【100人アンケート】引越しの際、「住みたい街ランキング」を気にする?

    【100人アンケート】引越しの際、「住みたい街ランキング」を気にする?

    LINEで送る
    Pocket

    「住みたい街ランキング」といえば、テレビや雑誌の定番企画。『住みたい街 ○ 年連続No.1』なんてフレーズを目にすることも珍しくありませんが、実際のところこのランキング、引越しを考えている方はどこまで参考にしているのでしょうか? 100人の方を対象に、意識調査してみました。

    【質問】
    引越しの際に、「住みたい街ランキング」を参考にしますか?

    【回答数】
    はい:32
    いいえ:68

    暮らしやすさ重視!ランキングは参考にしない派が多数

    今回のアンケートでは、実に7割近くが「ランキングは参考にしない」との回答でした。

    ランンキングに入って来る街は大体おしゃれな街で、憧れが先行しているだけだと思うので。それよりは物価の安さや買い物の便利さなど、実用的な面で決めたいです。(20代/女性/正社員)
    自分の価値観で住む場所を決めたいから。実家の近くが良いから。(20代/女性/正社員)
    住みたい街と、実際住める街は違います。実際住むところは、職場への通勤時間、家賃の相場、実家との距離など、生活することを中心に考えます。(50代/女性/パート・アルバイト)

    回答者のコメントからは、多くの方が、ランキング上位の“人気の街”に対して「住みにくいのではないか」という印象を持っていることがうかがえました。憧れよりも、“暮らしやすさ”という実益のほうが重視される傾向にあるようです。暮らしやすさの基準としては、実家の近くであることや、買い物に便利であること、通勤時間が短いことが挙げられる様子。「(人気不人気ではなく)自分の価値観で住む場所を決めたい」という、ランキングそのものに対する違和感・不信感をのぞかせる意見も見られました。

    ランキングは有益な情報源!? 意外な活用法も…

    約3割にとどまった「ランキングを参考にする派」ですが、その回答も見てみましょう。

    住む場所がどういうところか情報収集をしたいので、参考にします。(40代/男性/無職)
    住みたいエリアなど色々と情報を集めて環境に良い場所を捜したいと考えます(40代/男性/正社員)
    家賃や物価が割高になっていそうなので、ランクインしている街は避けたいからです。(30代/女性/個人事業主)

    ランキングを参考にする理由として、「エリア・街の情報を集めるため」といった意見が多く見られました。広く街の情報を集めたい場合、気になる街について深く知りたい場合にチェックするという回答がある一方で、家賃や物価が割高になりがちな人気エリアを避けるために、あえて“反面教師”的にチェックするという意見も。自分なりの視点で、ランキング情報を“上手に”活用している方が多いようです。

    それぞれの価値観に合った暮らしやすい場所を選びたい!

    今回のアンケートでは、「ランキングを参考にしない派」が多数を占める結果となりましたが、とはいえ「参考にする派」も、人気エリアに住みたいという方は決して多くはありませんでした。人気不人気に左右されず、自分の価値観にあった“暮らしやすさ”重視で住む街を選びたい、そのためにも広くエリア情報を仕入れたいというのが、多くの方に共通するマインドだと言えそうです。こうした背景を念頭に置きつつ、改めて「住みたい街ランキング」を見てみると、いつもとは違った新たな発見がありそうですね。

     

    アンケート実施概要

    ■調査地域:全国
    ■調査対象:年齢不問・男女
    ■調査期間:2017年08月17日~2017年08月31日
    ■有効回答数:100サンプル

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket