間取りの変化を見れば歴然。空間に“回遊性”をもたらすリノベーション。

    間取りの変化を見れば歴然。空間に“回遊性”をもたらすリノベーション。

    LINEで送る
    Pocket

    自由なレイアウトが肝!家族が楽しく過ごせるオープンな空間。

    デザイナーズマンションのような、スタイリッシュな内装が目を引くこちら。築19年のほぼ正方形のマンションの一室が、個性あふれるお住まいに変貌を遂げました。

    間取り図

    元は洋室と和室が混在した一般的な3LDKでしたが、リノベーション後は2LDK+DEN(デン:書斎・趣味のための空間)+WIC(ウォークインクローゼット)+SIC(シューズインクローゼット)に。間取りを見ていただくとおわかりのように、壁を最小限に留めた、自由なレイアウトが実現しています。

    玄関からLDK、子ども部屋、ワークスペースはひと続きに。それぞれをゆるやかに仕切りながら、回遊性・採光・風通しに優れた空間に仕上げているのが最大のポイント。3人のご家族がどこにいてもお互いを感じながら生活できる、アイディア満載のリノベーション例となりました。

    板壁やコンクリート……それぞれの質感が奏でるハーモニー。

    美しい曲線をえがく「間仕切り」

    エイジング加工を施した白い壁

    プライバシー性の高い寝室とウォークインクローゼット、サニタリースペースには、曲線の美しい間仕切りを。エイジング加工をほどこした白の板壁が、ナチュラルな味わいをプラスしています。

    床を含めて内装はほとんどを白で統一。天井と梁、一部の壁にはコンクリートのラフな質感を残してメリハリを出しました。

    リビングは天井をコンクリートむき出しに

    さわやかなモノトーンの内装に、カラフルなインテリアが映えて楽しげな雰囲気。リビング内の土間コーナーにディスプレイされたロードバイクもアクセントになっていますね。

    リビングの一部に土間スペースを

    工夫をほどこした適材適所の収納が、スッキリ空間の鍵。

    オープンな空間でありながら雑然とした印象がないのは、収納にポイントがあります。寝室に隣接したウォークインクローゼット、ワークスペースの壁際の本棚など、適材適所に十分な収納が。

    ワークスペースには大ぶりの書棚を設置

    キッチンでは冷蔵庫と収納スペースに目隠しをする工夫も。

    収納をうまく隠したキッチン

    このように暮らしにぴったりとフィットする様々なアイディアは、リノベーションならではの醍醐味。「暮らしを楽しみたい」、そんなご家族の気持ちを代弁したお住まいが完成しました。

    物件データ

    r53-before

    r53-after

    • 築年数(完工時):築19年
    • 面積:87.36?
    • 間取り:3LDK → 2LDK+ウォークインクローゼット+シューズインクローゼット+DEN(書斎・趣味部屋)
    • 構造:RC造
    • 場所:東京都新宿区
    • 家族構成:ご夫婦+お子様

    ギャラリー

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket