リフォームで、屋根裏部屋や地下室は作れますか?

    リフォームで、屋根裏部屋や地下室は作れますか?

    LINEで送る
    Pocket

    Q. リフォームで、屋根裏部屋や地下室は作れますか?

    ▼質問者:20代男性 

    子供のころから屋根裏部屋や地下室がある家に憧れていました。いつかは夢を実現したいと思っているのですが、リノベーションで既存の家にそれらの部屋を作ることは可能なのでしょうか。天井裏や床下のスペースを利用して、後づけで人が住める空間が作れるのかどうかが知りたいです。大きさは収納庫よりは大きいくらいの、人一人が寝て、なおも隣にテーブルが置けるくらいの規模のものを想定しています。天井の高さや部屋の広さにはこだわりがありません。そういったリノベーションはできますか?


    A.既存の建物の基礎部分への影響が懸念されるため、お勧めできません。

    ▼回答者:40代女性(建築士2級)

    現在のお住まいの形態が不明ですので、一般的な木造2階建て構造と想定して、お答えさせて頂きますね。

    まず、「地下室が設置できるかどうか」というご質問に関してお答えさせて頂きますと、既存の戸建の内部に地下室を作ることはお勧めできません。ちょっとした荷物を収納するような、既製品の床下収納庫を設置することは可能ですが、居住空間として使用する大きさの空間を設置するとなると、床下の地盤面を掘り下げる必要が発生し既存の建物の基礎部分への影響が懸念されます。

    また、地盤を掘り下げて居住空間を設ける場合には、居住空間そのものの基礎設置や構造の強度確保、換気設備の設置、湿気や地下水対策等を考えますと、たとえ小さな空間といえどもその設置にかかる費用は本格的な居室としての地下室を設置するのと事実上変わらないコストがかかります。これらのことから、既存建物への地下室の設置は、基本的には無理とお考え頂いた方が無難かと思われます。お庭や離れにログハウスなどを建てる方がコスト的には安いかと思います。

    しかし、屋根裏部屋の様なスペースを確保することにつきましては、「部分的なロフト(小屋裏・屋根裏)」を設置するということであれば、設置可能かと思われます。現在のお住まいの屋根の形状にもよりますが、切り妻や寄棟などで、天井空間がロフトとして使用出来る構造であれば、屋根裏スペースが利用可能な部屋に対してのリノベーションが可能です。現在の2階部分のフラットな天井仕上げを撤去し、屋根の裏側に直に天井仕上げを行い、場合によっては隔壁などを設置します。床面については、ロフトの床部分を支える梁などを設置するなど、ロフトを設置したいお部屋の補強なども要しますが、2階の部屋の一部に屋根裏を利用した部分的なロフトが設置出来ます。但し、本格的な居室としての設置ではなく、主に収納を目的とする空間として、高さは1.4 m以下であれば、荷重計算等をきちんと行い、本体構造物への影響がない様、強度の面からも検討して設計を行えば、ご希望に添うリノベーションは可能だと思いますので、ぜひ設計者と相談してみてくださいね。 

     

    ※上記は個人の見解にもとづく回答です。詳しくは各種専門家にご相談ください。

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket