中古住宅のリノベーション、不安を感じるポイントといえば?

    中古住宅のリノベーション、不安を感じるポイントといえば?

    LINEで送る
    Pocket

    近年注目されている中古住宅のリノベーション。全国的に中古住宅は件数が豊富なため条件に合ったものが選びやすく、税制面での優遇措置なども相まって、近年特に流通が活発な傾向にあります。中には新築を建てられる費用であえて中古住宅を購入しリノベーションする方も少なくありません。とはいえ、中古住宅やリノベーションならではの懸念点があるのも事実。そこで今回は「中古住宅のリノベーションについて、どんな点が不安だと感じられているのか」アンケートをとってみました。

    中古住宅のリノベーションで一番不安なところは?

    【質問】
    中古住宅のリノベーションで一番不安なところは?

    【回答数】
    ●費用・コスト:18
    ●デザイン・施工の品質:4
    ●中古住宅の寿命・耐震性:63
    ●保証・アフターサービス:12
    ●その他:3

    中古住宅。一番の関心事は「寿命・耐震性」

    最も多かったのは「中古住宅の寿命・耐震性」。早速意見を見てみましょう。

    自然災害、特に地震が一番怖いですから、耐震性の強化が重要です。(30代/男性/自営業・個人事業主)

    内装や外観はきれいにおしゃれに出来ても、基礎や中の鉄骨は取り替えられないから。(30代/男性/自営業・個人事業主)

    中古住宅は耐震基準が今よりも甘いので、その辺りが不安になる要素です。(30代/男性/会社員)

    やはり気になるのは外観よりも中身。基礎や中の鉄骨など施工時にどのような工事をされたのか気になるところですね。まず中古物件を選ぶうえで、よく言われているのが「1981年6月1日以前、2000年6月1日以前に建てられた建物である」かどうかチェックするというもの。

    歴史的に見ると1981年に現行の耐震基準になったものの、それは鉄筋コンクリートについてのみの設定であり、その後の阪神大震災を経て2000年6月に木造建築も含めた法に再度改正されました。しかし、これが絶対的な判断基準とは言えないのが難しいところ。建てられた年代以上に、その後の修繕の状況のほうが重要になってくるケースも少なくありません。

    また小松幸夫教授(早大)らの発表によると木造住宅の寿命は平均して約64年、RC鉄筋コンクリート造は約68年と言われています。しっかりと手入れがされているものや修理を適切に行っているものは更に寿命は伸びるという報告も…。

    寿命や耐震性は、特に専門的な見極めが問われるポイント。しっかりと専門家に住戸診断を頼むのが最も賢明な方法と言えるかもしれません。

    気になる不安。2位はやっぱりコレ!

    2位には「費用・コスト」という回答が続きました。誰にでも予算はあるので気になるところです。早速見てみましょう。

    やっぱり費用でしょう。中古なのに費用がかさんでは意味が無いです。(30代/男性/自由業・フリーランス)

    費用がかかりすぎても嫌だし、コストの事が一番不安に思ってしまう。(20代/女性/パートアルバイト)

    値段を抑えながらリノベーションを行うことが出来れば良いと思いました。(20代/女性/契約派遣社員)

    多かったのは費用面での不透明さが心配だという声。リノベーションの場合、古い内装を取り壊してみないと分からない部分も多く、当初の見積りから追加で費用が発生してしまうようなケースを不安視する方が少なくないようでうす。

    また3位に続いたのが、「保証・アフターサービス」。想定外のことが起こった場合も迅速に対応してくれるリノベーション会社を選びたいものです。意外にも、「デザイン・施工の品質」と答えた方はわずかに4%でした。いかにおしゃれで素敵な空間を作るか以前に、安心・安全を強く求める消費者のリアルな声が垣間見える気がします。

    リノベーションで賢くお得に!中古住宅で理想の住戸を手に入れる

    いかがでしたか?中古物件の最大のメリットは立地条件の良い場所に立つ建物を新築よりもお得に手に入れることができるというところ。懸念点があるとはいえ、しっかりと見極めることができさえすれば、新築より安価に理想の住まいを手に入れることができます。自分自身で情報収集するとともに、信頼できる業者を見つけて、後悔のない住宅購入を実現したいところです。

    アンケート実施概要

    ■調査地域:全国
    ■調査対象:年齢不問・男女
    ■調査期間:2015年10月15日?2015年10月29日
    ■有効回答数:100サンプル

    すべての回答者の声

    Q:中古住宅のリノベーションで一番不安なところは?

    【費用・コスト】

    • やはり一番はお金!余裕がないとやりたい部分までできず、妥協することが多くなりそうだから。(30代/女性/専業主婦)
    • やっぱり費用でしょう。中古なのに費用がかさんでは意味が無いです。(30代/男性/自由業・フリーランス)
    • 工事を進めていく中で、劣化等により予定していなかった工事が必要になることがあるのでは?といった点。(50代/男性/会社員)
    • 見積りベースに収まるか否かです。追加が沢山出る話を聞いた事が有り、心配です。(60代/男性/無職)
    • やはりお金です。どのくらいかかるかによってだいぶ考え方がかわるので(40代/男性/会社員)
    • 思った以上に費用がかかるんですよね、これなら新築のほうが・・・(40代/女性/会社員)
    • あまり費用がかさむと、新築するのと変わらなくなってしまいますので、リノベーションの意味がなくなると思います。(40代/女性/パートアルバイト)
    • 中古住宅のリノベーションで一番不安なところは費用・コストなのでそれを選びました。(30代/男性/会社員)
    • 築年数にもよりますが水回りは使い勝手よくしたい。部屋も広くしたい。耐震仕様にもしたい。色々やりたいことを考えるとコストが掛かりそうで気になります。(40代/女性/パートアルバイト)
    • 中古住宅のリノベーションで一番不安なところは、相場がわからないんで費用面が不安なんだよね(30代/男性/会社員)
    • 新築と変わらないような高額な値段の場合もあるので、一番不安は費用面です。(40代/女性/無職)
    • どんぶり勘定の見積もりが多いので、透明性が無いから。全体から数百万値引きになるとかおかしい点が多い。(40代/男性/会社員)
    • 費用がかかりすぎても嫌だし、コストの事が一番不安に思ってしまう。(20代/女性/パートアルバイト)
    • 中古住宅のため下地の状況が分からないので、状況によってのコスト増が不安です。(50代/男性/公務員)
    • やはり、お金の面が一番気になる。そこがないと、リノベーションもできないから。(20代/女性/学生)
    • 値段を抑えながらリノベーションを行うことが出来れば良いと思いました。(20代/女性/契約派遣社員)
    • リノベーションするにあたり、コストはとても不安です。 (30代/女性/専業主婦)
    • やはり払えないものは払えないので、費用やコストが一番不安な点であり懸念材料です。(20代/女性/学生)

    【デザイン・施工の品質】

    • 少し迷うところもありますが、無難なところを選択してこれですね。(20代/男性/学生)
    • 見た目がきれいでも使いにくかったりすぐだめになることもあると思うので。(40代/女性/その他専門職)
    • とにかく施工がいい加減なのはいちばん困ります。建材を安く済ませてしまうとか、職人の腕がよくないとか。(40代/男性/会社員)
    • 業者によって質が様々で、作業後数日してから作業の欠陥等に気がつくことが多々あるためです。(20代/男性/契約派遣社員)

    【中古住宅の寿命・耐震性】

    • 今ニュースで取り上げられていますが、建物がしっかり建てられていなく、住民の方の不安があるので、建物の寿命等が不安です。(30代/女性/パートアルバイト)
    • 中古物件なので耐久性が一番心配です。値も張るものだから気になる。(30代/男性/会社員)
    • 老朽化した部分を補強などで安全な状態までもっていけるのか心配です。(30代/男性/契約派遣社員)
    • 一定の時期以前に建てられた物件は耐震性などが不十分だと聞いたことがあるから。(30代/女性/専業主婦)
    • 築年数がかなり経過していると、耐震性がものすごく不安で大丈夫かと思う(20代/女性/パートアルバイト)
    • リノベーションをして綺麗になっても骨組みとかは弱ってると思うので不安です。(20代/女性/専業主婦)
    • 安心、安全があってこその生活。すぐに住めなくなってしまっては困る。(20代/男性/無職)
    • 自然災害、特に地震が一番怖いですから、耐震性の強化が重要です。(30代/男性/自営業・個人事業主)
    • 耐震性を強化する必要が、あるなら、新築を買った方が安いかなと悩みます。(40代/女性/専業主婦)
    • 古い建物だと、耐震性がなかったりするので心配です。補強したり、大丈夫だという保証書のようなものが欲しいです。(40代/女性/会社員)
    • 耐震補強がしっかりしてあるか、基礎は古くなってボロボになっていないか、いつ、地震など起こるか分からないので一番大切だと思う。(30代/女性/専業主婦)
    • 古住宅の寿命・耐震性が一番の不安な点ですね。どうしても中古ということで古い時代の建築基準に基づいた住宅である可能性が多いからです。(40代/男性/無職)
    • 寿命や耐震性は気になりますね。日本は自然災害が多いので。自分を守らないと。(30代/男性/無職)
    • 結局いいようにリノベーションをしても、元々の家の耐久性が悪かったら意味がないから。(30代/女性/専業主婦)
    • 土台の基礎などが中古で老朽化してるので、寿命や耐震性が凄く不安です。(40代/男性/自営業・個人事業主)
    • 部屋を完璧に仕上げても、住宅としての寿命がどれ位残っているのか。(50代/男性/無職)
    • コストも気になりますが、耐震性が一番不安です。古いと地震の時が心配です。(40代/男性/専業主夫)
    • いくら見た目の外観が良くても、中身ががたがたでは意味がないと思います。(30代/女性/パートアルバイト)
    • 日本の住宅はあまり持たないから、コストケチった家ならどうしようもないから(40代/女性/無職)
    • 中古住宅の築年数にもよりますが、寿命も気になりますし、最近余震や大きな地震もありますので耐震性が不安になります(10代/女性/専業主婦)
    • 阪神大震災以前に建てられた築年数が古い建物は、見た目がきれいになっても耐震性が信頼できないと思ったから。(30代/女性/専業主婦)
    • ビフォアフター見て、柱がやられていたりする事例があったので、大丈夫かちょっと心配。(40代/女性/パートアルバイト)
    • 耐久性・耐震性が重要ですそこが大丈夫なら安心して暮らせるから(50代/男性/会社員)
    • 実際のところリノベーションを始めたら、耐久性の問題が出てきそう。ふたを空けてみないとわからないから。(30代/女性/専業主婦)
    • もともと中古だからその建物時代の寿命が一番気になる。見た目だけきれいになってもね・・・(30代/女性/専業主婦)
    • 無難なところを選択したという感じですか。少しだけ迷いますが。(20代/女性/学生)
    • せっかくリノベーションしても、長持ちしないのでは、ねえ・・・(40代/女性/会社員)
    • 表面をかえても、裏の方は傷んでいたり、耐久性がなさそうだから(20代/女性/会社員)
    • 耐震性は大丈夫か?などがやはり心配になります。せっかくリノベーションしても土台が悪いと元も子もないからです。(40代/女性/パートアルバイト)
    • いくらリノベーションしても、元の住宅の寿命があってこそだと思うので、基礎がどうなってるのか一番心配です。(40代/女性/専業主婦)
    • 中古なので、それなりな寿命も心配になるし、リーズナブルなコストで耐震性に優れた作りに出来るのか不安(30代/女性/専業主婦)
    • 内装や外観はきれいにおしゃれに出来ても、基礎や中の鉄骨は取り替えられないから。(30代/男性/自営業・個人事業主)
    • 中古の物件は新品よりも安いのはいいが、長持ちしなくては意味がない。(30代/男性/パートアルバイト)
    • いくら見た目を整えても土台が廃れてきたら、手の施しようがないし、修繕にお金がかかりそう。(40代/女性/自営業・個人事業主)
    • せっかくリノベーションしても、元々の住宅の寿命や耐震性が弱かったらあまり意味がないので。(30代/男性/会社員)
    • 見た目は新築に近くなっても、基礎部分が変わるわけではないから。(30代/女性/専業主婦)
    • いつ大震災が起こるかわからない中、耐震性に優れていないと心配になるため。(20代/女性/学生)
    • 中古住宅そのものの寿命はとても気になります。リノベーションをしても、長くもたないのではと不安になります。(40代/女性/自由業・フリーランス)
    • ベースとなる家自体がもうボロボロだと、リノベーションをしたくてもできないと思われるので。(50代/男性/専業主夫)
    • 中古住宅のリノベーションに興味はありますが、元々古い住宅をリノベーションしてどのくらいの寿命があるのか不安です。リノベーションもお金がかかるので長持ちしなくては意味がないです。(40代/女性/会社員)
    • 中古住宅の場合、建てた時期によって、寿命や耐震性が違ってくるので、大丈夫なのか不安です。(20代/女性/学生)
    • 中古の住宅は一戸建てにしても集合住宅にしても、建築年数によって、今後の建物の耐久性(寿命)や耐震性がどれくらいなのか心配がある。首都圏の直下型大地震がいつ来てもおかしくない中で、中古住宅をリノベーションするなら、安心して住めるものを選びたい。(50代/男性/自由業・フリーランス)
    • 結局のところ土台の住宅自体の耐震性がないと安心して暮らせない気がするから。(50代/男性/自由業・フリーランス)
    • ベース部分がしっかりしていないと、一から建て直しという事態になりかねないから。時間もお金もかかると思います。(20代/女性/専業主婦)
    • いくら見た目をキレイにリノベーションしても、基礎が弱っていたら建て替えなければいけないので不安です。(30代/女性/専業主婦)
    • 築年数にもよるが、基本設計が古い中古住宅は耐震性その他が古い規格で建てられている可能性があるので不安。(50代/男性/自営業・個人事業主)
    • リノベーションを詳しく知らないので、新築ではないので耐震性と建物がどのくらいもつのかが心配する部分です。(40代/女性/専業主婦)
    • 費用やコストも怖いですが、何より住める期間や災害に耐えられるかどうかの部分です。どうにもならないことですから。(20代/女性/専業主婦)
    • 費用・コストも保証・アフターサービスもけど気になるけど、地震が多いし、中古住宅ってことで耐震性が一番不安になって気になってしまう。(30代/女性/パートアルバイト)
    • リノベーションや改築の某番組を見ていたら、地区数十年でも基礎部分が腐っていたり、危険な状態だったというのがよくあり、一番大事な部分じゃないかと素人目線で思うので。(30代/女性/専業主婦)
    • リノベーションした甲斐があるかどうかは、施工した後の寿命や耐震性がどれだけ安全なものか?と言う部分です。(40代/女性/パートアルバイト)
    • やはり中古である以上、新築に比べて劣化が気になってしまうから(20代/男性/会社員)
    • もともと、古い場所に新しくつくるので、耐震性や寿命などが大丈夫か気になります。(40代/女性/パートアルバイト)
    • 耐震性がいちばん不安です。どうやって建てられたとか、素人がいくら勉強してもわからないから。(40代/女性/専業主婦)
    • 中古住宅は老朽化が進んでいるものが多いので新築以上に扱いに気を付けなければならないから。(20代/女性/パートアルバイト)
    • 中古住宅のリノベーションで一番不安なところは、中古住宅の寿命や耐震性ですね。中古住宅だとどうしても築年数が経過していたり、古い建物だったりするので、心配になります。(30代/男性/会社員)
    • 見えないところがとても不安、見えるところはきれいにしてもらえるとは思うけど。(30代/女性/会社員)
    • 中古住宅なら、ある程度の経年劣化をしているはずなので、耐久性などは心配です。(30代/女性/専業主婦)
    • 中古住宅は耐震基準が今よりも甘いので、その辺りが不安になる要素です。(30代/男性/会社員)
    • 最近、自然災害の発生率が高いので、、、長持ちしてもらわないと困ります。(20代/女性/会社員)
    • 中古住宅だと、とくに木造の家などは耐震性が弱そうだから、基礎から修復しないといけない可能性がある。(30代/女性/その他専門職)
    • 中古住宅のリノベーションで一番不安なところは、 中古住宅の寿命・耐震性です。(30代/男性/パートアルバイト)
    • 中古住宅なのでいくらリノベーションしても耐震性に優れていなければ嫌です。(30代/女性/無職)

    【保証・アフターサービス】

    • 住宅は、住み出してから何かしらの不具合が発生することはあるので、万が一の時にはどう対応するかを事前に知っておくことは大切。(40代/女性/専業主婦)
    • やはり、後から不具合やなにかが起こったりトラブルになったりすると聞いたから。(20代/女性/パートアルバイト)
    • 保証やアフターサービスが一番不安になります。リノベーション箇所以外にも経年劣化で故障が発生した際にも気軽に相談できることも前提に考えているので。(30代/男性/自営業・個人事業主)
    • 必ずしも優良で良心的な会社ばかりでは、ないと思うので保証は、しっかり確認します(30代/女性/パートアルバイト)
    • 数年後に調子の悪い所が出て来た時等に、ちゃんと対応してくれるかどうか心配です。(40代/女性/パートアルバイト)
    • 寿命や耐久性も考えてリフォームしてから、後のことがきになる、保障やサービスがしっかりしていないと嫌。(30代/女性/会社員)
    • 自宅マンションのお風呂場をリノベーションした際にシャワーに不備があり、アフターサービスの大切さを学びました。(20代/女性/パートアルバイト)
    • 保障やアフターサービスは大事なので。中古なら特にやり直しがあるかもしれないので。(30代/女性/無職)
    • 中古ということでただでさえガタが来ているかも知れないので保証・アフターサービスについては特に不安になりますね(40代/男性/自営業・個人事業主)
    • 仕上がり時にはよく手も、後々問題が出てくる可能性も否めません。アフターサービスをしっかりしているところのほうが安心です。(40代/女性/パートアルバイト)
    • 保証やアフターサービスがしっかりしているかと言うところは何気に気になりますね(30代/女性/会社員)
    • 万が一に不具合が出た時のアフターサービスが一番心配なことです(30代/男性/自営業・個人事業主)

    【その他】

    • どこの会社が施工するかです。大手ハウスメーカーであっても実際に工事するのはそこではなく下請け関係なので、その会社の技量がどれだけあるか…です。(30代/男性/会社員)
    • 施工者の技術が一番気になります。どんなにいい図面も現実のものとならなければ意味がありません。(40代/男性/会社員)
    • 基礎。土台がしっかりしていないと全てが無駄になってしまうので耐久性が大事です。(40代/女性/その他専門職)

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket