LDKは広く、それぞれの個室も欲しい―夫婦2人にジャストフィットなリノベ空間。

    LDKは広く、それぞれの個室も欲しい―夫婦2人にジャストフィットなリノベ空間。

    LINEで送る
    Pocket

    フルリノベーションにより、お住まいのテイストを一本化。

    築19年、一般的な長方形のマンションをフルリノベーションしたこちらのお住まい。「これからの人生をよりゆたかにしたい」というご夫婦の希望が叶えられた、明るさに満ちた空間が広がっています。

    間取り図

    元は2LDKで和室が1部屋あった間取りを、洋のテイストで統一した2LDK+ウォークインクローゼットに変更。ホワイトとライトウッドをメインにしたことで、シンプル&ナチュラルなお住まいに生まれ変わりました。

    ジャストフィットを目指して、スペースを有効利用。

    リビング

    「小さくても夫婦ごとの個室がほしい」というご希望通り、2つの洋室をしっかり確保した上で、LDKのスペースを最大限に。デッドスペースのない使いやすい長方形の間取りと、どこにいても光を感じられる空間が実現しました。

    引き戸

    出入り口を引き戸にして、開口を目一杯広げたところが大きなポイント。広々と感じられるだけでなく、お住まい全体の風通しも格段に良くなっていますね。

    キッチンは元のセミクローズドから、オープンな対面キッチンに。ダイニングテーブルとして使えるカウンターを取り付けたことで、スペースの有効利用にもつながりました。

    ▼リノベーション後
    キッチン(アフター)

    家具を最小限にしてスッキリ暮らす、という選択。

    すっきりとした空間

    全体を見ていただくとお気づきになると思いますが、こちらのお住まいには大きな家具がありません。収納はすべて造り付け収納とウォークインクローゼットに集約したため、お住まい全体がスッキリした印象に。照明についても、ほぼすべてが天井に埋め込む形のダウンライトになっています。

    エントランス

    段差のないフラットな床面や、無駄のないゆったりした洗面スペース・玄関スペースも、「スッキリした暮らし」を象徴しているかのよう。スタイリッシュなだけでなく、非常にシステマティックで計算されたリノベーション例と言えるでしょう。

    物件データ

    ▼リノベーション前
    間取り図(ビフォー)

    ▼リノベーション後
    間取り図(アフター)

    • 築年数(完工時):築19年
    • 面積:65?
    • 間取り:2LDK→2LDK + ウォークインクローゼット
    • 構造:RC造
    • 場所:大阪市城東区
    • 家族構成:ご夫婦

    ギャラリー

     

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket