ウォークインクローゼット×ロフトで、収納力も遊びごころも倍増!?

    ウォークインクローゼット×ロフトで、収納力も遊びごころも倍増!?

    LINEで送る
    Pocket

    収納スペースを増やすアイディア事例

    同じ家に長く暮らしていると、いつのまにかモノが増え、収納場所がなくなり困った経験をお持ちの方も多いのでは?モノが増えた部屋はどうしても雑然とした印象になってしまいます。マンションのように限られた空間では収納スペースに限度があり、特にそう感じられるかもしれません。

    マイホーム購入後に後悔しないよう、ぜひチェックしていただきたいのが今回ご紹介するお部屋。「ウォークインクローゼット」と「ロフト」を掛けあわせたオリジナルの間取りにすることで、スペースを上手に活用しています。

    loft_closet_02

     

    間取りは平面ではなく“立体的”に

    “見せる収納”はオシャレですが、相応のセンスが問われ、難易度は決して低くありません。ウォークインクローゼットなら、普段目につかない場所にたくさんのモノを収納できるのでとても機能的。そもそも日本には“押入れ”の文化がありますよね。ウォークインクローゼットのように“モノを隠す収納”は、日本の住まいには特にフィットしていると言えます。

    さらにこのお部屋では、ウォークインクローゼットに+αの機能をつけています。それが“ロフト”の活用。ウォークインクローゼットの天井を少し低めに設計し、その上部をロフトとして活用できるようにしているのです。当然、ロフトのスペースも収納として活用できます。

    loft_closet_03

     

    ユニークなロフトの活用法

    そのロフトの階段、リビング・キッチン側から見るとデザイン的なアクセントにもなっています。ステップに雑貨やCDなどをディスプレイし飾り棚として使うこともできますし、階段に腰掛けて読書……といった使い方もできますね。さらに遊びごころを加え、階段脇の壁を一面の黒板塗装で仕上げています。自由に絵を描いたり、手書きでカレンダーを作ったり。季節によって変化をつけても楽しめそうです。

    loft_closet_04

     

    LDKの中心には、大きなアイランドキッチンを配置。キッチン側の収納も十分に確保されているため、モノが少なくすっきりした印象になっています。自由な発想でオリジナルのお部屋をつくることのできる、リノベーションならではの変化です。

    物件データ

    loft_closet_06

     

    • 面積:66.36?
    • 間取り:2LDK → 2LDK+ウォークインクローゼット
    • 構造:マンション RC造
    • 築年数(購入時):10年
    • 場所:埼玉県戸田市
    • 家族構成:大人2人(30代ご夫婦)+犬1匹

    ギャラリー

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket