いい本棚のある家は、なんで素敵に見えるのだろう?【特集・本のある暮らし】

    いい本棚のある家は、なんで素敵に見えるのだろう?【特集・本のある暮らし】

    LINEで送る
    Pocket

    特集・本のある暮らし

     

    最近、本よんでますか?

    「書斎のある家にあこがれる」
    「DIYで本棚をつくってみたい」
    「たまには自宅で、ゆっくり読書をして過ごしたい」

    男女を問わず、理想の住まいやライフスタイルを伺うと、そんな言葉が返ってくることが少なくないような気がします。たしかに、居心地のいいカフェや、リノベーションされたおしゃれなお宅には、決まって素敵な本棚があったりしますよね。

     

    一方で、日本人の「本離れ」が指摘されるようにもなっています。文化庁が2014年に行った「国語に関する世論調査」では、「一ヶ月に一冊も本を読まない」と答えた人の割合が47.5%にものぼったそうです。

    本を読む時間、本のある空間が暮らしを豊かにしてくれることに何となく気づいていながらも、本との距離感がなかなかつかめていない、ということなのかもしれません。

     

    今回 eA[イーエ]では、「本のある暮らし」というテーマのもと、日々の生活の中での“本とのつきあい方”について、改めて考えてみることにしました。

    あなたの暮らしを少し豊かにしてくれるかもしれない、“本”という存在。これからお届けするインタビュー記事やコラムが、本とのつきあい方を見つめなおすきっかけになれば幸いです。

     


    「本のある暮らし」を考える記事

    11月25日公開

    あなたは乱読派? 熟読派? 読書スタイルのリアルを調査!

    自宅での読書タイムは、ビーズクッションで「ぐうたら読書」が最高!

    11月30日公開

    鮮やかなタッチで「暮らし」を描く、「家」にまつわる傑作マンガ10選。

    12月2日公開

    暮らしの中に本との出会いを。「架空の本屋」が切り取る人生の1ページ。

    12月3日公開

    時間を旅する小物たち。古本屋でインテリアアイテムを探そう。

    12月4日公開

    【漱石、川端、中原中也】鎌倉に、文豪たちの足跡を訪ねて。

    12月7日公開

    建築学者の住まいから覗く、「書斎」のある生活風景。

    12月9日公開

    サラリーマンしながら「本屋」をオープン!? 兼業本屋がDIYでつくる“街の本棚”とは。

    12月14日公開

    イギリス小説の隠れたテーマは「住宅」!【イギリスにみる「住まい」の近現代史・前編】

    以下、随時公開予定

    ▼ ロンドンに「借家の世代」が到来中!?【イギリスにみる「住まい」の近現代史・後編】

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket