これぞ癒しの空間!? ガラス瓶の中の小さな世界「テラリウム」をつくってみた。

    これぞ癒しの空間!? ガラス瓶の中の小さな世界「テラリウム」をつくってみた。

    LINEで送る
    Pocket

    多肉植物やエアープランツが空前のブームです。そのかわいさは、あまり手もかからないわりにグリーンの存在感がしっかりとあり、生活に潤いを与えてくれるところにあるのかもしれません。寄せ植え、リースなどを素敵につくって飾るなど、インテリアとして定番のアイテムになりつつあります。

    ▼こちらの記事もおすすめ!
    インテリアとしても人気。多肉植物を育てよう!

    なかでも最近話題なのが、多肉植物やエアープランツで作る『テラリウム』。瓶のような容れ物に「多肉植物」「コケ」「石」「貝殻」などを入れ、“小さな世界を作る”というものです。

    ?インテリアにぴったり! 小さな世界「テラリウム」の魅力。

    kit02
    出典:www.ugm.tokyo

    テラリウムには自分の好きな世界観を作ることができます。例えば、旅行で拾った思い出の貝殻を入れてみたり、好きなキャラクターの小さなフィギュアを入れることもそのひとつ。

    最近では、「ライフスタイルに合わせてカスタマイズできるグリーン」をコンセプトにした《URBAN GREEN MAKERS》などのブランドも登場しました。テラリウムキットも販売しているので、初めての方はキットからスタートするのもいいかもしれません。

    初めてでも簡単! テラリウムを作ってみました。

    IMG_2225

    それでは、早速テラリウム作りにチャレンジしてみましょう!

    多肉植物の場合は「多肉植物専用土」などが必要なので、最初は土のいらないエアープランツがおすすめ。用意するものはこちらです。

    [1]瓶などの容れ物

    ジャムの瓶、メイソンジャー、小さな花瓶、コップなど何でも。今回はビーカーを使ってみました。

    IMG_2227

    [2]カラーサンド

    観葉植物用のカラーサンドを使います。いろいろなカラーがあるので、お好みで。

    IMG_2228

    [3]レインディア・モス

    北欧のツンドラ地帯でとれる、ふわふわのコケ。こちらはプリザーブド加工されたものです。レインディア・モスにもさまざまな色があるので、お好みにあわせて選んでください。

    IMG_2229

    [4]エアープランツ

    主役のエアープランツ、最近では100円ショップでも販売しています。小さめを探しているなら100円ショップのものがおすすめ。空気中の水分を吸収して成長しますが、定期的な水やりは忘れずに!

    IMG_2231

    [5]貝殻やフィギュアなど

    全体の統一感を損なわない程度に、好きなものを入れてみましょう。

    IMG_2232

     

    容器と入れるものさえ揃えば、ほぼ完成!

    アイテムを揃えたら、これらを順番に飾っていくだけ。

    手順1:瓶にカラーサンドを入れます。

    IMG_2233

    手順2:レインディア・モスを程よく置きます。

    IMG_2234

    手順3:お気に入りのアイテムを飾ります。

    IMG_2236

    手順4:最後に、エアープランツを入れてできあがり!

    IMG_2237

    レインディア・モスが余ったので、アンティークの菓子型に入れてエアープランツを置いてみました。こんな飾り方もかわいいかもしれません。

    IMG_2249

    インテリアに映える「テラリウム」、自由な発想で作ってみよう。

    いかがでしたか? 実際に作ってみても、思っていた以上に簡単でびっくりしました。 ナチュラルテイストのアイテムはインテリアにもよく映え、お部屋の雰囲気づくりには最適。つかわなくなったものや捨てようと思っていたものをもう一度見直して、カンタンDIYしてみるのもおすすめです。

    瓶の中に映画の世界観を作ってみたり、テラリウムネックレスを作ってみたり、まだまだ多肉植物ブームは終わりそうにありません。

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket