将来の赤ちゃんのことも考えた、夫婦2人のリノベーション。

    将来の赤ちゃんのことも考えた、夫婦2人のリノベーション。

    LINEで送る
    Pocket

    築43年・昭和仕様のマンションを、暮らしやすくアップグレード

    すっきりと整った、開放感のあるLDKが目に飛び込んでくる、こちらのマンション。築43年とは思えないモダンな雰囲気がそこかしこに漂います。

    間取り図

    もとは3LDK、うち3部屋が和室という昭和仕様のマンションを、1LDK+ウォークインクローゼットへ大胆チェンジ。明るさ・広さ・暮らしやすさの全てをアップグレードした素敵なお住まいです。

    ご夫婦ふたりにとっては、広めの約77平米というスペースも、将来生まれるお子さまを考えてのこと。家族が増えた際の暮らし方への配慮にも、要注目のリノベーションとなりました。

    「休日をゆっくり過ごしたい!」と最優先した広々リビング

    光がたっぷりさしこむリビング

    お仕事で多忙なため、「休日は家でゆっくり過ごしたい」という希望を第一に。リビングは南側を全面採光とし、明るく広々とした空間にあつらえました。

    あえてホワイトで統一せず、躯体のコンクリートを残したのがポイント。ライティングレールを取り付け、光の演出もできるよう工夫がほどこされています。

    あえてコンクリートの質感を残して

    扉横のワークスペースは、将来キッズルームになる予定。ライフステージの変化にもすんなりと対応できる、ゆとりに満ちた空間となっていますね。

    生活感ゼロ!「隠す収納」を意識した秀逸なレイアウト

    キッチン

    吊り戸棚が魅力的

    奥まっていたキッチンは南に移動。ワイングラスなどを収納できる吊り戸棚とブルーの飾り棚で、洒落た印象のバーカウンター風キッチンに生まれ変わりました。

    背面に設けた大容量のパントリーも、生活感を出さない工夫。ご夫婦がよりくつろぐことのできる、スッキリとした空間が実現しています。

    ウォークインクローゼット

    生活感を出さない、といえばウォークインクローゼットもその役割を大いに担う存在です。玄関や寝室、さらにリビングからもアクセス容易なレイアウトが◎ですね。

    お風呂

    ベッドルーム

    そのほか、高級感のあるタイル張りの浴室に大きなバスタブ、ベッドルームを癒しの空間にするブルーのアクセントウォール、光がたっぷりと入るワイドなエントランスなど、素敵なポイントがたくさん。 リノベーションが暮らしをグッと豊かにした、まさに好例と言えるお住まいでしょう。

    エントランス

    物件データ

    リノベ前の間取り

    リノベ後の間取り

    • 完工時築年数:築43年
    • 面積:77.22m?
    • 間取り:3LDK→1LDK+ウォークインクローゼット
    • 構造:RC造
    • 場所:愛知県名古屋市
    • 家族構成:ご夫婦

    ギャラリー

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket