狭い部屋を広く見せるコツはありますか?

    狭い部屋を広く見せるコツはありますか?

    LINEで送る
    Pocket

    Q. 狭い部屋を広く見せるコツはありますか?

    ▼質問者:20代女性

    私の部屋は、6畳しかありません。

    そのため、なんとかして広く見せるようにしたいのですが、なにをどのようにすれば広く見せることができますか?家具や収納等の方法を教えてください。

    また、どのような色のインテリアにすると、広く開放感のある部屋にすることができるのでしょうか?一人で考えても、広さを感じる開放感のある部屋にすることができません。自分が帰宅をしたくなるような、開放感のある部屋にしたいと思っています。


    A. インテリア全体の色調を明るい色にしましょう。

    ▼回答者:40代男性(DIYリフォームのスペシャリスト)

    部屋に開放感を与える大原則は、インテリアを明るい色にすることです。壁紙や天井、カーテンや家具まで白基調にするだけで、実際以上の広さを感じることができるようになります。

    ちょっと裏ワザとしては、入り口から正面の壁をあえて濃色系にすると、目の錯覚で奥行きがあるように見えるというのがあります。これは壁の色でなくても良いので、濃い目の色の家具やカーテンでも効果があります。

    次に効果が大きいのが、収納を一面に集めて、なおかつその幅をそろえることです。部屋のあちこちに家具が配置されていると、ゴチャゴチャした印象で、実際よりも狭く感じてしまいます。一面に集めることでスッキリとした雰囲気となり、また奥行きを感じるようにもなります。収納が集まると部屋の動線も改善されますので是非試してみていただきたいです。

    収納機能のついたベッドやソファーなど、2in1の機能を持った家具を導入するのも良いでしょう。ベッドやソファーはかなり広い面積を専有しますので、是非とも収納を兼ね備えさせたいところです。これによりタンス一つぐらいの収納を確保できます。

    ちなみに一面に集めた収納以外の家具については、極力背の低いものを選ぶのも部屋を広く見せる重要なポイントです。 自分の目線より高い家具は圧迫感を与え、必要以上に狭さを感じさせる要因となりますので気をつけましょう。

    また押し入れを机としてリノベーションするのも広さを稼ぐ有力な選択肢となります。押入れ約1畳分が部屋の空間としてつながり、今使っている机を処分することができます。さすがに押入れ全部を開けることが出来ないのであれば、半分だけ残すなんてことも可能です。無印良品などの引き出し型収納ボックスを活用すると、荷物がスッキリまとまりますのでこの機会に押し入れを整理するのもおすすめです。 机を使わない時にはカーテンなどで隠してしまえばかなりスッキリとした空間になり、さらに広さを実感できるのではないでしょうか。

    6畳といってもちょっとした工夫で広く感じさせることは十分に可能ですので、是非参考にしてみてください。

     

    ※上記は個人の見解にもとづく回答です。詳しくは各種専門家にご相談ください。

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket