古い和室を子供が気に入るお部屋にしたい!手軽にできるDIYリフォームは?

    古い和室を子供が気に入るお部屋にしたい!手軽にできるDIYリフォームは?

    LINEで送る
    Pocket

    Q.古い和室を子供が気に入るお部屋にできる?

    ▼質問者:30代男性

    妻の両親の家へ同居するようになって早10年、息子も中学生になり、独立した子供部屋が欲しいと言うようになりました。

    しかし我が家は築30年を超える古い家で、和室の壁は昔ながらの砂壁。また、押入れのふすまも昔ながらの和柄です。古い砂壁は、触れるだけでポロポロ砂が落ちてきたりしますし、ふすまの和柄も、最近の若い子には「何か古臭い」と受けが悪いようです。

    砂壁を隠したり、ふすまを若者好みの部屋の雰囲気に変えられるようなお手軽なアイデアはありますか?


    A.大掛かりなリフォームは不要!安くて手軽な材料で簡単にイメージチェンジできます

    ▼回答者:20代男性(インテリアプランナー)

    やはり最近の子供にとっては、古い和室というのはどこでもあまり受けが良くないようですね。新しければまだしも、崩れかかった砂壁では余計に気分も盛り下がってしまうことでしょう。

    砂壁というのは、本格的なリフォームをするにはなかなか厄介な代物で、塗装するにも“砂壁おさえ”という下塗りが余分にひと手間かかります。

    また砂壁をはがそうと思っても相当量の廃棄物が発生してしまいますし、何よりもそのはがす手間が非常に大変で、飛び散った砂の掃除も気が重くなります。

    なんとか簡単に砂壁を見えないように隠してしまうことは出来ないかと検討する方が多いのですが、実は非常に簡単なおすすめの方法があります。カーテンなどの布を天井から下げてしまうことです。何も高級なカーテンや布は必要ありません。量販店で手に入る一番安価な無地の白い薄手のカーテン素材で十分です。

    これを必要に応じてタッカーをつかって止めて行くだけであっという間に砂壁が隠れてしまうばかりでなく、なんだかおしゃれな洋風な雰囲気になってしまうのが不思議です。場合によっては天井にも簡単につけられ、ふんわりとしかも明るい雰囲気にがらりと変化します。

    ふすまについては、おしゃれで洋風なふすま紙に張り替えて、桟の部分はマスキングテープなどで装飾すると簡単に洋風へチェンジできます。

    本当にずぼらリフォームにしてしまうならば、タッカーで壁紙を止めてしまうという大胆な方法もあります。タッカーを打った後に100円ショップの飾りテープなどで上手に隠してしまえばさほど違和感なく仕上がるものと思います。

    マスキングテープを利用するとさらに安価でしかも取り換えも簡単です。費用もかなり安く抑えることができる割に、まるで洋室に変わったかのようなイメージチェンジが可能です。おすすめのお手軽リフォーム、ぜひ試してみてくださいね。

     

    ※上記は個人の見解にもとづく回答です。詳しくは各種専門家にご相談ください。

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket