでいること。気持ちの良い椅子。 (20代/女性/自由業・フリーランス)
    • 専門書から絵本までなんでも読むので、収納力のある本棚を複数置くことです。背の低い本棚も置くことで部屋の圧迫感を軽減しています。 (20代/女性/パートアルバイト)
    • 壁にあたるスペースを本棚にすることで、より多くの書籍を収納できる。 (20代/女性/学生)
    • 生活感のあるものは隠す。大きな棚をDIYしたので、見えるところはオシャレなものを置いています。 (30代/女性/公務員)
    • とにかく大量の本を収納できる壁いっぱいの本棚があることが理想だと思います。 (20代/女性/無職)
    • 自分の関心がある本や好きな本が並んでいて、落ち着きのある雰囲気が必要です。 (30代/男性/契約派遣社員)
    • 書斎はパソコンを良く行うのでネット環境が充実している事が大事です。 (20代/男性/会社員)
    • 机の上にいっさい何も置かないで、作業がしやすくなっているところ 。(40代/男性/パートアルバイト)
    • 特にありませんが、強いて言うなら自分の世界に入れるというか、ゆっくりできるというか。 (30代/男性/会社員)
    • パソコンとプリンタがそろっていて、プリンタとプリンタに使用する紙が使用しやすい位置にセッティングされていること。 (30代/女性/専業主婦)
    • ごちゃごちゃ物を置かず、自分の本当のお気に入りだけを置いたシンプルな空間。 (30代/女性/会社員)
    • 静かで、集中できる空間で、整頓されていてほしいものがいつでも手に届く場所にある。 (40代/男性/無職)
    • 日あたりがよくのんびりできる空間です。後は自分専用の椅子ですね。 (40代/女性/パートアルバイト)
    • まず、本のジャンル分けされた本棚にはこだわります。他に、書斎の落ち着いた雰囲気に照明をオレンジにしたりします。空間が大切なので空間作りにもこだわります。 (20代/女性/パートアルバイト)
    • 部屋にあまり物を置かず、本棚を本で埋め尽くさずに、すっきりさせていることです。 (30代/女性/無職)
    • 本棚です! 全集を並べても見劣りのしない、重厚な書棚が欲しいです……。 (40代/女性/会社員)
    • 広々とした環境ですね。本に圧迫されているという感じは嫌ですので。 (20代/女性/学生)
    • 自分にとっては毎日の仕事の場でもあるので、資料を大量に保管できるように立て付けの本棚を作ってもらった。 (40代/男性/自由業・フリーランス)
    • 書斎を持ってから20年。自分の机、ハイバックの椅子、蔵書5千冊の本棚。とにかく広さがなくてはだめだった。 (60代/男性/契約派遣社員)
    • 大きな本棚を置くこと。好きな漫画を誰にも邪魔されることなく、好きに見たいから。 (30代/女性/専業主婦)
    • 和室に文机、座布団、書棚、パソコンだけあれば十分です。不要なものは、すべて押し入れに収納します。 (40代/女性/パートアルバイト)
    • 落ち着いて、本が読めたりするように、身体にあった机と椅子は必須だと思う。あと広過ぎない方がいい。 (20代/女性/学生)
    • シンプルイズベストにして落ち着ける雰囲気にしてアロマを焚いてます。 (30代/男性/パートアルバイト)
    • 壁の上から下までの本棚です。耐震性も考えて突っ張りタイプの大容量、そしてすぐに本が落ちてこない扉つきです。地震大国ですから、とにかく安全性が一番大切です。 (40代/女性/専業主婦)
    • 本の著者ごとに並べ、背表紙をきれいに保っているところがポイントです。 (20代/女性/学生)
    • 書斎はないのですが、パソコンがストレスなく使用できる環境があればいいですね。 (50代/男性/専業主夫)
    • 落ち着く空間。自分の好きな物に囲まれて、集中できる落ち着く空間を重要している。 (30代/女性/専業主婦)
    • 本や辞書をたくさん置けるスペースを確保するために、天井から床まで収納出来るか本棚を特注で作ったところ。 (20代/女性/学生)
    • まだ書斎は完成していませんが、こだわりポイントは本棚ですかね。 (30代/女性/契約派遣社員)
    • 趣味の本や資料等が多くしまえ、使いたいものがすぐ取り出せるようにしています。 (20代/女性/専業主婦)
    • 今はないですが書斎がもてるなら、自分だけのスペースなので自分の好きなアンティーク家具で揃えたいです。 (20代/女性/専業主婦)
    • 椅子です。長時間座っても疲れることなく、逆にリラックスできる椅子です。 (40代/男性/会社員)
    • 本や資料の高さはきちんとあわせて見やすく整理整頓している。いらない書類は定期的に破棄してスッキリしている。 (30代/女性/自由業・フリーランス)
    • 狭い部屋で余計なものが無く自分の空間として落ちつく環境の部屋。 (30代/男性/会社員)
    • 書斎は静かな空間にしたいのでリビングやダイニングではなく寝室にあります。 (40代/女性/パートアルバイト)
    • 本とPCと音楽と、誰にも邪魔されない自分だけの空間が有るならば、それが一番幸せ。 (40代/女性/無職)
    • 隙間なく詰められた本棚で、その種類ごと分野ごとに分けられた棚を見て、感動してうっとりする。 (40代/女性/専業主婦)
    • 和室で畳のにおいが漂っている静かな場所で障子の戸が窓かドアにある。 (30代/男性/会社員)
    • 広さです。ゆっくりと寛げるだけの広さがないと、書斎じゃないですからね。 (40代/女性/会社員)
    • 自分が落ち着ける、ワクワクできる空間であるようにする。雑念かつ整然。 (20代/女性/自由業・フリーランス)
    • 特にありませんが、きちんと整理整頓をされているということだと思います。 (30代/女性/契約派遣社員)
    • すわり心地の良いちょっと高価な椅子を使ってリラックスして作業をしています。 (30代/男性/会社員)
    • 秘密基地的な狭さと自分のプライベートスペースの確保がこだわりといえばこだわり。 (30代/男性/会社員)
    • 対してこだわりはない。全体的に部屋とのバランスが良ければいい。 (20代/男性/学生)
    • こだわりはデスクです。パソコンも置けて、ノートなども置けて使いやすい。 (30代/女性/無職)
    • 私だけが分かる様なジャンル別に本が整理整頓されている所です。 (30代/女性/パートアルバイト)
    • 自分の肩よりも低い本棚を置くようにしている。東北の震災のあと、地震がきになるので、家具の転倒などが心配。本は地震のさいには凶器にもなりえると思う。 (50代/女性/専業主婦)
    • 書斎はやっぱり完全に一人になれる個室のような空間が必要だと思います。 (40代/女性/専業主婦)
    • 書斎には本をたくさんおけるような本棚とU字型の机を置くのがこだわりだ。 (20代/女性/学生)
    • 机といす以外は書棚のみ。書棚はすべて壁面収納。もしくはミニテーブルとイスで目の前に棚があって本が置けるもの。 (40代/女性/その他専門職)
    • ゲーテとトルストイならゲーテを先に、『ウェルテルの悩み』と『ファウスト』なら前者を先にするなど、著者の活動時期+著作の発表順で本を並べます。あとは大型本と文庫本は分けて並べるようにしています。 (20代/女性/無職)
    • 書斎というほどの部屋はないですけど本は横に並べるより縦に置いた方がたくさん置けます。 (50代/男性/会社員)
    • 書斎には机が中心にあり、座ったままに書類や資料を楽にとれることが理想です。 (40代/男性/自営業 ・個人事業主)
    • 書斎はもっていないけど、持つとするならば広々とした木製の机と座り心地のよい椅子。 (30代/女性/学生)
    • 書籍の内容ごとにジャンル分けし、必要なときにすぐに見つけられるようにしている。 (20代/男性/パートアルバイト)
    • もしも、書斎があるのであれば、机の前に大きな窓があり、遠くの綺麗な景色を見られるようにしたいです。目の保養の為です。 (50代/男性/自由業・フリーランス)
    • 書斎のこだわりは、辞典・筆記用具などの必要なものができる限り机の近く置くようにしています。そうすると、集中力が途切れずに没頭できるからです。わかりやすくいえば、ネットカフェの小さな空間にすべての必要なものが揃っているがこだわりです。 (20代/女性/契約派遣社員)
    • 現在はパソコンが主役になっています。必要な書籍は少ないので手の届く範囲に必要なだけ陳列し、パソコンでの作業の補佐にメモ書き出来るスペースを確保しています。 (40代/男性/契約派遣社員)
    • 本はジャンル別に並べる。全て取りやすい位置に置いてあり、本に陽が当たらないようにしてある。 (50代/女性/専業主婦)
    • 手に届く位置に必要なものが収納できること。動線を考えた配置。 (40代/女性/会社員)
    • やはりぱっと見てすぐに全体がわかるように、見た目や順番を考慮している。 (20代/男性/学生)
    • ある程度スペースがあり落ち着けること、外の景色を見て安らげること、静かな事などです。 (50代/女性/専業主婦)
    • いつも片付けて、すっきりとした空間をつくること。好きなモノしか周りに置かないこと。雑誌は気が散るから書斎には置かない。 (40代/女性/契約派遣社員)
    • 書斎のこだわりは静かなこと、狭くていいから居心地の良いこと。 (30代/男性/会社員)
    • 特にありませんがとにかく本を置くスペースをたくさんとりたいですね。 (10代/女性/学生)
    • うちには書斎がありません。そこに興味もないのでこだわりもありません。 (20代/女性/専業主婦)
    • 洋書の全集など、蔵書をしっかり充実させる。防音設備を充実させ、外の音が気にならないようにする。 (30代/男性/会社員)
    • 私は、うまくいくとストレス発散ややりがいがあるのでとても充実しています。 (20代/男性/学生)
    • 落ち着けるように原色系のものは置かない、照明は少しだけいいものを使っている。 (30代/女性/会社員)
    • 書斎は落ち着ける場所であり、居心地の良い所がポイントだと思います。 (20代/女性/パートアルバイト)
    • 照明、本棚、机、椅子。家具には気を使ってオシャレに統一感をだすこと。 (20代/女性/専業主婦)
    • 自分が座る場所から、ある程度の必要なものに簡単に手が届くような、こじんまりとした落ち着くところ。 (20代/女性/専業主婦)
    • ホットカーペットがあり、座ると暖かいこと。常に温かい飲み物を用意して机の前に座っています。セロテープやボールペン、裁縫道具などすぐに手の届く場所に置いています。 (40代/女性/専業主婦)
    • 種類別に本がならんでいることが書斎のこだわりポイントです。かなり本が多いこともです。 (40代/女性/自由業・フリーランス)
    • 色はもっぱらモノトーンでまとめる!落ち着いた環境作りをしています。 (20代/女性/専業主婦)
    • 落ち着いた雰囲気で、ゆっくりできる空間と広さがポイントです。 (30代/男性/会社員)
    • 書斎には、さまざまな本を整理して置くようにして、使いやすくしています。 (30代/男性/会社員)
    • 本以外置かないようにしています。いつもきれいにしておいて、寝転がってでも、椅子に座ってでも本が読めるように、本だけの空間に浸れるようにしています。 (20代/女性/学生)
    • パソコン用のチェアは大きめなものを選んだ。長時間リラックスできるように。 (40代/男性/会社員)
    • 自分が使用しやすくて、必要な書籍を取り出しやすいかどうかです。 (20代/女性/無職)
    • 周りはすっきりと余計なものは隠す。座りやすい椅子とすっきりとした机。 (30代/女性/専業主婦)
    • 本や文房具にいつでもすぐ手が届く配置にしている。あと椅子は腰によいもの。 (20代/女性/パートアルバイト)
    • リラックス出来、自分にとって居心地が良い空間で、秘密基地の様な部屋。 (50代/男性/自営業・個人事業主)
    • ゆったりと落ち着いて趣味や仕事に没頭できる様、座り心地の良い椅子を置きたい。 (50代/女性/パートアルバイト)
    • 書斎はなるべく落ち着いて仕事が出来るようにインテリアの色を暗くしています。 (30代/女性/専業主婦)
    • 私はパソコンやプリンタを使う機会が多いので、「広いL字型の机」にこだわっています。そして、ゆったりとリクライニングできる「椅子」です。 (20代/男性/学生)
    • 常に「うっすらほこり」がないように意識してこまめにダスキンしています。書斎は綺麗でないとダメ。 (50代/男性/契約派遣社員)
    • 本棚。本はカテゴリー、あいうえお順に並べる。他にもフィギュアやDVD、香水などお気に入りを飾る。 (20代/女性/会社員)
    • 使いやすく、落ち着いた空間であることが大前提です。そんなに広さにはこだわりません。 (20代/女性/会社員)
    • 部屋の中心に置いたソファーです。部屋全体を広く感じてリラックス出来る。 (30代/女性/パートアルバイト)

    アンケート実施概要

    ■調査地域:全国
    ■調査対象:年齢不問・男女
    ■調査期間:2015年03月25日?2015年04月08日
    ■有効回答数:100サンプル

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket