いぬ派 VS ねこ派!家の中で飼うならどっち?

    いぬ派 VS ねこ派!家の中で飼うならどっち?

    LINEで送る
    Pocket

    ペットとして人気の高い「いぬ」と「ねこ」。世間ではどちらが好きか、いぬ派 VS ねこ派の討論が繰り広げられることもありますよね。「飼い主に忠実で人懐っこいいぬが好き」という人もいれば、「ねこの自由気ままさが良い」という人もいるでしょう。もちろんどちらかをすでに飼っているという人もいるはずです。ペットと暮らす家を考えた時、こんな設備があったらいいな…と想像したりすることもあるかもしれません。そこで今回は、『家の中で一緒に生活するなら「いぬ」と「ねこ」どちらを飼いたいか』、さらに『一緒に暮らす上でどんな家が理想か』、アンケートをとってみました。

     

    【質問】
    家の中で飼うなら、ねこ派、それともいぬ派?

    【回答数】
    ねこ:41
    いぬ:59

    いぬ派が6割!いぬと一緒に暮らす家、理想のイメージは?

    いぬを家の中で飼いたいと考える人の方がわずかに多く6割ほどでした。いぬと一緒に暮らす家はどんな家が良いと考えているのでしょうか?

    お庭が広くて、ペットも快適に暮らせる住まいなら、よりのびのび生活できると思う。(20代/女性/学生)

    人のスペースとペットのスペースがハッキリと分かれていて、ペットの排泄物スペースが外にあり衛生的によい環境が作られている家。ペットが人と触れ合う空間のある家。(50代/女性/専業主婦)

    犬が自由に遊べるように広々としたリビングにトイレスペースがある家。(30代/女性/専業主婦)

    壁紙が破れにくい。床に傷が付きにくい。リビングから庭全体が見渡せ、庭ドッグランになる家。(40代/女性/専業主婦)

    水場のある中庭があり、家の中と外がたやすく行き来できる構造の家。(40代/女性/パートアルバイト)

    いぬを飼って一緒に暮らす家を考えた時、庭やリビングが広いことを望む人が複数見受けられました。いぬが自由に走り回れるスペースがあれば……ということでしょう。また水場やいぬ専用の排泄スペースが確保できれば便利で、なおかつ衛生面にも配慮できるのかもしれません。さらに人とペットのスペースを明確に分けたいという声も見られました。

    ねこと暮らす家、そのポイントは…?

    一方、ねこを飼いたいという人も4割います。ではねこと暮らすのに理想の家とは?

    ペットが暮らしやすい家。例えば、猫が、部屋と部屋を行き来しやすいよう、猫専用のドアを作ったり、キャットウォークを作ったりする。(50代/女性/無職)

    ペットの体調を考えると、空調がしっかりした家がよいと思います。買い物などで家を空けるときは、施錠をして(窓を閉めて)出掛けるので、すぐに室温が上がったり下がったりしてしまいます。安心して出掛けられると、ペットに無理をさせず、暮らしやすくなると思います。(30代/女性/公務員)

    人にとってだけでなくペットにも快適な家。例えばネコを飼う場合、ネコは高い所で過ごすのが好きなので、上下移動が十分にできるようキャットタワーやキャトウォークなどを準備してやると良いと思う。(30代/女性/専業主婦)

    壁を猫がおもいきり爪とぎしても、ぼろぼろにならずわからないようなクロス。(50代/女性/無職)

    ねこと一緒に暮らす家を考える場合、専用のドアを設置するなど家の中でねこが自由に行き来できるような造りが必要という意見が見られます。また複数の回答に見受けられたように、高いとこに登るという習性に対応するため、キャットタワーなど縦の動きができる空間づくりを心がけることも重要。そしてもうひとつ、ねこの爪とぎ対策に気を配る様子もうかがえますね。

    いぬとねこ…それぞれの習性や動きを考慮した家づくりで快適に

    今回家の中で飼うなら「いぬ」という人の方がわずかに多い結果でしたが、ねこを飼いたいという人もそれに劣らないくらいです。いぬならば駆け回れる広々とした庭やリビング、ねこならば高いところでくつろげる造りなどそれぞれの特徴や習性を考えた家づくりのアイデアが挙げられています。またどちらにも共通することかもしれませんが、ペットを置いて留守にすることもあると考えると、空調など家の中の快適さも大切なポイントとなるでしょう。もちろん衛生面にも配慮が必要でしょうし、人間はもちろんいぬ・ねこそれぞれが過ごしやすく、日常の生活がしやすい動線も考えた空間づくりが大切なのかもしれませんね。

    アンケート実施概要

    ■調査地域:全国
    ■調査対象:年齢不問・男女
    調査期間:2015年07月20日?2015年07月31日
    ■有効回答数:100サンプル

    全ての回答者の声

    【いぬ】

    • リビングが広くて、常にペットと一緒にいられる環境が良いと思いました。(20代/女性/契約派遣社員)
    • どんな家と聞かれると難しいけど、家族で飼うなら誰か必ず居るようにして淋しい思いをさせないで済むようにしたい(20代/女性/会社員)
    • 戸建てで庭もあって植木もあって日当たりも良い明るい家だといいと思う。(50代/女性/専業主婦)
    • お庭のあるお家なら、ペットと安全に遊べて、暮らしが豊かになると思います。(20代/女性/専業主婦)
    • ペットが自由に室内外に出入りできるような家がペットにとってストレスが少ないと思います。(30代/女性/自営業・個人事業主)
    • 散歩から帰ってきたら、外に足洗い場があったり、犬専用のものがある家。(50代/女性/無職)
    • どっちも好きだけど、どっちも抜け毛や様々な大変さがありますね。犬猫の出入り口はカギがかけられるといいなと思います。蛇や虫が入ってこられると困るので。あとは、物が収納できて掃除しやすければ助かりますね。ゴキブリの薬とか食べられると困るから、ペットにも安全でいてほしい。(40代/女性/無職)
    • 家の問題より、どんな家でも気持ち次第で豊かになると思います。(20代/女性/パートアルバイト)
    • 水場のある中庭があり、家の中と外がたやすく行き来できる構造の家。(40代/女性/パートアルバイト)
    • 犬は番犬にもなるから。より強い番犬を飼いたいです。物騒だから。(20代/男性/パートアルバイト)
    • 隣家となるべく10メートル以上離れて建っている家で、近くに車道が少なく散歩しやすい所が良いです(40代/女性/契約派遣社員)
    • 犬専用の部屋があって、犬専用のトイレが部屋の中にあり、飲み取りなどを設置できる家。(40代/女性/専業主婦)
    • いぬを飼う専用のスペースが余裕を持ってとれる家であればいいと思います。(50代/女性/専業主婦)
    • 大きくてペットにとって安らげる家であれば、いいのではないでしょうか。(30代/男性/自由業・フリーランス)
    • フローリングの広いリビングがあれば放し飼いにして楽しくこらせそうです(20代/女性/専業主婦)
    • 広くて見渡しが良く、冷暖房を完備している家が良いと思います。(20代/女性/会社員)
    • 人のスペースとペットのスペースがハッキリと分かれていて、ペットの排泄物スペースが外にあり衛生的によい環境が作られている家。ペットが人と触れ合う空間のある家。(50代/女性/専業主婦)
    • 防音で段差が少ない家です。庭が整備されていると外でも飼えて安心です。(20代/女性/専業主婦)
    • 自分の言う事を聞くので、気持ちが良いですし、可愛いと感じています。(30代/男性/会社員)
    • 猫は家をボロボロにするイメージやトイレ臭いイメージがあるからです。(30代/女性/無職)
    • ペットにもよりますが、運動不足ならないように工夫がほどこされた家がいいと思います。(40代/女性/自由業・フリーランス)
    • いぬやねこの鳴き声で近所から苦情が来ることがよくあると聞くので、広い家でないと安心してペットを飼えないと思います。(30代/男性/パートアルバイト)
    • 和室は障子や畳を汚される心配があるため、洋室のほうがよりおおらかな気持ちでペットと過ごせると思います。(30代/女性/専業主婦)
    • 可動域の広い家だと、ペットが運動不足にならなくていいのではないでしょうか。(40代/女性/自由業・フリーランス)
    • 大きい庭付きの家が理想だが、小さくても和室のない家ならいいです。(30代/男性/会社員)
    • イヌは賢いし落ち込んでいる時は空気を読んで励ましてくれるから(30代/男性/自営業・個人事業主)
    • ワンコがいい。猫は気まぐれな子が多いから。ワンコは愛くるしいです。小型犬で(30代/女性/パートアルバイト)
    • 猫は家の中だと壁とか色々な所を引っ掻いてしまいそうだから部屋が汚れそう。(30代/女性/会社員)
    • 猫は爪を研いだりして傷をつけるし、高いところに登って物を落とされそうだからいぬがいい。(40代/女性/専業主婦)
    • ペット用の部屋がひと部屋あるような家、庭が広い家がならより豊かになると思う。(30代/女性/専業主婦)
    • 犬が自由に遊べるように広々としたリビングにトイレスペースがある家。(30代/女性/専業主婦)
    • いぬのほうが、おりこうで、飼い主の言うことを聞くのでは・・・(40代/女性/会社員)
    • 庭付きの一軒家です。ペットも自由に動き回ることができる広い室内と外で遊ぶのにちょうどいい庭があるといいと思います。(40代/女性/パートアルバイト)
    • 家の中である程度動けるような広さや階段、庭があるとペットも家の中でもストレスなく快適に過ごせると思う。(30代/女性/契約派遣社員)
    • 懐いてくれるので、飼ってておもいしろいと思うし、サイズも選びやすいから(20代/女性/自営業・個人事業主)
    • どちらも嫌ですが、強いて言えば犬かなと。ねこは色んな所の上に乗ってしまうので、毛が落ちまくって嫌です。(30代/男性/自営業・個人事業主)
    • どんな動物でも、自然の多い場所であればペット達のストレスも軽減され、暮らしが楽しく豊かになるかと思います。(20代/女性/会社員)
    • 祖父母や親戚がいぬを飼っていて、いぬには接し慣れているから。(20代/男性/学生)
    • 掃除がラクなのがいいと思う。動物はどうしても毛が抜けるので、こまめに掃除をしなけれぱならないので。(50代/女性/専業主婦)
    • 床は滑ったり傷ついたりしない素材で、防音が完備され、散歩から帰った時などに足の洗い場があり、犬が自由に出入りできる戸口がついているなど。(40代/女性/専業主婦)
    • ペットが自由に行動することができ、ケアするための設備が整っている家。(50代/女性/専業主婦)
    • 余計なものを置かないシンプルな部屋。ごちゃごちゃしていると危ないし思い切り動けないから。(40代/女性/パートアルバイト)
    • お庭が広くて、ペットも快適に暮らせる住まいなら、よりのびのび生活できると思う。(20代/女性/学生)
    • 大型犬も中型犬も飼ったことありますが、一番良かったのはゴールデンレトリバーでした。頭も賢く、人懐っこくて癒されてました。(30代/女性/パートアルバイト)
    • なんとなく犬の方がトイレのしつけなどが簡単そうなので、犬の方が良いと思います。猫はいう事をあまり聞かなそうで嫌だ。(40代/男性/パートアルバイト)
    • 昔、犬を飼っていたことがあり、犬と遊ぶのが好きだから、いぬを選んだ。(30代/男性/自営業・個人事業主)
    • 犬が遊べるお庭を作る。お庭で自由に走れ回れるぐらいの広さで水遊びできるスペースも作る。(30代/女性/専業主婦)
    • 年おいた親がいたりする家だと癒しやボケ防止になるような気がする。散歩や面倒をすることにより。(40代/女性/無職)
    • 壁紙が破れにくい。床に傷が付きにくい。リビングから庭全体が見渡せ、庭ドッグランになる家。(40代/女性/専業主婦)
    • もともと犬が大好きだし、猫は可愛いけど、一緒に生活するのなら犬のほうがいい。従順で、一途な犬の姿が愛おしいから、(30代/女性/会社員)
    • やはりしつけはきちんと行い隣人に迷惑をかけずご近所にも可愛がられると暮らしやくなると思います。(30代/男性/会社員)
    • ペットだけのお部屋と散歩に行かなくても自由に遊べる広い庭があったら良いと思います。(30代/女性/パートアルバイト)
    • 生活環境として、家に愛犬専用のトイレと寝る場所があり、きちんとそこで行うよう家の住人全員でし躾る環境が必要。また犬は散歩好きなので、朝晩とか必ず公園等に連れていく癖をつける。メインの方が都合い場合、ほかの家の住人が連れ行く事が大切。こうして愛犬が家の住人の用となり、家庭の雰囲気向上に繋がる。(60代/男性/無職)
    • 犬の暮らしやすいような設計(バリアフリー)で散歩にもすぐに出かけられるような家。(30代/女性/学生)
    • 犬が走り回れる庭があるといいですね。また、足を洗ったりできる場所があるといいです。(40代/女性/パートアルバイト)
    • いぬは板の間ではすべるし、畳敷きやカーペットだとひっかかかるので、床をやわらかくかつすべらない素材にすると良いと思う。(50代/男性/専業主夫)
    • 家の中で飼うなら、いぬ派ですね。いぬの方が懐くので好きです。(30代/男性/会社員)
    • 動物も人間と同じくらいに家の中を行き来出来て常に一緒に居られるような家。(30代/男性/自営業・個人事業主)
    • 広くて犬が自由に走り回ることのできる家ならきっと楽しいと思います(10代/男性/学生)

    【ねこ】

    • 一緒に過ごせる部屋と個別の部屋があり、きちんと猫が疲れない工夫ができる。猫も自分も快適な温度で過ごせるような家。(20代/女性/学生)
    • ペットが暮らしやすい家。例えば、猫が、部屋と部屋を行き来しやすいよう、猫専用のドアを作ったり、キャットウォークを作ったりする。(50代/女性/無職)
    • 絶対ねこ!猫が大好きで今も猫と一緒に暮らしている。猫といると毎日癒される。(40代/女性/契約派遣社員)
    • マンションよりは戸建のほうがいいようなきがする。ひろいからね(30代/男性/自由業・フリーランス)
    • キャットタワーやトイレがリビングにおける広めの間取りで、バスルームにペットを洗いやすい広めの洗面台があるといいと思います。(40代/女性/パートアルバイト)
    • 猫はおとなしくておっとりしているから。また、鳴き声が静かだから。(20代/女性/無職)
    • 動物の行動を阻害しにくいような構造間取りの家ならいいと思います。(30代/男性/会社員)
    • ペットの体調を考えると、空調がしっかりした家がよいと思います。買い物などで家を空けるときは、施錠をして(窓を閉めて)出掛けるので、すぐに室温が上がったり下がったりしてしまいます。安心して出掛けられると、ペットに無理をさせず、暮らしやすくなると思います。(30代/女性/公務員)
    • ペット専用の部屋にネコタワーなどの遊具があると、より楽しくペットと過ごせそう。(20代/女性/専業主婦)
    • 庭があればペットとボール遊びなどができると思うので、庭のある家だとペットとしたらいいのではないのか。(20代/男性/学生)
    • 猫用の小さい出入口がある。散歩から帰宅した時用にペットの足洗場がある家。(30代/女性/自由業・フリーランス)
    • フローリングや壁に防汚加工が施されて、汚れても簡単に綺麗に出来るつくりになっている。(20代/女性/無職)
    • 木の家(笑)。もう、ネコを飼うと、壁や家具などボロボロにされるのが当然と思ってたほうがいい。なら、自然なものの方が、人にも、ネコにもやさしいと思う。(40代/男性/無職)
    • 快適な環境で、過ごしやすい家であることと、ペットも家族のように接するような家(10代/女性/学生)
    • 壁を猫がおもいきり爪とぎしても、ぼろぼろにならずわからないようなクロス。(50代/女性/無職)
    • 猫専用の部屋がある家、猫が外へ出入りできる家が望ましいと思う。(40代/女性/専業主婦)
    • 媚を売らないので、猫の方が好きなのと、散歩に連れて行かなくていいので。(50代/男性/会社員)
    • ねこのしつけが簡単で、トイレなども砂利をおいとけば勝手にしてくれるから(30代/男性/自営業・個人事業主)
    • 犬より断然猫です。あの気まぐれな性格があってこそ可愛がれるというものです。(20代/女性/自営業・個人事業主)
    • 広くて猫のトイレが別の場所に設置できる家がいいですね。臭いがなくなっていいとおもいます。(40代/女性/パートアルバイト)
    • 動物には狭い家の中だけではなく外でも開放的に過ごしてもらいたいが、家の近くに危険な場所(道路や川)がなくペットにとって安全な立地でありたい。(30代/男性/契約派遣社員)
    • 人間と動物、それぞれのスペースがきちんと確保されている家。動物が病気になった際に静かに過ごせる部屋、逆に、突然家族が動物アレルギーを発症してしまった場合等にお互いの生活を脅かさないように住み分けができる工夫・広さのある家が、ペットとの共生には必要不可欠だと思う。(20代/女性/専業主婦)
    • 一軒家で広い家が良いです。隣に気を使わないほうがいいですか、(30代/男性/その他専門職)
    • 犬については小さい頃のトラウマが抜けていないので、消去法で猫にしました。(20代/男性/会社員)
    • 庭があったり、自然に囲まれた家ならペットもリラックスできて皆で豊かな気持ちになれると思います。(30代/女性/その他専門職)
    • 匂いが気にならない、ペット可物件が増えると住みやすくなると思う。賃貸でも猫の爪研ぎをオーナーさんが許してくれるとありがたい(30代/女性/会社員)
    • 猫なら自由にできる部屋、犬は庭があれば、のびのび暮らせる姿を見ることができますので、心が癒されると思います。(40代/女性/パートアルバイト)
    • 室温が動物に適した環境で居られる家ならペットが快適だと思います。、(20代/女性/無職)
    • ぜったいネコです。毛がふわふわしてかわいいので。いっしょに寝ることもできるので(40代/男性/会社員)
    • 程よく広くてペットがくつろげるスペースがあれば良いと思います。(30代/男性/自営業・個人事業主)
    • ペットを自由に飼ってよい環境の家なら良いと思います。マンションなどは禁止されていると内緒で飼うにも心苦しいので気持ちが豊にはなれないと思う。(40代/女性/パートアルバイト)
    • まず、鳴き声や臭い等、近所に迷惑がかからないような家です。今は価値観の違いから、ペットに関してのトラブルがいろいろと問題になることが多いです。家の中に関してでは、やっぱりペット専用の部屋が欲しいです。(40代/男性/会社役員)
    • 飼いたいのがネコなので、階段などがあるとネコもいい運動になるし、人の暮らすスペースも広くとれて良さそう。(20代/女性/専業主婦)
    • ペット専用の部屋をひとつ設けると、お互い楽に暮らせると思う。そう考えると、飼い主と常に一緒にいたがる犬は難しいように感じる。(50代/女性/専業主婦)
    • ペット用の部屋があったり、ペット用の出入り口があったりすると買いやすいと思います。(30代/女性/会社員)
    • なんといっても愛情をたくさんかけてあげられるくらい飼い主に心の余裕がある家庭かな。(20代/女性/会社役員)
    • いぬはかしこまっているのですが、ねこは気ままな感じが素敵なので。(40代/女性/会社員)
    • 防音のされた部屋だったら、鳴き声などで近所に迷惑をかけるのではないか?というような悩みも改善されると思います。また、同じように動物たちを買っている人が同じ建物に住んでいて、交流できる庭や場所が完備されているとより豊かになると考えました。(20代/女性/学生)
    • 人にとってだけでなくペットにも快適な家。例えばネコを飼う場合、ネコは高い所で過ごすのが好きなので、上下移動が十分にできるようキャットタワーやキャトウォークなどを準備してやると良いと思う。(30代/女性/専業主婦)
    • 猫派なので、猫がいろんな場所と歩き回れるように広い家にしたり、家具を猫が登っても大丈夫なようにする(20代/女性/無職)
    • 家と庭が広くて、ちょっとしたアスレチックを置いて、ネコがいっぱい走り回れたり寝転がりながらほのぼの出来る所♪(20代/男性/会社員)

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket