自宅での読書タイムは、ビーズクッションで「ぐうたら読書」が最高!

    自宅での読書タイムは、ビーズクッションで「ぐうたら読書」が最高!

    LINEで送る
    Pocket

    十人十色の読書スタイル。皆さんはどのように読書を楽しんでいますか?

    eA編集部が20代〜40代を対象に行った独自の調査では、読書をする場所として「自宅」と答えた方が全体の約70%!

    そこで今回は、「家飲み」ならぬ「家読み」を楽しむ、とっておきのアイデアを紹介します。

    「読書家よ、牛になれ」by ニーチェ?

    哲学者フリードリヒ・ニーチェは、主著のひとつである『道徳の系譜』のなかで次のように読書を語っています。

    技術としての読み方を稽古するには、何よりもまず、 今日においてこそ最も忘れられている一つの事が必要だ。そのために諸君は、ほとんど牛にならなければならない。
    (ニーチェ『道徳の系譜』、木場深定訳 ?[※一部改訂])

    哲学史のなかでも、難渋な言葉使いで知られるニーチェ。なかでもこのフレーズは筆者の頭のなかに長年謎のまま引っかかっていました。

    IMG_8067

    〈読書を稽古するために牛になる〉って一体どういうことでしょう?

     

    ea_cow3

    牛のように読む?

     

    ea_cow5

    牛のように…

     

     

    ea_cow4

    牛のように!!!!!!!

     

    謎はすべて解けた。

    ニーチェの言う「牛のように読む技術」とはつまり、

    「ビーズクッションでぐうたら本を読むこと」だったんです!!!!(※ 正しくは「反芻すること」です)

     

    ということで、ラクして読書を楽しむお部屋のワンポイントアイテム、「ビーズクッション」の魅力に迫りたいと思います!

    ?

    「人をダメにするくつろぎ感」ビーズクッションの世界

    皆さんは自宅で本を読むときにどのスポットを利用していますか?

    食卓の椅子で? リビングのソファーで? はたまた寝室で横になりながら?

    ビーズクッションをお勧めする理由に「くつろぎ感」があることはもちろんのことですが、「お宅のなかで持ち運びが可能なこと」もまたビーズクッションの魅力です。

    たとえば、ホームパーティーで沢山の来客があったときリビングに椅子が足りない!なんてことありませんか??そんなとき、ビーズクッションであればたとえ2階の寝室や子供部屋に置かれていたとしても軽々と運んでこれますし、お部屋のなかで自由に位置を変えることもできます。

    なので、晴れた日にベランダやお庭でゆっくり本を読みたい気分のときも、ビーズクッションを外に持ち出せばそこがあなたの読書空間に!ソファーではなかなかこうはいきません。

    ea_slackread

    さらには椅子やソファーと違い、和室の畳を痛めることもありません。「座布団」のかわりにビーズクッションを活用すれば、気分は殿様かお姫様です♪

    しかし、気になるのはデザインの問題。「ビーズクッションは見た目が野暮ったい」なんて思ってませんか?

    とんでもない! 最近のビーズクッションはデザインもすごいんです。そこで、お部屋の雰囲気を高めるビーズクッションを5つ紹介いたします。

    ビーズクッションの人気ブランド5選。

    ▼無印良品

    言わずと知れたビーズクッションの横綱的存在。そのくつろぎ感は、「人をダメにする」と言われるほどです。

    公式サイト:https://www.muji.net/store/cmdty/section/S10305

    ▼yogibo

    シンプルで飽きのこないデザインで、どこに座っても座り心地にムラがなく、さらには丸洗いもできちゃう人気商品!サイズやカラーのバリエーションも魅力です。

    公式サイト:http://yogibo.jp/

    ▼SOU・SOU

    京都発、座ると背中部分が立ち上がって「座椅子」になるビーズクッション。デザインも、北欧風からやわらかな和風まで多数揃えています。

    公式サイト:http://sousounetshop.jp/?mode=cate&cbid=146646&csid=8

    ▼プーフ(MUJI meets IDÉE)

    肌触りのよいニット生地と、くすみがかったカラーリングで、あたたかな雰囲気をお部屋に添えます。ウッディなお部屋に最適なリラックスアイテムです。

    公式サイト:http://www.idee-online.com/shop/features/005_puuf.aspx

    ▼fatboy

    eA編集部スタッフも愛用するオランダのブランド。置き方は自在で、一人がけにも二人がけにもなりますし、ちょっとした布団にもなります。かなり頑丈な作りになっているので中身が漏れ出す心配もありません。

    公式サイト(英語):http://www.fatboyusa.com/us/

     

    くつろぎながら、本に熱中しよう。

    お部屋のリラックススポットになり、インテリアとしての魅力もあるビーズクッション。こちらの体重をすべて受け止めてくれるので腰を痛める心配もなく、読書家にとってはこれ以上ない味方ではないでしょうか。

    こんなにくつろげるなら、ニーチェだって楽々読めちゃうはずです!

    。。

    。。。

    。。。。

    ea_cow6

    寝てしまいました。

     

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket