家族の距離が近づくリノベ空間。お部屋づくりのポイントとは?

    家族の距離が近づくリノベ空間。お部屋づくりのポイントとは?

    LINEで送る
    Pocket

    「コネクティングルーム」が暮らしのキーポイントに。

    吹き抜けのあるLDK

     

    マンションには珍しく、一部吹き抜けがほどこされた開放的な空間が目を引くこちら。築14年の一般的な3LDKが、暮らしやすさにこだわった機能的なレイアウトに大きく進化を遂げています。

    引き戸でつながる個室

     

    「家族みんなでリビングにいることが多い」という仲良し3人家族ですが、それぞれにしっかりと個室を確保。その上で、3つの個室と廊下を天井までの大きな引き戸でつなげ、広々とした「コネクティングルーム」を実現しました。

    梁をはさんだ引き戸

     

    梁をはさんだ引き戸にも注目!こうした細かな造作ができるのがリノベーションの醍醐味、と言えますね。

    水周りとつなげたW.I.Cなど、機能性に富んだレイアウト。

    玄関

     

    一般的には寝室とつなげることの多いウォークインクローゼットですが、こちらでは水周り・玄関とつなげる形に。玄関で靴を脱いだら、上着やカバンをクローゼットにしまい、手を洗ってリビングへ。そんな一連の動作が目に浮かびます。

    リビング

     

    家族が集まるリビングには、さりげなく仏壇も。故人を大切にする気持ちが伝わってくるレイアウトですね。

     

    キッチンはかつてのセミクローズドから、吹き抜けを活かしたオープンキッチンに。対面カウンターをダイニングテーブルとすることで、料理中も食事中も、3人が楽しく会話を楽しめるようになりました。

    あらゆるシーンで、家族を大切にしたリノベーション。

    キッチン

    あたたかみのある素材

     

    お住まい全体については、やさしい雰囲気がただようシナ合板と白塗装の壁をバランス良く。床材にはあたたかみを感じるカバ材を採用し、シンプルかつナチュラルなイメージで統一しています。

    また、照明はすべてLED化。ダウンライトや間接照明を上手に取り入れている点も見逃せません。

    このように住まいのあらゆるシーンで、家族との時間を大切に考えられたリノベーション。暮らしやすさとともに、家族との距離が近づく、お部屋づくりの好例と言えるのではないでしょうか。

    物件データ

    間取り図(リノベーション前)

    間取り図(リノベーション後)

    • 築年数(完工時):14年
    • 面積:75?
    • 間取り:3LDK → 3LDK+ウォークインクローゼット
    • 構造:RC造
    • 場所:岐阜県岐阜市
    • 家族構成:3人+ペット1匹

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket