作り変えるだけがリノベじゃない!? “思い出”を活かした住まいづくり。

    作り変えるだけがリノベじゃない!? “思い出”を活かした住まいづくり。

    LINEで送る
    Pocket

    思い出のつまったモノを活かしたリノベーション。

    リノベーションというと単純に「古いものを新しくする」という意味で考えられるケースが多いのですが、「古いものを上手に活かす」というのもリノベーションでできることの一つ。今回は、それが顕著にあらわれた事例のご紹介です。

    renovation-omoide-before01

    renovation-omoide-before02

    名古屋市昭和区にある築35年の中古マンション。「ただ新しいものよりも、素朴で使い込まれたモノが好き」という30代のご夫婦が考えたのは、「思い出のつまったモノを新しい住まいに活かす」ということでした。

    renovation-omoide-after01

    ダイニングテーブル、キッチンカウンター、棚板、ドアノブ、タオル掛、扉のツマミなど、もともとのお住まいで使われていた品々を再利用するという前提で内装をデザインしています。

    ?“古いモノ”と“新しいモノ”との調和をはかる、内装デザイン。 ? ??

    renovation-omoide-after02

    使い込まれたアイテムとの調和を考えると、真っ白な“新品”を感じさせる内装はNG。ポイントは、いかにして古いモノが馴染む空間をつくり上げるか。そこでフローリングにナラ材を用い、どっしりとした印象にするべく板幅を広めに設計。壁は白い塗装をベースにしつつ、アクセントとして素朴な雰囲気を醸し出すラワン合板を使いました。一部そのまま残したむき出しのコンクリートも、“新しすぎない空間”を演出しています。

    renovation-omoide-after03

    ラワン合板

    効率的な空間設計で、広々としたフリースペースを確保。 ? ? ??

    間取りに関しては、3LDKを1LDKに再構成。ムダを省いた空間づくりの結果、広々としたLDKを実現するだけでなく、エントランス脇に広めの「フリースペース」を設けることができました。

    renovation-omoide-after04

    こちらのスペースは、例えばお子様が生まれた際に子ども部屋へと部分リフォームすることも可能なつくりになっています。?

    renovation-omoide-after05

    これまでの思い出を上手に残すだけでなく、ここから新たな思い出が生まれていくことを予感させる、ご夫婦ならではの空間です。

    物件データ

    renovation-omoide-dr

    • 面積:71.28?
    • 間取り:3LDK → 1LDK
    • 構造:マンション RC造
    • 場所:名古屋市昭和区
    • 家族構成:30代ご夫婦

    ギャラリー

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket