【100人に聞きました】一人暮らし初心者よ、物件探しはココにこだわれ!

    【100人に聞きました】一人暮らし初心者よ、物件探しはココにこだわれ!

    LINEで送る
    Pocket

    住まいに対するこだわりは人それぞれ。とはいえ初めての一人暮らしとなると、そもそも何にこだわるべきかすら分からないということも多いのでは? そこで今回は、20歳〜49歳の100名に「初めての一人暮らしで最もこだわるべきポイント」を聞きました。今まさに物件探しを控えている人にも、いつか一人暮らしをとお考えの方にも、ぜひ参考にしていただきたい100人アンケート、早速結果を見ていきましょう。

     

    【質問】
    初めての一人暮らしで、最もこだわるべきポイントとは?

    【回答数】
    立地:33
    家賃:22

    通勤・通学時間:19
    間取り:13
    その他:8

    築年数(築浅):5

    約3割が「立地」を選択! その理由は…

    今回のアンケートでは、初めての一人暮らしで最も気にするべきは「立地」と答えた方が最も多い結果となりました。とはいえ、全体の3割強。今回は比較的、意見が割れています。まずは「立地」派の回答をいくつかピックアップしてみましょう。

    一人暮らしであるし、安全な場所に住みたい。人通りが少ない道や治安が悪いところは家賃が安くても不安。(30代/女性/専業主婦)
    娘が大学と同時に一人暮らしを始めました。やはり女の子なので、駅からの帰り道は、人通りが適度にあり、なおかつコンビニやドラックストアなどにそのまま寄れる所を探しました。駅に近いということは、何につけても便利です。(40代/女性/専業主婦)
    初めての一人暮らしには、暮らすための準備がまず大切です。そのため、最初はスーパーや電気屋さんなど、日常生活に必要なものが近くで揃う立地であったほうが、「初めて」の方にとってはおすすめだと考えます。(40代/男性/正社員)
    車がないので快速がある駅まで歩いて10分くらいまでが理想です。(20代/女性/学生)

    「立地」にこだわる理由は、大きく2つ、「治安」と「利便性」という観点があるようです。駅からのアクセスや、スーパー等の充実度が重要という意見には、多くの人が頷けるはず。人通りや周辺環境を気にする気持ちも分かりますよね。「次に引っ越すときも同じエリアで」と考えている方も少なくないと言いますが、それもこの「立地」の条件を満たしているエリアだから、ということなのかもしれません。

    次点は「家賃」。「間取り」や「築浅」を気にする人は少数派

    続いて2番目が「家賃」を選んだ方で、全体の2割強。以降は、「通勤・通学時間」「間取り」「築年数(築浅)」という順でした。それぞれ1つずつになりますが、代表的な意見をピックアップしています。

    「家賃」派の声

    生活費における家賃の割合が大きくなると、日々の暮らしが厳しくなるため。(40代/女性/個人事業主)

    「通勤・通学時間」派の声

    学校や職場になるべく近い場所に、一人ぐらしの部屋を借りるのが大切です。初めての一人暮らしでは、まず家事や料理に大変時間がかかります。帰って寝るだけなら良いですが、それでは虚しい。きちんと生活しながらの一人暮らしとなると、疲れて帰ってきてもきちんと家事のできる時間がとれる、近くに住むべきです。(40代/女性/専業主婦)

    「間取り」派の声

    自分が気にいる部屋じゃないと、そこに長く住もうという気にもならないし、帰ってきたとき落ち着かないと思うからです。(30代/男性/正社員)

    「築年数」派の声

    古すぎると隙間風や設備などの問題が生じるため築年数にはこだわります(30代/女性/パート・アルバイト)

    家賃は、家計のなかでも最も大きな支出となるもの。一般的に収入の3割程度が限度だと言われるようですが、良い家に住みたくて背伸びをしてしまうと、のちのち痛い目をみることになるかも……。という意味でも、物件探しにおいて強く意識しておきたいポイントだと言えそうです。一方、「間取り」や「築年数」など、物件そのものにこだわる方がそれほど多くなかったというのも、今回のアンケートから読み取れる特徴の一つではないでしょうか。

    物件の良し悪し以上に、住む街・エリア選びにこだわるべき!?

    前述の通り、物件以上に「立地」を気にすべしとの声が最も多く、お住まい自体のスペックにこだわる方が少ないという今回の結果は、そのまま物件選びのポイントとして捉えることもできそうです。初めての一人暮らし、想像がふくらんでついつい素敵な物件に暮らす自分を思い描いてしまいがちですが、そこでグッと踏みとどまって身の丈を意識すること。そしてそれ以上に、「住む街・住むエリア」にこだわること。ぜひ幸せな一人暮らしのスタートを切れるよう、物件探しをする際はぜひこのポイントを意識してみてはいかがでしょうか。

     

    アンケート実施概要

    ■調査地域:全国
    ■調査対象:【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49
    ■調査期間:2017年08月17日~2017年08月31日
    ■有効回答数:100サンプル

     

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket