クリスマスのリースや装飾は既製品?それともdiy?

    クリスマスのリースや装飾は既製品?それともdiy?

    LINEで送る
    Pocket

    クリスマスシーズンになると、街を彩るクリスマスツリーや色鮮やかな装飾の数々に目を奪われます。自宅でクリスマスリースなどを飾ってみるのも一年に一度の楽しみのひとつ。最近のDIYブームもあってか、手作りツリーやリースのワークショップを見かけることもちらほら…。

    ということで今回は、リースをはじめクリスマスの“飾りつけ”についての意識調査を。お店で既製品を購入するか、それともDIYで手づくりするか、100人の方にアンケートをとってみました。

     

    【質問】
    自宅に飾るクリスマスの装飾は既製品?それともDIY?

    【回答数】
    既製品:83
    DIY:17

    可愛い飾りもある!既製品の装飾で華やかなクリスマスを過ごす

    アンケートの結果、クリスマスの飾りつけには 既製品を使う という方が全体の8割オーバー!圧倒的多数を占める結果となりました。

    ツリーを購入した時に付属されていたものを主に使います。その後毎年気に入ったものがあれば購入して追加しています。(40代/女性/専業主婦)
    毎年コンパクトに収納できて、飾りもすべてセットになっているものを選びました。(30代/女性/正社員)
    DIYでいちいち作るというのは年末という時期もあり忙しいので選択肢にないです(20代/男性/パート・アルバイト)
    自分で作るにも材料と道具が必要になり、既製品よりも材料費の方が高くなってしまうことがあるため。(30代/女性/正社員)

    クリスマスの定番といえば、やはりクリスマスツリー。購入したクリスマスツリーに付いていた飾りつけをそのまま使っているという回答が特に目立ちました。

    年末の忙しさから「手づくりする時間がない」という意見もちらほら。とはいえ、たとえ既製品であっても、自宅に飾りつけをしてクリスマスを楽しもうと毎年準備をしている方はたくさんいるようですね。

    思い出になる!クリスマス飾りのDIYもおすすめ

    DIYするという少数派の声も見てみましょう。

    クリスマスリースは必ず手作りします。10月ごろから材料を集めはじめ、11月末には完成させ、12月になったら玄関ドアに飾るのが毎年の習慣です。(60代/女性/個人事業主)
    自分好みに作ることができるので、テンションがあがるからです。休みの日にワークショップなどに参加して、作り方を教わるのも楽しいです。一度作り方を覚えてしまえば、翌年からは材料を買ってくるだけなので、既製品より安くできるのも良いと思います。(20代/女性/正社員)
    子供と一緒に何を作るか考えたり一緒に作業したりすることが楽しいから。(20代/女性/専業主婦)
    子供が小学生になってから一緒に手作りしている。毎年少しずつ増えて楽しい。(30代/女性/個人事業主)

    DIY派の場合、材料の購入など計画的に行っているという方も。作り方やコツを知っておけば、自分好みのデザインの装飾を低価格で作ることができるという点も、DIYの魅力のようです。

    そして何より、小さなお子さまのいるご家庭。子どもと一緒にクリスマスの装飾を作ることを毎年楽しみにしているという回答も目立ちました。

    自分なりのやり方でクリスマスを楽しもう

    今回のアンケート調査では、クリスマスの飾りつけは既製品を用いているという方が圧倒的に多い結果となりました。DIYがトレンドになっているとはいえ、手づくりするという方は「自分好みに」「子供と一緒に」など特別な思いを持った方に限られているようです。自分のお部屋に似合う飾りを“見つける”か“作るか”。何かと慌ただしくなりがちな年末ですが、ぜひ少し立ち止まって、素敵なクリスマスの準備をしたいものですね。

     

    アンケート実施概要

    ■調査地域:全国
    ■調査対象:年齢不問・男女
    ■調査期間:2017年10月11日~2017年10月21日
    ■有効回答数:100サンプル

    あわせて読みたい ―人気の記事―

    Recommended by
    Recommended by
    LINEで送る
    Pocket