DIYで、1つのお部屋をうまく区切って2部屋にするには?

    DIYで、1つのお部屋をうまく区切って2部屋にするには?

    LINEで送る
    Pocket

    Q.一部屋の子ども部屋をうまく二部屋にしたい

    ▼質問者:30代女性

    うちは部屋数が少ないので子どもが二人いても個室を与えることができません。

    一部屋をうまく区切って二部屋にし、プライバシーを守って個室にしたいと思うのですがどうすればいいでしょうか?

    プロのインテリアプランナーにお願いするとかなり費用がかかると思うので、自分達でホームセンターなどで材料を買ってきてやってみようと思っています費用は10万円程度までしか出せないのですが、その程度の費用でできるでしょうか?


    A.カーテンや共有の棚を活用すると上手に部屋を区切ることができます

    ▼回答者:30代女性 (インテリアコーディネーター)

    ■カーテンを活用する

    ひとつの部屋を区切ってお子様それぞれに個の空間を作ってあげたいという場合、まずおすすめしたいのがカーテンを活用する、という方法です。

    部屋の真ん中にカーテンレールを取り付けてお好みの柄のカーテンをつるすだけでOKですのでお金もかかりませんし、専門家に頼まずとも簡単に部屋を仕切ることができます。また大きな家具は一度おいてしまうと簡単に動かすことができませんが、カーテンならばお子様の意思で自由に、そして簡単に開閉することができるため、互いのプライバシーは守りつつ必要に応じて部屋を広く使う、ということも可能になります。

    お子様が大きくなってきて本格的な仕切りが欲しいという場合は、ロールカーテンを使うといいでしょう。ロールカーテンの場合、プロジェクターを使えばスクリーンとして活用することもできます

     

    ■共有の棚を活用する

    部屋を仕切るには、中心部にお子様2人で共有できる棚を設置する、という方法もおすすめです。本来は壁に沿うように設置してものを収納する「壁面収納」ですが、これを2つ購入し、背中合わせにして部屋の真ん中に設置するのです。

    そうすれば部屋に収納スペースが生まれますし、しっかりとした壁ができますので互いのプライバシーを守ることもできます。天井と床とで突っ張って固定するタイプの棚ならば簡単に倒れてしまうこともありませんので、ぜひ試してみてください。

    また最近は壁面収納と机とが一体化した棚もありますので、こういったものを利用すると収納と机とを一つにまとめ、部屋を広く使うことができます。

     

    ■上吊式開閉壁を設置する

    棚を置くと部屋がかなり狭くなってしまうという場合、上吊式の開閉壁を活用するのもおすすめです。これは天井から吊るすタイプの開閉壁で、部屋の真ん中にスライド式のドア壁をつくることができます。こちらもネット通販やホームセンター等で購入可能ですので、本格的な部屋の仕切りが欲しいという方は、ぜひ試してみてください。

     

    ※上記は個人の見解にもとづく回答です。詳しくは各種専門家にご相談ください。

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket