これであなたもお掃除マスター!? 100人の専業主婦・主夫に学ぶ「お掃除の裏ワザ」集。

    これであなたもお掃除マスター!? 100人の専業主婦・主夫に学ぶ「お掃除の裏ワザ」集。

    LINEで送る
    Pocket

    毎日のお掃除、「もっとラクにしたい」と感じていませんか?手間のかかるお掃除も、コツをつかんだりポイントを押さえたりするだけでぐんとラクになるもの。そこで今回は、思わず試してみたくなるお掃除のマル秘テクニックを探るべく、「こっそりやってる、お家のお掃除テクニックとは?」というアンケートをとってみました。

    ポイントは身近にあるものを利用する?

    アンケートの結果、たくさんの“専業主婦”から回答が寄せられました。中でも、「重曹」や「米のとぎ汁」「新聞紙」など身近にあるものを利用するという回答が多く見られます。

    重曹を使う。湯垢やシンク、コンロ、フライパンのこげ、ティファールなどあらゆる掃除に重曹を使ってます。(20代/女性/専業主婦)

    フローリングを米のとぎ汁で拭く・カーペットや絨毯をゴム手袋でこする・障子の黄ばみを大根おろしの搾り汁で拭くなど。どれも簡単でとてもきれいになります。(40代/女性/専業主婦)

    セスキ炭酸ソーダという洗剤を使っています。水に溶かして使うのですが、拭き掃除にもコンロの油汚れにも使えます。タンパク汚れにも強いので、洗濯の浸け置き洗いにも便利です!!(20代/女性/専業主婦)

    グリルを洗うときに水と片栗粉を混ぜてそれを流し入れて一時間ほど放置しその後固まったのを剥ぐ(20代/女性/専業主婦)

    毎日洗濯をしていますが、洗濯層の汚れが見えない分気になるので、お水をいっぱいにしてお酢を200cc入れ一晩おきます。朝、洗濯層を見ると汚れが浮いてます。そのまま洗濯機をまわすときれいに掃除ができます。(30代/女性/専業主婦)

    新聞紙を濡らし、床にちぎって散らかします。それから床をはくと隅々まで小さなホコリも取れます。(20代/女性/専業主婦)

    多くの主婦が身の回りにあるものを賢く利用して、お掃除に役立てていることが分かります。キッチンの油汚れも、リビングのフローリングも、毎日の洗濯に使う洗濯機の中も、お酢や米のとぎ汁など体に優しくお金のかからないものを使ってキレイにしている点が、主婦ならではのポイントのようです。特別な洗剤などを用意するためにわざわざ買い物に出る必要もなく、汚れが目に付いたときに思い立ったらササッとできる、忙しい現代人にとってさっそく試してみたくなるようなアイデアが数多く挙げられました。

    ※全回答はページ下部に掲載しています。

    裏ワザやテクニックで、賢く楽しくお掃除を!

    お掃除のやり方はそれぞれに違うものかもしれませんが、どうせならちょっとした裏技やテクニックを使って、楽しくお掃除をしたいですよね。今回のアンケートでは、普段目にしている家庭にあるものを利用して、キッチンや床掃除・洗濯槽まできれいになることがわかりました。化学成分が含まれていない体に優しいものを使っているところがさすが主婦の知恵だとうなずけます。あなたも、これらのお掃除テクニックを拝借して、便利に楽しくお掃除を実践してみてはいかが?

    アンケート実施概要

    • 調査地域:全国
    • 調査対象:年齢不問・男女
    • 調査期間:2015年06月05日?2015年06月19日
    • 有効回答数:100サンプル

    全ての回答者の声

    • 旦那の汚くなった衣類は雑巾として思いつく限りの汚い場所を掃除してすてます。色んな意味ですっきり?(20代/女性/専業主婦)
    • 油ものの汚れが衣類についた時は、メイク落としでこするとよく落ちる。(30代/女性/専業主婦)
    • お米のとぎ汁でフローリングの床磨きをしています。毎日やればワックスがけ要らずです。(30代/女性/専業主婦)
    • 網戸掃除のとき、マンションということもあり外してやるのが大変なので、設置した状態で軽く掃除機をかけ、その後拭き掃除をしている。(30代/女性/専業主婦)
    • 100円ショップで売っている三角コーナー専用の網状の袋をお風呂の流しに付け、髪取りにも利用しています。(30代/女性/専業主婦)
    • 掃除機をかける前にクイックルワイパーみたいなのに濡れ雑巾をつけて拭いてから掃除機をかけます。(30代/女性/専業主婦)
    • 松井棒って流行りましたよね。結構使えます。シンクの汚れなど、角取りにくい汚れが取りやすいです。(50代/女性/専業主婦)
    • つい後回しになってしまうお風呂場のお掃除を入浴時にヘアートリートメントをつけて数分待っている間に済ませます。濡れることを気にしなくて良いので、気楽に済ませられています。(30代/女性/専業主婦)
    • 毎日の掃除機かけを徹底することです。テクニックがない分、回数でごまかすしかありません。(30代/女性/専業主婦)
    • お風呂のふたのカビはキッチンハイターを振りかけて一晩おくと真っ白になります。(40代/女性/専業主婦)
    • 紅茶を入れた時には、使い終わったティーバックでコンロなどの油汚れを掃除するようにしています。そのあとふき取るとよく落ちます。(20代/女性/専業主婦)
    • トイレの後に、トイレー用洗剤を便器に振り撒いておく。臭い消しと便器の黄ばみ防止です。(40代/女性/専業主婦)
    • トイレや部屋、玄関などの家中のドアを気が付いた時にアルコール除菌のウエットティッシュでふいています。(30代/女性/専業主婦)
    • 家の掃除は毎日の事なので、忙しかったり時間があまりない時には、スリッパの裏がモップになっているスリッパですべって床をふく。けっこうゴミやホコリがとれ、きれいになるし掃除機をだしたりかけたりする手間がはぶけます。(30代/女性/専業主婦)
    • テクニックというまでのことではないが、隙間にたまる埃は、100円ショップで購入した隙間モップを使用して取り除いている。(30代/女性/専業主婦)
    • 掃除機を出して家中かけるのが面倒な時は、見えるゴミだけ、クイックルワイパーとコロコロで済ませちゃってます。(20代/女性/専業主婦)
    • 新聞紙を濡らし、床にちぎって散らかします。それから床をはくと隅々まで小さなホコリも取れます。(20代/女性/専業主婦)
    • 拭き掃除にトイレットペーパーを使っていること。汚れのまま流せるので楽チンです。(30代/女性/専業主婦)
    • 掃除機の調子が悪いのとかけるのが苦手なので、クイックルワイパーや雑巾で掃除していますが、掃除機よりすっきりします。(30代/女性/専業主婦)
    • セスキ炭酸ソーダという洗剤を使っています。水に溶かして使うのですが、拭き掃除にもコンロの油汚れにも使えます。タンパク汚れにも強いので、洗濯の浸け置き洗いにも便利です!!(20代/女性/専業主婦)
    • 使い古しの布をワイパーにつけて気部いたとき掃除をする股使い古しの靴下を手にはめて汚れたところを拭く。(50代/女性/専業主婦)
    • お風呂上がりや顔を洗った時にでた濡れタオルで洗面台のガラスをふく。(40代/女性/専業主婦)
    • 重曹を使う。湯垢やシンク、コンロ、フライパンのこげ、ティファールなどあらゆる掃除に重曹を使ってます。(20代/女性/専業主婦)
    • 使い終わった麦茶のパックで、排水口やシンクの掃除をしています。(40代/女性/専業主婦)
    • 使わなくなった歯ブラシで、お風呂の排水溝の細かいところをごしごし掃除する。(30代/女性/専業主婦)
    • ちょっと汚いかもだけど、洗面台はスポンジで洗う前に掃除機で吸わせて髪の毛などをすっきりさせる。(20代/女性/専業主婦)
    • 換気扇は最初から厳重にカバーなどをつけて汚れをつけないようにする。そうすると掃除をしないでカバーを変えるだけでいいから、楽。(40代/女性/専業主婦)
    • こっそりやってることはないですが、テキトーに掃除しています。気が付いたらホコリなど拭いています。(40代/女性/専業主婦)
    • セスキソーダを使ったり、雑巾バケツにアロマオイルを入れて香りを楽しんでいる。(40代/女性/専業主婦)
    • 畳のカビにまずエタノールをかけて、しばらくしてからふき取る。それでも色がおちなければ、衣類用の漂白剤を少しつけて拭いたあとから拭きをする。(30代/女性/専業主婦)
    • 基本的に、使用のたびに綺麗にする。トイレは用をたしたらブラシでこすって、ペーパーでさっと拭く。キッチンは調理したらガス台と周りの壁を拭いて、洗い物が終わったらシンクと排水溝を軽くこすって流す。風呂は出るときに湯を落としながらスポンジでこすって、流して換気。部屋はほこりや汚れに気が付いたら拭く。(30代/女性/専業主婦)
    • キッチンやコンロの周りの油汚れには、米のとぎ汁を使って磨いたり洗ったりしている。べとべとが落ちる気がする。(20代/女性/専業主婦)
    • 我が家では、電解水溶液(水の激おちくん等)が大活躍です。木製の所には使えませんが、キッチン、リビング、お風呂、、どごでも吹きかけて掃除しています。特にトイレは、おしっこの匂いも取れるので重宝しています。(30代/女性/専業主婦)
    • ながら作業です。階段の昇り降りには ティッシュ片手に階段を拭き掃除したり、トイレ掃除も用を足すついでにいつもこまめに拭き掃除してます。何かのついでに見えるところをほこり拭き掃除したり、いつも気にかける事で随分 時間も短縮できて楽に掃除もはかどります。(50代/女性/専業主婦)
    • IH調理機を使っていますが、吹きこぼれなど汚れたらすぐに拭くようにしています。その為にいちいち台拭きを使わず、ボロ布をカットした物を大量に作っておき、それを使い捨てにしています。洗う手間が要らずすぐに綺麗になるのが良いです。(40代/女性/専業主婦)
    • お風呂や洗面所台所などの水回りは、水垢がつかないよう拭き掃除をしている(40代/女性/専業主婦)
    • 歯ブラシで窓のさんや排水溝、レンジ周りなどの細かいところの掃除をしている。綺麗に落ちるのでオススメ。(30代/女性/専業主婦)
    • 毎日洗濯をしていますが、洗濯層の汚れが見えない分気になるので、お水をいっぱいにしてお酢を200cc入れ一晩おきます。朝、洗濯層を見ると汚れが浮いてます。そのまま洗濯機をまわすときれいに掃除ができます。(30代/女性/専業主婦)
    • 掃除機は消毒スプレーで一面を霧吹き状にして湿らせてティッシュなどでふいてからかけるようにしている。ホコリも舞わないしダニもちゃんと掃除できると聞いたので。(30代/女性/専業主婦)
    • ハウスクリーニングの社長に教えていただいた「サッシべら」という道具がありまして、それに雑巾をくるむようにして、90度にあてて家中の角っこを拭きます。四角い角を四角く、拭き残しなく拭くことができます。(50代/女性/専業主婦)
    • 棚などの角など掃除しにくい部分は綿棒に水をつけて綺麗にしています。(20代/女性/専業主婦)
    • 100均に売っている水のいらないスポンジでどこでも掃除する。本当に万能で安くて、すごく便利。水道の蛇口や水回りは当たり前だが、木の机に付いた油性ペンや鉛筆の汚れ、簡単なシミなら水を少しつけて軽くこすれば落ちる。(30代/女性/専業主婦)
    • テクニックというか、気になったら掃除する!コツコツやることが肝心だと思います。(20代/女性/専業主婦)
    • テクニックといえるかどうか、フライパンを使った後は、洗う前にまずボロ布で油とかを拭い取ります。こうすると下水が幾分油まみれから守られます。(50代/男性/専業主夫)
    • 大容量の使い捨てビニール手袋と、同じくたくさん入ってて安く買えるスポンジを半分くらいに切ったものを使って排水口の掃除をします。掃除が終わったら手袋を裏返すように外してスポンジを包むようにしてそのままゴミ箱へ。汚いものを触らずに済むし、毎回使い捨てにすれば掃除道具のばい菌の繁殖なども気になりません。(30代/女性/専業主婦)
    • 使い古しの歯ブラシをとっておいて、細かいところは歯ブラシを使う。(30代/女性/専業主婦)
    • 気がつたときに掃除できるように、浴室、洗面所、キッチンのシンク周りなど汚れやすいところに掃除用のスポンジを置いておく。(50代/女性/専業主婦)
    • ドリップ後のコーヒーの粉で、フライパンを予洗いしています。油汚れが落ちて、洗剤をあまり使わずに済みます。(40代/女性/専業主婦)
    • お風呂の溝やパッキンは使い古した歯ブラシを使って掃除をしています。(20代/女性/専業主婦)
    • 貯めこまないことです。気になったらすぐにかたずける、掃除する、掃除を楽にする一番の方法です。(50代/女性/専業主婦)
    • 台所の排水口に、アルミホイルを丸めていれておくとぬめりがとれます。(30代/女性/専業主婦)
    • 台所やお風呂など、水回りの掃除には力を入れています。ペットボトルに装着して使えるタイプのジェットスプレーで汚れを落としてから、洗剤などを使うようにしています。(20代/女性/専業主婦)
    • お風呂の掃除と窓拭きには台所洗剤を使っています。100円ショップなどで売っている界面活性剤の濃度が薄いものを、泡立たせないためにさらに水で薄めて使います。汚れ落ちがよく、ぴかぴかになります。(50代/女性/専業主婦)
    • ○○するついでに○○する!を心がけています。例えば、飲み物をキッチンにとりにいくついでに食器を洗う。ゴミを捨てに行ったついでに玄関の掃除をする。洗濯物を干すついでにベランダを掃除するなどです。そうすることで、いざ掃除!と意気込まないので自分の好きなときに気楽にさまざまな場所を掃除できます。(20代/女性/専業主婦)
    • はたきを使って高いところのほこりを落としてから、掃除機をかける。そのあとフローリングはぞうきんがけ。(50代/女性/専業主婦)
    • とにかく 擦ります!クエン酸などを駆使して すみずみまで 家族はきっと知らないだろうな…(20代/女性/専業主婦)
    • 掃除機をかける日と、ほこりを取る日を分けています。ほこりは叩きでは落とさず、吸着させて取る方法にしていますので問題ありません。(40代/女性/専業主婦)
    • 歯磨きをしながら洗面所を掃除したり、お風呂を入れる直前に洗ったり、わざわざ時間を取らずに、掃除することです。(30代/女性/専業主婦)
    • IHクッキンヒーターには普段IH用専用マットを敷いていますが、それでも汚れがつきます。そんな時は、サランラップに洗剤(クリーム状のもの)をつけて磨くと綺麗に落ちます。(50代/女性/専業主婦)
    • チョコチョコ掃除です。汚れが溜まる前にちょっと拭き取ったり、目に付いたら掃除するなどです。(40代/女性/専業主婦)
    • 洗面台の周りは、選択する前のタオルで磨いてから洗濯機に放り込みます。お風呂の湯船も、自分が使った後には側壁をこすってざらつきを全部ふき取ります。それだけで汚れの蓄積はまったく違ってきます。(40代/女性/専業主婦)
    • お風呂のカビ防止のために、毎日、その日の最後にお風呂に入る人が、きれいにシャワーをかけた後に、水滴をなくすために、モップでふき取っています。おかげでお風呂はカビ知らずです。(40代/女性/専業主婦)
    • 階段を上る時、2階に行くついでに段の隅にあるゴミをかきだす様にティッシュで拭いてしまっています。(40代/女性/専業主婦)
    • 油性マジックなどのなかなか落ちない汚れは化学スポンジでとることができる。(30代/女性/専業主婦)
    • キッチンの排水口のカビ取りは泡を使っても、泡が下に流れ落ちてしまうから、ティッシュを一緒に貼り付けてその場に維持させてカビ取りしている。(20代/女性/専業主婦)
    • いつも目についたらすぐ行うテク!歯磨きしているときには洗面台をこすったりお風呂でトリートメントなどしているときは時間を置かなきゃなので目についた赤カビなど撃退しています。?ながらお掃除テク!です。(20代/女性/専業主婦)
    • 重そうとお水をまぜたものをスプレーボトルに移して汚れの気になる所へかけて雑巾でふきとります。(30代/女性/専業主婦)
    • グリルを洗うときに水と片栗粉を混ぜてそれを流し入れて一時間ほど放置しその後固まったのを剥ぐ(20代/女性/専業主婦)
    • 洗剤のかわりに、重曹を使用して色々な場所の掃除をしています。(30代/女性/専業主婦)
    • フローリングを米のとぎ汁で拭く・カーペットや絨毯をゴム手袋でこする・障子の黄ばみを大根おろしの搾り汁で拭くなど。どれも簡単でとてもきれいになります。(40代/女性/専業主婦)
    • 使い古したストッキングで掃除機では吸い取れないほこりを取っています。(20代/女性/専業主婦)
    • 汚れた鏡を拭くときは折った新聞紙を水で濡らしてから拭くと綺麗に落ちる(30代/女性/専業主婦)
    • 穴のあいた下着でホコリとり。お風呂のあとは壁などカビの生えやすいところに熱湯をかける。(20代/女性/専業主婦)
    • いらなくなった新聞紙をおふろの残り湯でつけて湿らせ、フローリングに細かくしてまいて、ほうきで掃除する。新聞紙も利用でき、ほこりも舞いあがらないですっきりする。(60代/女性/専業主婦)
    • あまり掃除が得意ではないので、驚きのテクニックとは言えないのですが、グリルと換気扇掃除の際は重曹をといたお湯に浸けてから磨きます。(30代/女性/専業主婦)
    • 排水溝などの掃除に専用のブラシを購入せず、家族が使い終わった歯ブラシを使う。(40代/女性/専業主婦)
    • お風呂、洗面所、台所などは使い古しの歯ブラシで掃除してます。(20代/女性/専業主婦)
    • 雑巾は要らなくなった服を適当な大きさに切って、使い捨て感覚で使っています。そのまま捨てるより罪悪感ないし使ったらすぐ捨てられるので楽でいいです。(40代/女性/専業主婦)
    • お酢で蛇口を磨いてピカピカにします。新聞紙で鏡をピカピカに磨きます!(40代/女性/専業主婦)
    • 洗濯時、かびがはえてしまったことに気づいたタオルをそのまま雑巾にして、あちこち拭き掃除をします。適度に濡れているので使いやすいです。(40代/女性/専業主婦)
    • 窓を水ぶきした後に新聞紙でもう一度ふき取ると汚れがよく落ちる(30代/女性/専業主婦)
    • まとめてやらず、毎日使うところはその時に片付け掃除をする拭き掃除は汚れてなくても毎日する(30代/女性/専業主婦)
    • こっそりというわけではないですが、ラップでシンクまわりを洗うと洗剤が無くても綺麗に落ちます。使い終わったもので充分なので、洗い物のついでとかにやりやすいです。(20代/女性/専業主婦)
    • 洗面台や、キッチンで水が飛び散ったら、水拭きのチャンスとして、周辺を一括拭き掃除。逆に普段はあまりやりません。(30代/女性/専業主婦)
    • 重曹を水で溶かしたものを霧吹きに入れいろいろの場所で使用しています。簡単に窓のふちの汚れがとれ重宝しています。(20代/女性/専業主婦)
    • こっそりではないですが、洗う前の使用済みタオルで洗面台のあちこちを毎日掃除します。雑巾をすすぎ洗う手間省きです。(40代/女性/専業主婦)
    • TVでやっていたので有名になっていますが、ハンガーに要らなくなったストッキングを被せて狭い場所のホコリ取りに使っています。結構ごっそり取れます。(30代/女性/専業主婦)
    • 子どもの出産祝いでもらったおしり拭きを床やテーブルを拭くのにも利用している。(30代/女性/専業主婦)
    • クイックルワイパーをするとき、勿体ないので両面使っていること(30代/女性/専業主婦)
    • 選択が終わったあとにさっと床をはく。意外と糸屑や髪の毛が落ちるので。(20代/女性/専業主婦)
    • 米のとぎ汁で拭き掃除をする みかんの皮でシンクや鏡を磨く器のトレーでコップや皿の汚れを落とす(20代/女性/専業主婦)
    • お風呂の赤カビが出たときは市販のお風呂の漂白剤では 金額が高いので、台所用の漂白剤を薄めて使うことです。こちらの方が安いし意外と赤カビが取れます。(30代/女性/専業主婦)
    • 子供のくつしたを手洗いしたついでに、洗面所をその靴下で洗ってしまう。両方ピカピカ。(30代/女性/専業主婦)
    • 歯ブラシをよく活用します。特に台所は歯ブラシを使ってきれいにしています。(40代/女性/専業主婦)
    • 水分を含んだ生ゴミは広告にくるんですてる。大掃除の時などは松井棒をつかって掃除する。(20代/女性/専業主婦)
    • 使い終わったラップ(汚れが着いてなければ)でガス台周辺をこすって油汚れを落としてます。(40代/女性/専業主婦)
    • とにかく部屋の隅を掃除する。 ホコリがたまるところには必ず虫がわく。(30代/女性/専業主婦)
    • 普段掃除機は使わずに、クイックルワイパーなどで簡単に済ませています。掃除機を毎日はしんどいですから。(30代/女性/専業主婦)
    • 寝る前にトイレに行ったときにトイレクリーナーで便器と床をさっとひとふき。(60代/女性/専業主婦)
    • お風呂の排水口は毛が絡むのは嫌なので排水口ネットと、一人一人出る度にマメに毛はとっています。(30代/女性/専業主婦)

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket